機械と工具 2021年7月号

機械と工具 2021年7月号
商品コード:
I2107

機械と工具 2021年7月号

販売価格/
1,650 円(税込)
通常価格/
1,650 円(税込)
<巻頭インタビュー>『より、ユーザーの近くに』ANCAMachineToolJapan 代表取締役 板倉秀明氏にきく
/編集部

■特集:これからの航空機部品加工への取り組み
○航空機部品加工への参入の心得 -コロナ禍以降を見据えて-
/ティーエクス航空コンサルティング・サービス/髙山信人
コロナ禍により、大きく落ち込んだ航空機の需要は、2022年から急回復することが予想される。「航空機部品加工」への参入のチャンスが訪れようとしているが、そこで求められるルールを押さえておくことが必要である。

○航空部品業界と、あらゆる業界で活躍する門型5軸マシニングセンタ -RB-F IIシリーズ-
/新日本工機 香川慎一郎
航空機部品をはじめ、一般機械部品まで幅広く活用できる高生産性の同時5軸加工機である。

○航空機エンジン用難削材加工に対応するマシニングセンタ
/三井精機工業/湯田 朗
ファンブレード、圧縮機ケース、ブリスク、ブレードといった難削材部品を加工する各種マシニングセンタを紹介する。

○CFRPの切削加工に対応する工具の選定
/オーエスジー/滝川義寛
航空機部品を中心に採用が拡大しているCFRPの切削加工は、金属とは異なる難しさを持つ。CFRP加工用工具の選び方、使い方を具体的に解説する。

■新技術
○切削加工におけるモニタリング技術と最適化
-アーティス・モニタリングシステム-
/マーポス/倉橋康浩・腰髙智子
最適なモニタリング技術を駆使することで、切削加工に関与する様々な要因を管理することが可能となり、目的とする製品を完成することが可能となる。

■新製品
○ラウンドツール溝加工用砥石の新技術
-高能率加工用新製品「フルートマスターHP」-
/アライドマテリアル/福本浩司
ドリル、エンドミルの溝研削加工用に、高能率加工、長寿命を両立する砥石を新たに開発した。

○円筒内面検査 自動化への取り組み
-検査工程自動化の課題と「NOZOCシリーズ」の特長-
/エデックリンセイシステム/佐藤康子
円筒内面検査の自動化へのニーズが高まっている。それを実現する製品を開発した。

■展示会レポート
○INTERMOLD2021/金型展2021/金属プレス加工技術展
/編集部

■連載
○-もっと知りたい物つくり- 工作機械の知られざる物語 続編
「技術の本質」を訪ねて≪II部≫
加工要求に好適な機種を産み出す技術と技倆-「設計・製造技術」にみられる「技術の本質」を捉えたノウハウ及び「勘と閃き」の大切さ-2-
/東京工業大学 名誉教授/伊東 誼
工作機械技術は高度な学識、経験的知識に加え、「勘と閃き」を巧みに融合させている。

○【海外技術動向】「生産現場におけるサイバーセキュリティ」
/Manufacturing Engineering、Contributing Editor/Patrick Waurzyniak/翻訳:Generative Arrows 矢生晋介

○現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)工具と計測機器等を管理する方法 第3回
ICタグが変える世界2
/セールスワン/山本圭一
サイバー犯罪が拡大している。生産現場は、どうすれば資産を守ることができるのか。

○古典に学ぶ処世訓 -菜根譚に学ぶ生き方の知恵-≪14≫
出会いから多くのことを学ぶ
/飯田教育総合研究所/飯田清人
人や本との出会いが、活かせるかどうかは、本人が持つ姿勢による。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP