住まいとでんき 2022年1月号

住まいとでんき 2022年1月号
商品コード:
D2201

住まいとでんき 2022年1月号

販売価格/
1,550 円(税込)
通常価格/
1,550 円(税込)
■特集:集合住宅におけるZEHの普及
○ZEH-M(ゼッチ・マンション)の普及状況と補助事業の概要
カーボンニュートラル社会の実現に向けた今後の展望
/環境共創イニシアチブ/宮川 昌己
政府は第6次エネルギー基本計画の中で、我が国の2050年カーボンニュートラル社会の実現に向け、建築部門においては「既築住宅・建築物についても、省エネルギー改修や省エネルギー機器導入等を進めることで、2050年に住宅・建築物のストック平均でZEH・ZEB基準の水準の省エネルギー性能が確保されていることを目指す」ことなど示した。補助事業の執行状況から見るZEH-Mの概要と、ZEH-M入居者によるアンケート集計の分析を元に、今後のZEH-M普及に向けた展望について語る。

○大京および穴吹工務店におけるZEH-M最新動向
ライオンズ茨木総持寺ステーショングランを具体的事例に挙げて
/大京/三木 優子/高橋 昂平
大京および穴吹工務店は、展開する全ての分譲マンションにおいて、「原則ZEH-M Oriented」を満たす仕様での開発を推進している。本稿では、ライオンズ茨木総持寺ステーショングランを具体的な取組み事例として、ZEH-Mに関する最新動向を紹介する。

○脱炭素社会の実現へ・CO2排出量削減の取組み
ZEH-M Ready「ザ・パークハウス新浦安マリンヴィラ」第一工区竣工
/三菱地所レジデンス/渡辺 尚子
三菱地所レジデンスはCO2排出量削減のためZEH-Mに取組み、創エネありのZEH-M Readyザ・パークハウス新浦安マリンヴィラを竣工させた。暮らし方の急速な変化により在宅時間が増え、断熱性能の向上による「快適性」が実際に住んだ時の体感をもって評価される注目物件である。

○集合住宅におけるZEH-Mの環境設計手法
躯体の高断熱化・機器の高効率化・建築設計の側面から見た
/日本大学/二瓶 士門
脱炭素社会の実現のため、集合住宅において出来ることの一つに、ZEH-Mを目指すことが挙げられる。ZEH-Mを作ることは技術的には難しくないこと、さらにはコストをかけずに平面計画や住棟配置計画による工夫も重要であることを報告する。

○オール電化の高圧一括受電マンションを実現する「三菱エコキュート群制御システム」
三菱エコキュート最新動向
/三菱電機/野澤 朋宏
サイズがコンパクトでメーターボックス内にも設置可能なエコキュートと、IoT技術を利用し、エコキュートを最適制御することで電力負荷分散が可能な「三菱エコキュート群制御システム」を活用した、オール電化の高圧一括受電マンション実現に向けた取組を紹介する。

○超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)
Brillia Tower聖蹟桜ヶ丘BLOOMING RESIDENCE
/東京建物/飯髙 聡
Brillia Tower聖蹟桜ヶ丘BLOOMING RESIDENCEは、緑豊かな多摩丘陵に程近い自然環境の中で超高層マンションである。省エネルギー化による環境負荷低減が重要と考え、平成31年、経済産業省により公募が開始された「超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」に応募し、首都圏初・唯一の事業として採択された。その概要を紹介する。

■プロダクトナビ
○NextDrive「1%のエネルギー節約」イベント開始
台湾電力と共同で環境に優しいエコライフを提案
/NextDrive
エネルギー管理とクラウドサービスの開発・提供に取り組むNextDrive(株)の台湾法人であるNext-Drive(聯齊科技)は、「全ての電力を賢く使う」というビジョンから台湾電力と連携し、地球のための「1%のエネルギー節約」無料体験イベントを共同で開催した。

■トピックス
○空気清浄機搭載家庭用ルームエアコン「Airest(エアレスト)」
24時間365日使用できるエアコンを目指して
/シャープ/水野 琢馬
新型コロナウイルスの流行によるニューノーマル生活への移行に伴い、ルームエアコンに対して空気清浄やエアコン自体の清潔性がますます求められている。本稿では、これらのニーズに応える新しいエアコンの形として開発した「Airest(エアレスト)」について詳しく紹介する。

○太陽光発電システムとEVを備えた店舗付賃貸住宅
再生可能エネルギーを最大限に自家消費
/大東建託
大東建託グループの大東建託パートナーズ株式会社は、2021年10月、大阪府松原市と奈良県大和郡山市に、同社初となる太陽光発電システムとEVを備えた店舗付賃貸住宅を完成させた。それぞれ建物1階の店舗には、同社の藤井寺営業所と奈良営業所が入居。2階以上は居住用マンションとなっている。

■事例紹介
○高い住宅性能を誇る健康・安心・省エネで快適な住まい
オール電化採用の先進の住まい
/アーバンコキタ
大阪府守口市を中心に注文住宅を手掛けお客さまからの信頼も高い(株)アーバンコキタ。経済産業省・環境省のZEHビルダー評価制度で六つ星認定を取得するなど、その先進的な取り組みには定評がある。今年創立32年を迎えさらなる進化をするアーバンコキタの住まいを紹介する。

○設計士と直接つくる世界でひとつだけの家
住まい心地を支えるオール電化
/ルポハウス
滋賀県で設計士と二人三脚で「ちょっとかっこいい家づくり」を行い、住まい手から高い評価を得ている(株)ルポハウス一級建築士事務所。お客さまを自分の大事な友人と考えてデザインから住み心地まで考え抜いた家づくりの秘訣を紹介する。

■連載
○暮らしに生きるこだわりの生活家電-昭和・技術ノート-第59回
ソフトクリーマー
/生活家電研究家/大西 正幸
1989年、家庭で比較的手軽にソフトクリームが作れる「ソフトクリーマー」を発売した。それを可能にしたのが、新たに開発された「蓄冷容器」である。「容器」は、アルミ材を2重にして、内部に特殊な蓄冷材を入れたものである。冷凍庫に12時間以上入れて、材料を撹拌すると、冷やす力でソフトクリームが出来上がる。

○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
結局勉強って何のためにするのだろう??
/わらっく/室 龍二
今回はなんと教育論! 子供たちだけではなく、大人も含めて、もっと長期にわたる生涯学習に近い内容を検証してみたいと思います。と言うのも、実は最近、小学生の息子と一緒に勉強しているのですが、30年以上経った今だから分かることがいろいろあるなと感じているからです。今、子供に寄り添う中で感じたことを率直に検証していきます。

○社会包摂とデザイン 第13回
低出生体重児
/九州大学/尾方 義人
子育ての仕組みとして日本には昔からとても良いシステムがあります。「母子手帳」です。子育てに不安や戸惑いを感じるのは当然のことですが、ひとりで抱え込むのではなく、社会で共有して行こうということが大切で、それを具体的にする仕組みが母子手帳だといえます。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考181
極楽の荷物
/藤原 千秋
片付けても片付けても続く亡父の遺品整理。数十年分の背広のほか、先日は社会人になりたての頃の筆者の思い出が父の手で仕舞われていたことに気づく。子である筆者の成長、老いを父はどう思っていたのだろう。答えのない問いを綴る小文。

■表紙イラスト「初日の出」
/杉山 理香(日本大学芸術学部美術学科)
新年の初日の出を背景に住まいと人との新たな幕開けとなるようなものをイメージしました。1月の寒い空気感と太陽の暖かい光が対比し合う様子が住まいをより引き立てるように描かれています。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP