検査技術 2021年12月号

検査技術 2021年12月号
商品コード:
P2112

検査技術 2021年12月号

販売価格/
2,200 円(税込)
通常価格/
2,200 円(税込)
■解説
○フレキシブル有機イメージセンサを用いた生体センシング
/東京大学/横田知之
我々の開発したフレキシブル有機イメージセンサの技術の概要について解説し、有機イメージセンサの基礎特性を消化するとともに、指紋や静脈の静的な生体信号の撮像と、脈波などの動的な生体信号の撮像結果を紹介する。

○テラヘルツカメラパッチ
/中央大学/河野行雄
非破壊検査の有力な手法の一つとして、テラヘルツ帯電磁波を用いたイメージング技術が注目されている。本稿では、単層カーボンナノチューブ膜を用いたフレキシブルな全方位テラヘルツ撮像シートとその検査応用について紹介する。

○「流れる無線カメラ」による下水管スクリーニング調査技術の開発
/静岡大学/石原 進/愛知工業大学/澤野弘明
無線浮流観測機、いわば「流れる無線カメラ」による省力型下水管スクリーニング調査の概要とその実現技術(下水管内無線データ転送、観測機、中継装置の開発、画像処理技術)について紹介する。

○手のひらサイズの中赤外(LWIR)パッシブ分光イメージング装置
/香川大学/石丸伊知郎
我々の独自技術の手のひらサイズの結像型2次元フーリエ分光装置は、中赤外パッシブ分光イメージングが可能であり、非侵襲血糖値センサーやドローンに搭載したガス種の広域可視化などの広範囲な展開を試みている。

○3Dスキャナーの外面腐食検査への適用
/新日本非破壊検査(株)/岩里拓弥
プラント設備に生じる外面腐食を対象とした検査技術として、3Dスキャナーの適用が期待されている。本稿では、3Dスキャナーの外面腐食検査への適用性について、実験結果を基に紹介する。

■技術トピックス
〔自動車〕
○燃焼室容積検査の自動化を実現した光コム3D計測の更なる挑戦
/(株)XTIA/中島美鈴
ノーベル賞技術「光コム」を世界で初めて産業応用に成功し、実現した高精度3D計測。本稿では、代表的な活用例である燃焼室容積検査の自動化について解説し、さらなる活用拡大によるモノづくり変革への取り組みを紹介する。

〔支援技術〕
○レーザ光による非接触洗浄装置
/(株)IHI検査計測/松坂文夫
レーザ光による非接触洗浄技術の概要、原理および特長について解説し、塗装素地調整(ケレン)作業例とチタン溶接前処理適用事例について紹介する。

■連載
○非線形超音波(高調波)法による材料・構造部材の異質部・不健全部の可視化(5)(最終回)
/(有)超音波材料診断研究所/川嶋紘一郎
水浸非線形超音波(高調波)画像化法による、接触界面(シリコンウエハー貼り付け部、圧着端子部、ガラス熱疲労き裂、水素脆化粒界割れ)および微小欠陥(ロケットエンジン燃焼ノズル漏れ部、人工欠陥)などについて紹介する。

○音波のよもやま話47
探触子からの音の送・受信(4)
/(有)アイ・エス・エル 宇田川義夫/東北大学/三原 毅
探触子に使われる振動子の共振、反共振周波数とその意味、中和による感度アップなど説明する。

■検査機器
○無線振動センサによる設備管理と予知保全への展開
/新川電機(株)/大西徹弥
回転機械の設備管理に有効なパラメータの一つである振動。本稿では、振動を使った予知保全を行う上で必要なデータと、それを満足する製品を紹介する。

○IoTを活用した高度な振動診断
/旭化成エンジニアリング(株)/吉永 岳
生産現場における生産の効率化、品質向上、安定生産に向けたIoTの活用を目的として当社が開発した無線センサネットワーク型設備診断システム(ニアライン)について、開発経緯や製品概要、適用事例を紹介する。

■製品ガイド
○赤外線応用機器

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP