光アライアンス 2021年8月号

光アライアンス 2021年8月号
商品コード:
Oa2108

光アライアンス 2021年8月号

販売価格/
2,200 円(税込)
通常価格/
2,200 円(税込)
■特集:光学薄膜技術の現状と各社の取り組み1
○光学薄膜の基本
/(株)ニコン/秋山貴之
光学薄膜が施された媒質界面での振幅反射・透過係数(フレネル係数)の導出、振幅反射・透過係数とエネルギー反射率・透過率の関係、光学多層薄膜のモデル、光学多層薄膜の特性計算手法など、光学薄膜の基本事項を紹介する。

○光学薄膜設計ソフトウェア活用の基礎
/(有)ケイワン/鬼崎康成
市販の光学薄膜ソフトウェアには、目標とする分光特性を満足させるための膜設計(最適化設計)に加え、技術者の生産性を向上させるための多くの役に立つ機能が含まれているものがある。本稿では、それらの機能の一部を紹介する。

○最近の光学薄膜材料と評価技術
/(株)ソルテック/青木智則
最近の光学薄膜はいわゆる機能膜としても応用が拡大している。しかし評価に関しては未知の部分もある。その中で硬さについてMSE法により評価を行った。

○偏光による薄膜の光学測定
/東京工芸大学/川畑州一
光学計測において、分光計測や干渉計測は良く知られているが、偏光を用いた計測は馴染みが薄く“特殊な分野”として限定的に扱われてきた。また、光学の分野においても、“偏光”そのものが“光の特異な振る舞い”として扱われてきたこともその一因かと思われる。しかし近年、薄膜や表面の計測において、偏光を用いた計測が有効な手法として注目を集めつつある。本稿では、偏光の初歩から解説し、偏光を用いた薄膜の計測手法として、偏光解析法と偏光計測干渉計について紹介する。

○分光エリプソメトリーによる光学薄膜の評価
/(有)テクノ・シナジー/田所利康
分光エリプソメトリーは、偏光由来の高感度性と分光の豊富な情報を併せ持ち、多層膜、吸収膜、光学異方性膜など複雑な試料系の膜厚・光物性測定に応用される。分光エリプソメトリーの基礎から応用を紹介する。

■特集:光を使用した医療の可能性を探る3
○近赤外光を用いたワクチン増強効果
/防衛医科大学校/君塚善文
従来のワクチン製剤には不足する効果を補うため、混合される生化学化合物による副作用が起こることがある。そこで、光のもつワクチン増強効果が注目されており、歴史や分類、現在までに解明された機序などを紹介する。

○乳がん治療における光音響イメージングの応用と将来展望
/京都大学/松本純明・戸井雅和
我々はこれまで光音響現象を応用した光音響イメージング装置の開発を行ってきた。ターゲットは人体の血管であり、定量的、定性的な解析が可能であることを示してきた。本稿では、光音響イメージング装置が血管バイオロジーの解析に応用できることを示してきた過程と、乳がんに応用していく将来展望について紹介する。

○ヒト感染性ウイルスの迅速検出技術の開発
/関西学院大学/佐藤英俊
環境中のヒト感染性細胞を迅速に検出する技術を目指し、培養細胞のラマン分光分析を応用した方法を開発している。本稿では、声なき培養ヒト細胞のわずかな変化を検出する技術について紹介する。

○歯周治療における抗菌的光線力学療法の現状
/東京医科歯科大学/竹内康雄・北中祐太郎・岩田隆紀・青木章/日本大学/平塚浩一
歯周治療における従来の機械的手法による除染に加え、光と色素を組み合わせた抗菌的光線力学療法(a-PDT)が補助療法として注目されている。本稿では、歯周治療におけるa-PDT研究の現状と課題について紹介する。

○消化管癌治療における蛍光イメージングの応用と将来展望
/国際医療福祉大学病院/吉田昌・大平寛典・鈴木裕
消化管の蛍光ガイド手術に使用されつつある蛍光として、Indocyanine green、近赤外線蛍光クリップ、protoporphyrin IX、Fluoresceinを紹介し、将来展望を紹介する。

○唾液腺管内視鏡手術におけるHo(ホルミウム)-YAGレーザーの応用
/日本医科大学/松延毅
レーザーを用いた唾石の破砕術併用は、内視鏡単独では摘出困難な唾石への適応拡大に寄与する手技である。唾液腺管内視鏡の登場により外切開から内視鏡手術の低侵襲治療の時代へとシフトしてゆくことが予想される。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP