油空圧技術 2020年12月号

油空圧技術 2020年12月号
商品コード:
Y2012

油空圧技術 2020年12月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
■特集:ソフトアクチュエータを使用した、人に役立つフルードパワー
○細径人工筋肉を用いた血栓予防装置の開発
/東京工業大学/張 徳芯・鈴森康一
細径人工筋肉を用い、軽量化及び小型化を図り、着心地を改良した多自由度血栓予防装置を開発した。性能評価及び臨床試験を行い、装置を用いて足関節運動の全方向を達成した。装置を用いた足関節運動で膝下静脈涜量の増加で血行改善効果が確認できた。

○紐製作技術を利用したマッキベン型人工筋肉の高機能化・集積化
/岡山大学/脇元修一
マッキベン型人工筋肉はゴムチュープと繊維層のスリープで構成される代表的な空気圧ソフトアクチュエータである。本稿では、紐製作技術を用いることで実現するマッキベン型人工筋肉の高機能化と集積化について紹介する。

○変位推定機能を有する伸展型空気圧ソフトアクチュエータ
/東京大学/川嶋健嗣・宮嵜哲郎/東京医科歯科大学/阿佐美理
金属ぱねとシリコーンで構成される伸展型の直動および屈曲を実現する空気圧ソフトアクチュエータを開発した。金属ぽねを加圧によるシリコーンの膨張抑制だけでなく、収縮の際の復元力として活用、さらに発振回路に接続し、インダクタンス変化から変位を推定することに用いた。

○尖足患者用リハビリテーション機器の開発
/奈良工業高等専門学校/早川恭弘
日本国内において脳梗塞は昔から死亡率が高い難病であったが、医療技術の発展により脳梗塞による死亡率が急減している。しかし、脳梗塞により発症する後遺症には確立した治療方法は存在せず、後遺症患者は増加している。そこで、本稿では、脳梗塞による後遺症の窪縮に焦点を当て、空気圧ゴム人工筋を用いた尖足のリハビリ機器について述べる。

○指文字学習支援用空気圧式力覚提示グローブの開発
/神奈川工科大学/吉満俊拓
本研究では、「腫駆動型力覚提示グローブ」の2種を提案し、指文字動作を力覚提示グローブが力覚教示することにより、学習者が視覚情報に頼らず手指が指文字の形状に力覚教示され学習者の指文字の学習を目標とした力覚提示グローブを開発した。

○マッスルスーツの開発
/東京理科大学/小林 宏
マッスルスーツは発売以来、ほぽ毎年モデルチェンジを行い、世界的にも圧倒的な安価(136,000円)を実現した普及モデル:Everyを2019年11月から販売開始し、累計販売台数13,000台に達した。本稿では、マッスルスーツの開発経緯と構造、 Everyがマスプロダクトに至るまでを紹介する。

■提言
○油圧エンジニアへのエール
/伊藤英樹
日本の油圧技術発展への危機感から、物づくりの在り方と現状のEHA、HMI技術から将来の油圧技術発展に向けて、動力回生式無段変速EMTT等の製品化への設計概略を説明する。そして、現状の中国、韓国の実情から日本の油圧技術者へエールを送るべく心構えを述べる。

■製品と技術
○位置制御機能付電磁比例減圧弁の開発
/aAPMsystem(同)/山路憲平
油圧ショベル・メインコントロールパルプのスプールを電気的に駆動する場合を対象として、スプール位置の比例制御機能を追加した電磁比例減圧弁を開発し、メインコントロールバルブへの取り付けを容易にすると共に、高応答性の実現を図った。その開発の内容と試験結果の事例を紹介する。

○パッキンの寿命を予知して適正な交換時期を案内するシステム
/(株)バルカー/永野晃広
液圧機器に代表される油圧シリンダへの使用を例として、今般新規開発した「VALVESTA™-HE210」の製品概要、並びにシステム動作の基本構成を紹介する。

○高圧水素ガス環境下で使用可能なシール材料
/(株)バルカー/西原亮平
水素市場では-40〜85℃、大気圧⇔82MPa(急減圧)といった非常に厳しい環境下にシール材が曝される可能性があり、一般材料ではシール性能を発揮することができない。先述の環境に耐えうる新規エラストマー材料を開発したので、本稿にて評価結果や製品の特徴を紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生(第12回)
/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧フィルタ

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP