配管材料


pricelist backnumber

22件の商品がございます。 1 2 次へ>>   価格順   新着順

流体力学入門講座 DVD教材(上巻:流体力学の基礎 下巻:流体機器の内部流れ)

価格/55,000円(税込)

この講座では、流体の性質や流れの基礎式をはじめ、流体機器内で生じるすきま部での漏れ、流れの絞り、圧力損失などについて、とくに水や油に代表される液体の内部流れに焦点を絞り、流体力学の基礎的事項を初学者向けに解説します。なお、章末には演習と例解が付いていますので、ご自身で理解力の確認をすることができます。ただし、受講に際して高校ならびに大学1学年程度の数学と物理(微分積分と力学)の知識を必要とします。

空調設備配管のフラッシング ~亜鉛めっき鋼管を用いた密閉系空調配管~

価格/2,750円(税込)

建築設備・空調配管フラッシングは現在、その実用的な文献もなく、施工者が過去の経験に基づきフラッシングを実施している状況です。空調用配管に携わる技術者にとって、目安となるフラッシングに関するマニュアルが必要です。本増刊では現状、濁度以外に判定方法がないと言われている建築設備・空調配管フラッシングについて、その難しさを踏まえ、現状の方法を紹介いたします。

プラント耐震設計入門講座 (塔槽類の耐震設計) DVD教材

価格/33,000円(税込)

本講座「プラント設備の耐震設計講座( 塔槽類の耐震設計)」では、シリーズ前作の「プラント耐震設計入門講座 導入編 I 及びⅡ」の理解を深めるために、自立式のスカート支持塔を事例として、使用性能評価から終局性能評価までをわかりやすく、具体的に説明しています。

初歩と実用のバルブ講座 DVD教材

価格/55,000円(税込)

本講座は、一般的な配管技術書の中だけでは中々理解しにくい「配管用バルブの基礎」を上巻・入門編で学ぶとともに、起こりがちな様々なトラブルの事例とその対応を行ってきた経験から、汎用バルブに関して、水・蒸気・油・空気等の汎用流体を流す配管に起こりがちな「トラブルとそのポイント・対策」を下巻・応用編で分かり易く解説します。なお、この講座の一部内容は、書籍「新・初歩と実用のバルブ講座」より解説しています。

流れの可視化

価格/2,750円(税込)

気体や液体の流れを直接見ること、実際の流れを可視化する方法、いわゆる「流れの可視化」について、流体力学分野における目的は、新しい流れの現象の発見や法則の実証をはじめとして、流体機械、輸送機器、プラント、構造物、室内などの流体力学的現象の解明や製品開発・改良研究の遂行にあります。本増刊号では「流れの可視化」を建築設備の観点から、可視化手法や企業・研究機関での事例等を紹介します。

新版 バルブ便覧

価格/11,000円(税込)

バルブの最新の技術動向について幅広くとりあげた、本分野随一の内容をもつ書籍です。プラント関係企業、配管関係企業、管材関係企業、水道関係、空調関係企業等の技術者、及び、バルブを取り扱う商社、大学、その他公的機関の皆様にぜひお勧めいたします。

プラント耐震設計入門講座(導入編Ⅱ 耐震設計の流れ)

価格/33,000円(税込)

「プラントの耐震設計入門(導入編Ⅰ 耐震設計の基本)」に続き、実際の耐震設計において、物理現象などの基本的知見からどのように展開され、構造物の耐震性能や物理モデルの設定、地震時の構造物の動き解析・計算、そうして地震安全性の評価を行うかを耐震設計の流れに沿って説明します。

空調用ドレン配管 設計・施工マニュアル

価格/2,750円(税込)

空調用ドレン配管について、トラブルの発生を防ぎつつ適正に施工するため、その設計から施工の注意点、また各種材料、関連機器機材、洗浄清掃方法等を全冊特集としました。

プラントエンジニアのための化学工学入門編 DVD教材

価格/33,000円(税込)

化学工学は多くの産業分野で有効な重要な工学の一つです。現在の日本の大学では化学工学としての独立した学科はごく少なくなっています。しかし、グローバル経済体制となった今日、“経済性評価”を科目の一つとして収めている化学工学の重要性は色あせることはありません。本教材では“物質収支”と“エネルギー収支”という概念と設計作業をより簡素化する“単位操作”という考え方も含め、分かりやすく学ぶことができます。

LNG受入基地設備入門講座

価格/33,000円(税込)

LNGの受入基地の建設から運用まで、プロジェクトを進めていく上で知っておくべきことをできるだけ分かりやすく解説します。日本は世界最大のLNG輸入国であり、1969年の根岸基地の操業開始以来、50年の実績があり、30以上のLNG受入基地を有しています。近年は新たな輸入国が増え、そこでは我が国が蓄積してきた多くの経験や知見を活用し、国内のみならずLNG事業の海外展開にも寄与することが期待されています。

配管技術者のための有限要素法入門講座 DVD教材

価格/33,000円(税込)

配管の健全性の詳細な検討に用いられる有限要素法解析ソフトは問題解決の手法として強力な手法ですが、適用限界を十分に理解せず、結果の妥当性も確認できずに配管設計する傾向にあります。また、体系的でわかりやすい解説も少なく、正しい理解には多くの努力が必要です。本講座では物理現象の基本、有限要素法の基礎である変分法、エネルギー定理をわかりやすく解説し、有限要素法の解析事例、ガイドラインを具体的に示します。

先端技術と建築設備・技術

価格/2,750円(税込)

近年IoT、AIに代表されるIT関連技術が注目され、急速に進化している。建築関連分野においても、地球温暖化対策、低炭素社会の実現、省エネルギー、省人化や省コストなどを効率的に実現するため、各種設備に新たな計測、監視、制御技術が導入されている。本増刊号では「先端技術と建築設備・技術」と題し、建築関連分野におけるIoT、AIを背景とした最新製品・最新技術を紹介する。

プラント耐震設計入門講座(導入編Ⅰ 耐震設計の基本)

価格/33,000円(税込)

本講座は動的設計と静的設計の違いを明確にしたうえで、プラントの供用期間中に発生する確率の高い地震動及び低い地震動に関する構造物の揺れの理論及び計算式の根拠をわかりやすく解説しています。プラント設備の耐震設計に関して初めての人、勉強し直そうとする人を対象として、プラントの耐震設計法の底辺に流れる物理現象, 耐震設計思想, 計算式の根拠などをできるだけ丁寧に平易なことばで説明します。

配管技術者が知っておくべき工学知識 PDF版

価格/2,750円(税込)

わが国では、あらゆる産業において、技術者の高齢化が進み、若手技術者の育成が課題となっております。プラント業界もまた、現役の配管技術者のスキル向上と若手配管技術者の早期戦力化が急務となっており、配管技術者には、配管設計、プラントレイアウトに深く関わる工学知識の習得が求められます。そこで、本増刊号では若手技術向けに工学知識と、それらが応用されたプラント機器、配管材料について解説いたします。

建築用途別配管の選び方 PDF版

価格/3,300円(税込)

建築設備に用いられる配管の歴史、材料の変遷、また仕様を解説し、続いて、空調用、給水用、給湯用、消火用、排水用、ガス用の用途別に各用途別から見た配管種別の適用・使用範囲、施工上の留意点、新築・リニューアルの際の注意点等、解説いたします。また、各管種別の特長や製造方法についても紹介しています。

22件の商品がございます。 1 2 次へ>>   価格順   新着順

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP