画像ラボ 2021年10月号

画像ラボ 2021年10月号
商品コード:
Ga2110

画像ラボ 2021年10月号

販売価格/
2,200 円(税込)
通常価格/
2,200 円(税込)
■解説
〔外観検査 画像処理〕
○多重解像度マップを持つ補集合GANを用いた正常データのみの学習による外観検査法
/パナソニック(株)/中塚 俊介/岐阜大学/加藤 邦人
深層学習を用いた自動外観検査では、良品と不良品を分類するために大量の良品と不良品サンプルが必要であるが、実際の外観検査において大量の不良品を確保することは困難である。本研究では良品のみから正常分布とその補集合分布を生成し、多重解像度的に識別する手法を提案する。

〔ロボットビジョン AR・VR〕
○映像機器と力触覚装置の連携により情報を拡張する遠隔操作システム
/(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 松永 卓也/横浜国立大学/下野 誠通/慶應義塾大学/大西 公平
人間の判断力や技能を要する作業において、マスタ・スレーブ型遠隔操作ロボットによる人間支援が期待されている。本稿では、映像機器で提示される視覚情報とバイラテラル制御で伝達される力触覚情報の連携による情報拡張により操作者を支援する遠隔操作システムについて紹介する。

〔非破壊検査 認識・検出〕
○非破壊検査のDX/東亜非破壊検査(株)
/山本 駿介・芳賀 勝己・花田 和彦/摂南大学/塚田 義典
当社では、社会の安全・安心を支える100年企業を目指し、産学連携の研究体制のもと、AIやIoTを活用した「非破壊検査のDX」を推進している。これまでに、自動検査機器の開発や顧客ニーズに即応した検査手法の研究開発等で着実な成果を得てきた。近年では、技術革新の顕著な画像認識AIを用いた非定型作業の高精度化及び効率化に注力している。本稿では、放射線透過試験(RT)と渦電流探傷試験(ET)へのAI適用の試みを中心に、当社で研究開発中の非破壊検査システムについて紹介する。

〔解析・計測 メディカル〕
○内視鏡手術トレーニングのための手術器具と臓器の術中インタラクションの画像解析
/大阪大学/西川 敦/信州大学/岩本 憲泰/大阪工業大学/河合 俊和/中央大学/鈴木 寿/立川病院 片井 均
内視鏡手術において、カウンタートラクションと呼ばれる手術器具で臓器を牽引し組織に緊張をかける手技がある。本稿では、画像合成と画像処理に基づいて手術器具で臓器を牽引する際の器具先端荷重を推定するシステムについて概説する。

〔教育 解析・計測〕
○機械学習を用いた「子どもの育ち」の可視化
/玉川大学/宮田 真宏・山田 徹志・大森 隆司
従来の機械学習では、映像から直接「子どもの育ち」を可視化することは困難であった。この問題に対して我々は、映像中の子どもの位置・向き情報に着目し、これに対して機械学習を適用し関心特性を推定することで、人手による推定結果と同様の傾向を示す結果を得た。

〔農林水産業支援 解析・計測〕
○立体フレームを用いたステレオカメラの自動的なキャリブレーションと画像認識技術を応用した魚体計測
/北海道大学/米山 和良・古田 直哉
ステレオ画像上の立体構造物に付した特徴点をOCRで自動的に認識し、ステレオマッチングすることで、立体構造物を用いたカメラキャリブレーションの自動化を図った。深層学習による画像認識技術の適用で水槽を遊泳するキンギョの魚体計測の自動化を実現した。

■特集:色味の検査・照合・判別
○見たとおり(測色的)に色を再現する画像システムとその標準化
/静岡大学/久武 雄三・鈴木 均・小澤 治・下平 美文
実物と同じ色に見える映像出力、つまり測色的に色を再現する高忠実度色再現システム、その測定正確度の計測方法、それらの標準化について述べる。このスシテムは、工場の品質検査、医療分野や電子商取引などの忠実な色再現が必要な分野での活用が期待される。

○最先端のディスプレイ技術を支える小型・高精度 色彩輝度計
/(株)ティー・イー・エム/眞喜屋 明
ディスプレイ業界では近年、有機ELを使用したディスプレイが存在感を増している。有機ELディスプレイは黒をより黒く表示され、これによりコントラスト比の高い鮮明な映像を表現できるが、そのディスプレイの開発・製造には、光や色の再現性が評価できる優れた色彩輝度計が必要不可欠だ。Admesy社のHyperionと新シリーズのPrometheusを比較してその優位性を紹介する。

○インラインでの測色に適したカラーラインスキャンカメラ
/(株)リンクス/富田 康幸
当社では、2017年10月からChromasens社の製品の取り扱いを開始した。同社が提供する製品のベースとなるのが、カラーラインセンサ「allPIXA」シリーズである。本稿では、様々な市場のニーズから新たに開発したカメラ「ChromaPIXA」が、いかにインラインでの測色に適したカメラかを紹介する。

○測色計を使ったCG用マテリアル・データの作成と色管理
/エックスライト社/福原 宏之
CGのクオリティを左右するマテリアル・データ、色を数値化する測色機を使って作成する方法、またカラーマネージメントへの応用について解説する。

■話題の製品と技術
○ローコスト高機能GigEラインスキャンカメラ
/(株)エーディーエステック/前嶋 素生
ラインスキャンカメラの特徴や代表的なアプリケーションについて紹介した後、Teledyne DALSAより新たにリリースされた高機能でコストパフォーマンスに優れたGigEラインスキャンカメラ、Linea Liteを例に、最新の機能や特徴を紹介する。

■シリーズ
○イメージングリソースガイド4
/エドモンド・オプティクス・ジャパン(株)
ユーザーのアプリケーションがマシンビジョン、ライフサイエンス、セキュリティ、或いはITSシステムにかかわらず、イメージング技術の基本を理解しておくことは、洗練されたイメージングシステムの開発や導入に欠かせない。センサーや照明技術の進歩がシステム対応力に無限の可能性を秘める一方、これらの技術のデザインや製造には物理的限界があるのも事実である。光学部品もこの例外ではなく、オプティクスがシステム性能の制限因子になることもしばしある。本連載は、読者がイメージングシステムの特定やシステム性能の最大化を行い、かつ投資コストを最小化するのをサポートする目的でデザインされている。

■製品ガイド:最新!ハイパースペクトルカメラ・マルチスペクトルカメラ
(株)アイ・アール・システム/(株)アド・サイエンス/(株)アバールデータ/(株)アプロリンク/(株)アルゴ/英弘精機(株)/ケイエルブイ(株)/デルフトハイテック(株)/(株)東京インスツルメンツ/(株)ビュープラス/フォトテクニカ(株)/(株)リンクス

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP