住まいとでんき 2022年4月号

住まいとでんき 2022年4月号
商品コード:
D2204

住まいとでんき 2022年4月号

販売価格/
1,550 円(税込)
通常価格/
1,550 円(税込)
■特集:電気自動車のある暮らし
○電気自動車の歴史と現在
1990年代以降の電動車両の開発と新たな役割
/次世代自動車振興センター/荻野 法一
地球温暖化問題は人類共通の喫緊の課題として、いわゆる「自動車の脱ガソリンの推進」が世界的に求められている。本稿では、地球温暖化対策として注目される電気自動車の開発の歴史と最近の動向、電気自動車に期待される新たな役割等について紹介する。

○電気自動車(EV)で変わる私たちの暮らし
/東京電力エナジーパートナー/小針 聖香・町田 吉弘
「カーボンニュートラル」の実現に向けて世界中、そして、日本でも注目されているのがEV(電気自動車)である。EVは、動力に電気モーターを使うので走行中にCO2を排出せず、さらにその電気を再生可能エネルギーで発電したもので賄えばCO2排出量は名実ともにゼロになる。「未来の車」だったEVが、どんどん「身近な存在」になっている。

○分譲マンションと電気自動車(EV)
なぜ分譲マンションにはEV充電設備の導入が進まないのか。
/三菱地所レジデンス/稲川 陽平
需要の高まる電気自動車への対応として、三菱地所レジデンスは、太陽光発電を活用した電気自動車を採用することで、環境負荷がより少ないサービス「solecoEVshare(ソレッコイーヴイシェア)」の導入を進めている。分譲マンションへの電気自動車の普及拡大に向けた現状の課題と今後の展望を紹介する。

○ZEH+V2H
エネルギーをつくる・ためる・かしこく使う暮らしのご紹介
/サンヨーホームズ/廣川 陽奈
2015年のパリ協定以降、地球温暖化対策として世界的に様々な取り組みが進められている。サンヨーホームズでは、環境にやさしく経済的な新しい住まいの在り方「ZEH+V2H」を提案しており、脱炭素社会実現への一助になることを期待している。

○EV充電の基礎知識
意外と知らない? EV充電のしくみから設備の種類など
/日東工業/池田 裕之
現在、EVが注目されているが、充電については実はあまり知られていない。本稿では、充電のしくみ、普通充電と急速充電の違い、充電設備の特性や適切な選びかたなど基本的な事項に加え、充電スピードや電費、EV充電でのエネマネなどについても解説する。

○戸建住宅の電気自動車充電設備
/パナソニック/飯銅 涼太
パナソニックでは2010年の「EV用屋外コンセント」発売を皮切りに、これまで様々な種類の電気自動車充電設備(ELSEEV)を世に送り出してきた。中でも戸建て住宅向けでは多様なニーズに対応できる豊富なラインアップを築いてきた。特に最新モデル「hekiaSMode3」は好評を得ている。本稿では、一般的なEV充電器のご選定ポイントやELSEEVシリーズそれぞれの特長や利点について紹介する。

○もしもの時に頼れる電気 スマートエルラインライト
/日東エルマテリアル/新保 克昌
スマートエルラインライトは、太陽光で発電した電気を有効活用し、電気自動車のみならず、ハイブリッド車、プラグインハイブリッドなども電源として利用することで、一般戸建て住宅においてレジリエンス強化を実現し、かつ新エネルギー普及の促進に貢献する、そんな仕組みを実現した。その概要を紹介する。

○東京電力グループの電気自動車普及に向けた取り組み
法人向け急速充電器の共同利用サービス
/東京電力ホールディングスEV推進室
東京電力グループは、電気自動車(EV)普及推進のため、車両の普及啓発と充電インフラ整備にグループ一体で取り組んでいる。法人のEV導入の際の課題解決策として、提供していく「法人向け急速充電器の共同利用サービス」について紹介する。

■トピックス
○SUUMO編集長が解説!
DXで変わる、住宅・不動産業界の新常識
/リクルート/池本 洋一
あらゆる産業でデジタルトランスフォーメーション(DX)が活況である。なかでも紙の書類や現地現物を重視した接客などアナログなプロセスが多かった住宅・不動産業界でもDXが加速しており、業界にとって今が大きな変わり目と言える。本稿では、長年にわたって住宅検討者と住宅・不動産会社の両者に向き合ってきたリクルートの視点で、住まい探しや集客・接客プロセスにおけるDXのポイントを解説する。

■プロダクトナビ
○HEMS ゲートウェイ「Atto」ならびに「Cube」が出光興産株式会社のエネルギーマネジメント実証実験に採用
/NextDrive
エネルギー管理とクラウドサービスの開発・提供に取り組むNextDriveが設計・製造・販売する、IoEプラットフォームの中核となるゲートウェイ「Atto」ならびに「Cube」が、出光興産株式会社のエネルギーマネジメントの実証実験に採用された。

○ルームエアコン「ReLaLa」2022年モデル発売
業界初! ウインドエアコンでR32冷媒を採用
/コロナ
コロナは、ルームエアコン「ReLaLa」の2022年モデルとして、フラグシップモデルの「Zシリーズ」をはじめ、暖房能力に優れた「Wシリーズ」、基本性能重視の「Nシリーズ」、エアコンは冷房しか使わない方にお勧めする「冷房専用シリーズ」、窓に取り付ける「ウインドエアコン」の6シリーズ22機種を発売する。

○エコキュートAY5シリーズ発売
「ソーラーモードアプリ」で太陽光発電の余剰電力を有効活用、レジリエンス機能を強化
/コロナ
コロナは、太陽光発電の余剰電力を沸き上げ運転に有効活用する「ソーラーモードアプリ」を新たに搭載したほか、災害時の備えとして生活用水の確保を行うレジリエンス機能を強化したエコキュート20機種を2022年6月から順次発売する。

■連載
○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
災害発生後の避難生活のこともきちんと考えておかないと!
/わらっく/室 龍二
前回の連載では防災に関する先人たちの知恵をご紹介しました。いつ、どこで災害が起きてもおかしくない日本。今回は、災害発生後の避難生活にフォーカスして検証していきたいと思います。

○社会包摂とデザイン 第16回
しあわせの測り方
/九州大学/尾方 義人
国民総幸福量という言葉はご存知でしょうか。国民総幸福量とは、第4代ブータン国王ジグミ・シンゲ・ワンチュクが提唱した概念です。GDP、GNPに対して、批判的視線から、さまざまな新しい指標の検討がされています。GNHもそれに相当します。「しあわせ」を多様性と包摂性からのアプローチする様々な取り組みを紹介します。

○IHクッキングヒーターで毎日おいしくcooking! 第17回
IHのきほん 話題の味をIHで手作り!
/Office OKUAKI/奥秋 曜子
IHのきほん。話題の味をIHで手作り!フルーツグラノーラ、ふわふわパンケーキ、から揚げの作り方を、IHポイントを交え紹介します。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考184
肉を千切る
/藤原 千秋
50年弱の人生を振り返って子供の時分を含め、対外的に「努力をした」と胸を張って言える出来事は何であったかと思案する筆者。結果を期待しないでする努力の難しさ、ほとんど恐怖に近い努力の忌避を自覚する。親として子の努力を見守ることの苦しさも。「春」を前にした小文。

○にっこり・びっくり・たっぷりアジア 第99回
新鮮!初ベトナムのノート
/静岡県立大学/内海 佐和子
研究室の片づけをしました。断捨離ブームに乗ったわけでなく、コロナ禍で時間を持て余したわけでもなく。必要に迫られて。その片付けの際にノートの束を発見。それらは調査毎に新調して持参するノートです。そこには初めてベトナムへ調査に行った、1994年の自分がいました。作者および作品の紹介

■表紙イラスト:清武 美桜(愛知県立芸術大学美術学部)
作品名:「日本の暮らし」
時代が移り変わるにつれて、身の回りの暮らしにも少しずつ変化が訪れます。しかしながら、変わらない日本の季節の循環は人々を安心させてくれるものです。その中でもとりわけ穏やかで新鮮な春を感じるモチーフを描きました。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP