住まいとでんき 2021年11月号

住まいとでんき 2021年11月号
商品コード:
D2111

住まいとでんき 2021年11月号

販売価格/
1,550 円(税込)
通常価格/
1,550 円(税込)
■特集:オール電化
○ZEHの普及拡大に向けて
/芝浦工業大学/秋元 孝之
建築・住宅のゼロエネルギー化は脱炭素社会を実現するための必須条件の一つである。その推進のためには、現在進んでいる建築物省エネ法における省エネ基準への適合義務化の議論も歓迎すべきことと言える。ZEHの更なる普及は重大なアクションである。ZEHの普及拡大に向けて現状と今後の展望を紹介する。

○電気温水機器(ヒートポンプ給湯機)の省エネトップランナー基準について
/日本冷凍空調工業会/山崎 吉照
家庭用のエネルギー消費量の中でも給湯は大きな割合を占めていることを踏まえ、電気温水機器(家庭用ヒートポンプ給湯機)は省エネ法に基づき、省エネルギーの取組を推進してきた。今回省エネルギー基準の見直しや新たな目標年度等の一部が改正されたので、改正内容について紹介する。

○脱炭素社会において注目のヒートポンプ式温水床暖房
〜ダイキン製床暖房のご紹介〜
/ダイキン工業/康田 成絵
ダイキン製のヒートポンプ床暖房ラインナップを紹介する。ヒートポンプは大気の熱を取り込み活用するため、少ない電気で効率的に温水をつくる。とても効率が良いのが特長だ。効率が良いことで、他の熱源と比べ、ランニングコストを抑え、CO2の排出量も抑制する。

○ふく射冷暖房「クール暖」の最新動向
クール暖の採用事例
/テスク/城田 俊男・櫻庭 高光・山下 晃平
建物の性能向上に伴い、風に頼らないふく射冷暖房は、住宅はもちろん、老健施設・幼稚園・保育園・病院等の施設系にも採用され始めている。その普及状況について建物の用途別にその事例を紹介する。

○V2Hシステム「EVパワー・ステーション」
-電気自動車(EV)を暮らしの電源に:変わる暮らしと環境への貢献-
/ニチコン
V2H(Vehicle to Home)とは電気自動車(EV)と家庭を結び、“EV充電と、EV蓄積電気エネルギーを家庭に給電する設備”の一般呼称である。V2Hと環境問題は切り離せない。変わる暮らしと環境への貢献するニチコンのV2Hシステム「EVパワー・ステーション」を紹介する。

○レンジグリルIHとびっくリングIH
三菱電機IHクッキングヒーター紹介
/三菱電機ホーム機器/山本 勝広
IHコイルを5分割することで全面、スポット、縦横の分割エリアごとの制御を可能にした大口径のびっくリングPを開発。分割エリア毎のIH加熱制御にて交互対流を起こすことにより煮込み時にかき混ぜる手間も要らず、煮くずれや焦げつき、ゆでものをする際に吹こぼれも自動で制御できる「対流煮込み加熱プラス」など各種新機能を搭載した三菱電機IHクッキングヒーターを紹介する。

○「凍ったままIHグリル」機能など独自の調理サポート機能を拡充したIHクッキングヒータービルトインタイプ「Aシリーズ」
メニューの拡充で、さらに手軽に時短調理
/パナソニック
パナソニックは、冷凍保存した食材を解凍をすることなく、そのまま調理できる「凍ったままIHグリル」機能と「焼き物アシスト」機能のメニューを拡充し、さらに手軽に時短調理が実現できるIHクッキングヒータービルトインタイプ「Aシリーズ」9機種を発売した。その概要を紹介する。

○初期費用ゼロ円「エネカリ」で太陽光発電システムおよびZEHの普及推進
〜定額利用のTPOモデルを活用した住宅ビジネス〜
/TEPCOホームテック/杉原 広央
初期費用0円で太陽光発電設備をはじめとする最新の省エネ機器が導入でき、新しいエネルギー利用サービスとしてTEPCOホームテックの「エネカリ」を活用する個人の方や住宅事業者が増えてきている。これまでの太陽光事業とは異なるTPOモデルという新しい概念の認知度が拡大しているようだ。そんな「エネカリ」の最新状況について紹介する。

○「2050年カーボンニュートラル」の実現に向けた取り組みとこれからの住まいづくりについて
/関西電力/白崎 友梨
政府のカーボンニュートラルに関する取り組み表明等を踏まえ、関西電力グループでは、「ゼロカーボンビジョン2050」を策定しました。持続可能な社会の実現に向け、ゼロカーボンエネルギーのリーディングカンパニーとして、安全確保を前提に安定供給を果たすべく、エネルギーの自給率向上に努めるとともに、地球温暖化を防止するため、発電事業をはじめとする事業活動に伴うCO2排出を2050年までに全体としてゼロとすることを目標に掲げている。

○誠実で丁寧な家づくりで住まい手の想いを実現するお客さまとの出逢いとつながりを大切に
/むぎくら
栃木県宇都宮市で45年以上前から住まい手に寄り添った住宅を手掛けてきた株式会社むぎくら。お客さまの満足度を第一に考え、いつの時代も誠実で丁寧な家づくりを行ってきた。オール電化も20年以上前から採用し、様々なニーズに応えている同社の取り組みについて紹介する。

○家族がいつまでも笑顔で安心して暮らせる家
ハイグレードな住まいを支えるオール電化
/西甲府住宅
「家族がいつまでも笑顔で安心して暮らせる家」を住まいづくりの理念とし、快適で豊かな住空間を提案してきた西甲府住宅株式会社。「分譲開発事業」「戸建注文住宅事業」「リフォーム・メンテナンス事業」の三つの事業を柱に長年山梨県で家づくり・街づくりを行ってきた。そんな同社の現在の住まいを紹介する。

○快適で健康的に、永く安心して暮らせる家
オール電化標準採用の高性能な住まい
/髙栄ハウジング
創業から35年、木造住宅の可能性を追求し、高い住宅性能を持つ住まいを手掛けている髙栄ハウジング株式会社。住まい手の安全・健康・資産・地域を守る家づくりで高い評価を得ている。オール電化も標準採用している同社の取り組みについて紹介する。

○一人ひとりに最適な賃貸住宅を目指して
「お客様目線」で選ぶオール電化
/ビルドプラス
兵庫県姫路市で「お客様目線」をモットーに、オーナー・入居者一人ひとりに最適な賃貸住宅を提案している株式会社ビルドプラス。創業当初よりオール電化を採用し、差別化した賃貸住宅を数多く手掛けている。そんなビルドプラスの取り組みついて紹介する。

■連載
○暮らしに生きるこだわりの生活家電 -昭和・技術ノート- 第57回
オーブントースター
/生活家電研究家/大西 正幸
1963年、わが国初のオーブントースターが発売された。先に発売されていたポップアップトースターに比べ、いろいろの調理ができることになじみがなく、価格が高いので売れ行きが良くなかった。1991年に、電子技術を採用した新製品(HTR-80KJ)を発売するころには、逆にポップアップ型は激減し、オーブン型が大幅に増加した。

○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
岡山市は雨も少なく、地震も少ない非常に安全なまち!それ本当??
/わらっく/室 龍二
先日、岡山市に行ってきました。コンパクトシティで有名な岡山市。今回は岡山市で私がした会話をきっかけに防災の常識を検証してみました。災害リスクが少ない(=災害が起こりにくい)ことと起こらないことはまったく違います。事前の防災対策はどんな地域にいても必要です。

○社会包摂とデザイン 第11回
多様な包摂型社会のための「翻訳」
/九州大学/尾方 義人
明治期にできた日本語を踏まえ、多様な包摂型社会のための「翻訳」について考えます。排他的・分断的なことを目にすることも多い時代ですが、翻訳は結果を示すためのものだけではなく、やり取りするプロセスが重要で、そのこと自体がわかり合うためのプロセスなのかもしれません。それが多様性のある包摂型社会につながります。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考 179
memento mori
/藤原 千秋
秋は不思議な季節である。秋分の日までは昼が長く、そこを越すと夜が長くなる。その長い夜には死について物思う時間が長くなる。頓に父を亡くし丁度一年になる筆者の子どもと暮らす日々の中、考える生と死の間隙を記した小文。

■表紙イラスト「電気に支えられて」
/水野 里香(グラフィックデザイナー)
全てを電気で賄っている住宅、それはどんな状況でも安全であり、スマートな生活の形だと思い、表現しました。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP