検査技術 2021年11月号

検査技術 2021年11月号
商品コード:
P2111

検査技術 2021年11月号

販売価格/
2,200 円(税込)
通常価格/
2,200 円(税込)
■解説
○2台の偏光カメラを用いた高速透明気体の3次元動画像計測技術
/(国研)産業技術総合研究所/夏 鵬・李 志遠/京都工芸繊維大学/井上智好・粟辻安浩/神戸大学/的場 修
3次元画像技術であるディジタルホログラフィについて紹介する。また、2台の偏光カメラを用いた並列位相シフトディジタルホログラフィを応用し、高速に噴射される透明気体の3次元計測を行った結果も紹介する。

○ドローンを用いた非接触AE計測システムの開発
/明治大学/松尾卓摩
ドローンを用いて非接触でAEを計測するシステムを構築した。空中伝搬超音波探食子で検出したAE信号をリアルタイムでノイズ低減することで、市販の接触型AEセンサに近い感度でAE信号を検出することができた。

○非接触音響探査法による地下空洞天井部吹付コンクリート欠陥検出技術の適用例
/桐蔭横浜大学/杉本恒美・杉本和子/佐藤工業(株)/歌川紀之・黒田千歳/東京電力ホールディングス(株)/森岡宏之・森 文章/東電設計(株)/中川貴之・本田 中/(株)東設土木コンサルタント/杉崎直人・山崎隆央
音波照射加振とレーザードップラ振動計を用いた非接触音響探査法を用いて、既設の揚水発電所用の地下大空洞天井部における吹付けコンクリート表層の欠陥箇所への適用例について紹介する。

○規格化された硝酸銀溶液噴霧法と試験実施に関する留意点
/木更津工業高等専門学校/青木優介/ものつくり大学/澤本武博/(一社)日本非破壊検査工業会/森濱和正/(一財)国土技術研究センター/川俣孝治
2021年3月、(一社)日本非破壊検査協会においてNDIS3437硝酸銀溶液の噴霧による硬化コンクリートの塩化物イオン浸透深さ試験方法が制定された。本稿では、規格化の背景,規格の概要、試験方法の原理、試験結果に関する留意点を紹介する。

○革新的光ファイバセンサによるインフラ構造物の“見える化”
/鹿島建設(株)/今井道男・川端淳一・平 陽兵・永谷英基・宮嶋保幸
インフラ構造物の挙動を把握する手段として期待されていた光ファイバセンサの性能が、革新的に進展した。その概要を紹介するとともに、それによって実現されたインフラ構造物施工時の“見える化”の事例を紹介する。

○「プラント点検分野におけるドローンの安全な運用方法に関する実務マニュアル」について
/(一社)日本UAS産業振興協議会/田口直樹
プラント点検においてドローンの活用が期待されている背景について解説するとともに、国が作成した運用ガイドライン、および実務で必要とされる要点をまとめた民間の実務マニュアル、および講習について紹介する。

■技術トピックス
〔複合材〕
○複雑形状の航空機用複合材部品検査へのアダプティブフェーズドアレイ法の適用
/オリンパス(株)/笠井洋一朗
複雑形状を有する航空機の複合材部品の超音波探傷を検査するアダプティブなフェーズドアレイ法の概要について解説し、実際の実験データを紹介する。

〔AI〕
○Normalizing Flowsを用いた自己教師学習による異常音検知
/(株)日立製作所/遠藤 隆・土肥宏太
工場設備の異常診断を音響により自動診断する際の、自己教師学習による最新手法について紹介する。

〔海外業務〕
○海外における検査代行(源泉検査)サービス
/(株)IHI検査計測/庄野統夫
海外調達品の品質管理は、現地でのこまめな検査など現地での地道な活動が必要となるなど多くの困難を伴い担当者の海外渡航派遣など不自由は多い。本稿では、当社が実施している海外検査代行サービスの概要とメリットについて紹介する。

■連載
○非線形超音波(高調波)法による材料・構造部材の異質部・不健全部の可視化(4)
/(有)超音波材料診断研究所/川嶋紘一郎
水浸非線形超音波(高調波)画像化法の適用例のうち、隙間のない材料特性変動、SSUS304マクロ偏析、原子炉圧力容器鋼電子線照射模擬脆化、SUS304板部分塑性域、据え込み鍛造強加工域の画像を紹介する。

■検査機器
○ポータブル電磁超音波探傷装置VOLTAによるプラント・インフラ検査の効率化
/ポニー工業(株)/金井大樹
ポータブル電磁超音波探傷装置VOLTAを活用することにより、プラント・インフラ検査の効率化が期待できる。本稿では、ガイド波に焦点を当て、電磁超音波法が得意とするラム波、SHガイド波による探傷について紹介する。

■製品ガイド
○超音波応用機器

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP