油空圧技術 2021年9月号

油空圧技術 2021年9月号
商品コード:
Y2109

油空圧技術 2021年9月号

販売価格/
2,200 円(税込)
通常価格/
2,200 円(税込)
■特集:安定感を追及するフルードパワー
○極微低速域高減衰ショックアブソーバの開発
/KYB(株)/安井 剛
ショックアブソーバの作動速度が極めて遅く作動油流量が微小である領域では油圧力を発生することが困難であった。本技術はこの領域で油圧力を発生させ、コントロールする技術である。これにより、自動車の良路走行時の乗心地を向上することができる。

○耐圧金属ベローズ使用の小型車両用空気ばね
/横浜国立大学/新堀武儀・佐藤恭一
金属ベローズに粘弾性リングを装着し、気密で大変位と耐圧性を兼ね備えた耐圧ベローズを開発した。耐圧ベローズを使用した機器の試作と試験結果、省エネルギで制御性の良い気密システムとその利用よる車両姿勢制御装置を開発試作したので紹介する。

■特集:油圧ポンプの基礎と実用
○〔総論〕油圧ポンプの基礎(種類と制御法)
/油研工業(株)/安田義成
動力発生源である油圧ポンプの種類と作動原理の概略について解説する。また、省エネルギーの観点から利用分野を広げている可変容量形ポンプ(特に斜板式ピストンポンプを例に)の各種制御方式についても簡単に紹介する。

○建設機械用ピストンポンプ
/KYB(株)/松浦明夫
ミニショベル用斜板式ピストンポンプにて採用されている主なポンプ制御システムの概要と、近年の省エネや操作性向上の要望に対するポンプ制御技術の高機能化への取り組みについて、当社ポンプでの実例を踏まえて一例を紹介する。

○定容量形ベーンポンプの基礎
/東京計器(株)/古賀裕武
定容量形ベーンポンプは、射出成形機・ダイカスト機械・鉄鋼設備機械・工作機械・車両機械と幅広い分野で使用されているポンプである。本稿では、定容量形ベーンポンプの構造、作動原理、容積効率低下・騒音・振動対策について紹介する。

○制御性に優れた高圧内接ギヤポンプ
/住友精密工業(株)/大西孝明
新たに開発した内接ギヤポンプであるQSポンプについて紹介する。QSポンプでは、低騒音・低脈動及び優れた耐久性に加え、小型・軽量化を実現した。また、制御性にも優れ、サーボモータ等を用いた可変速運転により省エネルギー性に優れた運用も可能とした。

○外接ギヤポンプ
/KYB(株)/杉本香織
外接ギヤポンプは最もポピュラーな油圧源として、様々な分野で使われている。本稿では、代表的なギヤポンプの基本原理・構造・特徴と、ギヤポンプの特性で重要視されている低脈動化・低騒音化の活動経緯及び手法について紹介する。

○油圧駆動システムの変遷と回転数制御ポンプ
/油研工業(株)/寺沢達士
近年社会的要求の高い省エネ化技術の視点で、油圧機器、システムにおける駆動方式の変遷を紹介するとともに、省エネ形油圧駆動システムならびに各種産業分野におけるニーズと対応する油圧技術動向などについて紹介する。

○回転数制御システムとポンプ
/東京計器(株)/榊原大祐
近年、油圧装置では省エネルギ対策が急務とされており、回転数制御システムが広く採用されている。回転数制御システムとはモータの回転数で油圧ポンプの圧力と流量を制御するシステムである。本稿では、回転数制御システムの構成と適用例を紹介する。

○斜板形アキシャルピストンポンプ
/川崎重工業(株)/中西貴之
建設機械をはじめとする用途で使用される斜板型アキシャルピストンポンプへの要求仕様は、脱炭素化や自動化等の流れを受け、より高度化している。本稿では、斜板ポンプの特長や作動原理を説明するとともに、最新の市場要求事項に対する当社の取り組みを紹介する。

■連載
○機械技術者が晩年を楽しく生きる為の中年からの準備 (第2回)
/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計

■製品ガイド
○油圧モータ

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP