機械と工具 2021年10月号

機械と工具 2021年10月号
商品コード:
I2110

機械と工具 2021年10月号

販売価格/
1,650 円(税込)
通常価格/
1,650 円(税込)

■特集:新しい自動車部品とその加工技術
○自動車部品加工システムの提案
/マキノジェイ/柏原弘和
生産性を高めながら省人化または生産自動化を目的とした部品加工システムを開発している。EV用モータケースを対象とした工作機械、システム、周辺機器などの狙い、特徴などを紹介する。

○電動車駆動用モータコア製造技術の変遷
-モータ高効率化に向けてGlueFASTECの提案-
/黒田精工/福山 修
電動車の3種の神器の一つであるモータの技術的課題は損失低減、小型化、コストダウンである。本稿はモータの構成部品であるモータコアに焦点を当て、3つの課題に対する当社のモータコア製造技術の変遷を解説する。

○自動車部品のためのツーリング技術
/大昭和精機/土居正幸
自動車が、HV、HPV、FCV、EVと多様化するに伴い、部品加工におけるツーリングにも、精度・安定性、使いやすさが求められている。ここでは、繰り返し精度が安定し、作用性に優れたハイドロチャック、また外段取り、クイックチェンジによる作業時間を短縮するツーリングを紹介する。

<注目技術>
○加工制御へ向けた切削工具の損傷検知の取組み
/ヤマナカゴーキン/久保田智・中平雅人・金 秀英
冷間閉塞鍛造用金型製造のため、エンドミルによる超硬合金の直彫り加工がおこなわれている。そこにおける工具破損の検出と、その情報を基にしてマシニングセンタの制御を実現するシステム構築を目指した。

○製造業の生産性向上に向けた「製造DXソリューション」の開発と事例
/KMC/佐藤声喜・黒岩時宗
IoT、M2M、AIなどが注目されているが、中小企業における製造DXの導入は進んでいない。ここでは、課題解決に直結する安価な製造DXソリューション事例を紹介する。

■特別企画:メカトロテックジャパン2021 出展製品ガイド
○切削加工機械
○研削盤・その他加工機械
○システム、CAD/CAM・制御機器
○工具・ツーリング
○計測・工作用機器、その他関連機器

■連載
○切削加工の工具損傷とトラブルシューティング
-第2章 切りくずトラブルと工具損傷-
/難削材切削術研究所/狩野勝吉
切れ刃の正常損傷は、切削過程で不可避的に発生するが、異常な工具損傷は防止することが可能である。ここでは、工具損傷を見るとともに、切削工具の異常損傷トラブルを回避する方法を示す。

○もっと知りたい物つくり 工作機械の知られざる物語 続編「技術の本質」を訪ねて
≪II部≫加工要求に好適な機種を産み出す技術と技倆-「設計・製造技術」にみられる「技術の本質」を捉えたノウハウ及び「勘と閃き」の大切さ -5-
/東京工業大学 名誉教授/伊東 誼
モジュラー方式は工作機械と乗用車では、「正反対のアプローチ」と表現できる。その内容を具体的に解説する。

○【海外技術動向】「誰でも溶接できるように」
/Manufacturing Engineering:Contributing Editor/Ed Sinkora/翻訳:Generative Arrows/矢生晋介
溶接の自動化が進んでいる。ここでは、コボット(協働ロボット)の活用をはじめ、溶接を容易に行うための、最新の試みを紹介する。

○古典に学ぶ処世訓-菜根譚に学ぶ生き方の知恵-≪17≫
自然と一体になって生きる(1)
/飯田教育総合研究所/飯田清人
仕事で多忙な人こそ、時には自然の風情を楽しむ余裕が必要であろう。

○現場のデジタルトランスフォーメーション(DX) 工具と計測機器等を管理する方法
第6回 モノが情報を発信する-2
-工具管理はシステム管理が最適-
/セールスワン/山本圭一
「工具管理」は、製造業や設備業にとって不可欠ながら、現場や管理者の業務を圧迫する要因にもなる。さまざまな手法があり、効果的な管理システムを構築することが肝要である。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP