建築設備と配管工事 2022年6月号

建築設備と配管工事 2022年6月号
商品コード:
K2206

建築設備と配管工事 2022年6月号

販売価格/
2,300 円(税込)
通常価格/
2,300 円(税込)
■特集:建設現場における墨出し技術の動向
○原寸大図面の床面投影で現場作業の生産性を向上
/大成建設(株)/竹内圭二
建設現場でプロジェクションマッピングを利用して、設計図面等を床面へ高精度に投影した原寸大図面から墨出しを行う技術「T-iDigital MARKING」の開発を行った。本技術の導入により、床面に投影した墨出しに必要な情報を元に専門知識の有無に関わらず必要最小限の人員で正確かつ迅速に作業を行えるため、現場作業の生産性を大幅に向上させることが期待できる。

○自走式墨出しロボットシステムの開発
/(株)竹中工務店/鶴田壮広
建築生産性向上を目指して、当社では自走式の墨出しロボットシステムを開発している。システムの概要、運用フロー、本システムの実証例と得られた効果について詳述する。また実証を通じて分かってきた実プロジェクトで活用するうえでの課題について説明する。

○国内初、建設業向け墨出しロボットを商用化
/日立チャネルソリューションズ(株)/榎本俊一・横田彰志・腰塚久洋・雨森吉宣
当社が昨年11月に販売を開始した自動墨出しロボットシステム「SumiROBO」について、いくつかの運用事例をもとに、その実用性や有効性と課題を紹介するとともに、夜間稼動、複数社分の一括墨出し等による、さらなる効果的な運用の可能性を探る。

○建築設備の墨出しから躯体の維持管理までを効率化
/(株)ニコン・トリンブル/春岡裕史
当社はこれまでワンマン墨出し機やヘルメット一体型HoloLens 2、Boston Dynamics Spotと測量センサーの融合など、最先端の技術で施工BIMの実装を支援してきた。2022年には複合現実による墨出しソリューションをリリースする。現場のワークフローを革新するTrimbleのBIMソリューションを紹介する。

○MR技術を用いたインサート墨出し
/(株)インフォマティクス/黒坂文生
少子高齢化の進む中、2025年に向けデジタル技術による大幅な生産性向上の必要性が謳われている。既存工法に対し数倍の生産性向上を実現する「Mixed Reality」技術を用いたインサート墨出しについて、導入成功企業による成功のポイントや今後の技術動向を紹介する。

○建築現場向け「ワンマン位置出しシステム」の有効性
/(株)トプコン/今泉 潤
建設産業の生産性向上へ向けて当社が開発した、墨出し・位置出し作業の効率化を提供するソリューション「ワンマン位置出しシステム」について、特徴、計測器とアプリを含むシステムの構成、作業の流れ、得られる効果、今後の活用について述べる。

■最新技術情報
○再生水用ポリエチレン二層管
/(株)クボタケミックス/松下要介
水資源のひっ迫に伴い、再生水の利用拡大が求められる一方、上水道管との誤接続の防止が求められている。当社は、こうした一見異なる二つの課題へ同時に対応する製品として、再生水用ポリエチレン二層管を開発した。本稿では、開発の背景にある市場の動向、製品の特長などを述べる。

○オフィス・店舗用エアコン新製品
/パナソニック(株)/川村孝行
2022年4月に発売した、業界トップクラスの省エネ性を実現し、新「ナノイーX」を搭載により清潔性と快適性を向上させた、オフィス・店舗用エアコン『XEPHY(ゼフィー)Premium』シリーズ新製品を紹介する。

○84℃出湯を可能にした高効率業務用ガス給湯器
/(株)ノーリツ/濵上俊彦・中本達也
業務用給湯分野で高耐久・高効率・マルチ設置により柔軟な給湯ニーズへ対応ができる業務用ガス給湯器に84℃の出湯が可能となったタイプが登場。殺菌洗浄による衛生管理やCO2排出量の削減等、施設・事業者の課題解決に貢献する。

○資材供給リスク対応:DCP製浄化槽の躯体設計
/フジクリーン工業(株)/山田光之
災害発生時に仮設住宅の緊急汚水処理設備として欠かせないインフラである浄化槽を災害時においても供給できる体制を整えておくため、資材供給不足のリスク回避として主力材料であるFRP以外の材料としてDCP樹脂を選定し、DCP特性に合わせた設計を行い商品化した。

■解説
○令和2年度のフロン排出抑制法に基づく業務用冷凍空調機器からのフロン類充填量及び回収量等の集計結果について
/環境省地球環境局地球温暖化対策課フロン対策室
フロン排出抑制法に基づき、毎年、第一種フロン類充.回収業者が報告している、フロン類の充填、回収、再生した量、第一種フロン類再生業者やフロン類破壊業者に引き渡した量等について、令和2年度分の取りまとめ結果を紹介する。

○ホテル建築の設備配管における各種パイプの採用状況(その3)
/IDE研究所/井出浩司

■竣工事例
○大阪複十字病院
/(株)竹中工務店/松永知大・上田真也・横山喜宜
大阪複十字病院は感染病棟を有した病院である。省エネルギー性と快適性の両立とともに、確実な院内感染対策の安全性が求められる医療施設における感染対策や病室での気流実測の結果について述べる。

○ZOZO本社屋
/(株)竹中工務店/鈴木宏彬・齋藤謙太・小池正浩
ZOZO本社屋は、一つ屋根の下で共に働く一体感を生み出す建築を目指した。ペリメータ側の床吹出空調と天井吹出空調を組み合わせ、夏季は天井からの吹出、冬季は床染み出し空調に切り替えることで放射環境を整え、上下温度差を緩和した。

■Le petit pouce ペットと暮らす
○マイクロチップ義務化
/畑建築デザイン/畑由起子

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP