クリーンテクノロジー 2020年12月号

クリーンテクノロジー 2020年12月号
商品コード:
L2012

クリーンテクノロジー 2020年12月号

販売価格/
2,096 円(税込)
通常価格/
2,096 円(税込)
■特集:感染防止
○感染性浮遊粒子状物質の挙動と健康影響
/東海大学/松木秀明
新型コロナウイルス感染症は、現在、世界中で大流行し、死者数は全世界ですでに100万人を超えている。本稿では、感染性浮遊粒子状物質として、新型コロナウイルスを取り上げ、その挙動と健康影響について紹介する。

○医療用クリーンブース
/高砂熱学工業(株)/山岡裕一・野村和宏
本製品は新型ウイルス等から、医療関係者や患者が飛沫を介して感染するリスクを低減するためのものである。医師が安心して診断を実施する環境を提供し、また、周囲の医療従事者の感染リスクも低減する。

○気流を発生しない輻射(放射)冷暖房
/東京都市大学/坊垣和明
新型コロナウィルスは、人々の暮らしや社会に大きな影響を与えている。寒い冬に向けて、暖房や換気、そして暮らしをどのようにしていけばよいのか。本稿では、気流の発生がほとんどなく、空気感染の懸念の低い輻射(放射)暖冷房を中心に、環境調節の在り方を紹介する。

○病原性微生物を抑制する空調システム
/新日本空調(株)/高塚 威
空調機内部は結露や塵埃によって汚れやすく、微生物やニオイの発生源となる。その対策には空調機内部の抗菌化やメンテナンスによって、供給する空気質を良好な状態に保持する技術が重要となる。本稿では、当社が独自に開発を進めてきた抗菌フィン、抗菌ドレンパン、Ag-ion Master、Ag-coat Masterの原理と効果について紹介する。

■製品特集:医薬品製造関連製品と技術
○無菌医薬品、再生医療製品製造工程におけるクリーン化最新技術
/(株)エアレックス/川﨑康司
当社では、超音波を用いた過酸化水素除染システムUltra Decon®を完成させた。これにEI(Enzyme Indicator)という最先端の除染強度検査法とを組み合わせたシナジー効果から、本質的な除染の成立とその科学的検証ができるようになった。

○高薬理活性施設の封じ込め技術
/高砂熱学工業(株)/小野仁義
高薬理活性製造施設では、人体へ影響を及ぼす物質を扱うため、交叉汚染防止、暴露防止と外部環境への飛散防止のため封じ込めが行われる。本稿では、空調設備を中心とした二次封じ込め、省エネルギーおよび室圧制御システムについて紹介する。

○医薬品製造現場における静電気・異物対策
/(株)TRINC/高柳 順
静電気は目に見えず環境によっても変化するため捉えどころがなく、とりあえず対策したものの効果があるのかよくわからないという声を耳にすることがある。本稿では、適切な対策を施すことで多くの問題は解決可能であり、そのために必要な機器を紹介する。

○GMP準拠クリーンルームの新しい環境モニタリング手法
/ベックマン・コールター(株)/阿部将人
本稿では、医薬品製造者に要求されるGMPや、データーインテグリティガイダンスに採用されているALCOA原則に基づき設計された新製品MET ONE 3400+シリーズの機能と特長を踏まえ、新たなクリーンルームの環境モニタリング手法について紹介する。

○医薬品実験施設のハザード対策製品
/(株)ダルトン/井上彩慧子・菅愛実子
本稿では、高薬理活性物質等のハザード物質の取り扱いにおいて様々な課題を抱える医薬品実験施設に対して、当社のハザード対策製品と保有の関連技術について、製品選定方法と導入事例を交えて紹介する。

■解説
○再生可能エネルギーを利用したエネルギー供給システムの制御方法
/(国研)理化学研究所/藤井克司・小池佳代・津野克彦・和田智之
再生可能エネルギーによる電力供給は自然条件により変動するため、電力の同時同量性を満たすことができない。本稿では、エネルギー貯蔵を利用した、利用者の需要を満たすことが可能なエネルギー供給システムの新しい制御方法について紹介する。

○生分解性プラスチックの海水中での生分解
/(国研)産業技術総合研究所/中山敦好
本稿では、生分解性プラスチックの海水中での生分解における概況と現状、課題について紹介する。

○HACCPと微生物試験法
/国立医薬品食品衛生研究所/岡田由美子
規格基準のある食品の微生物試験は、適合性判定に公定法を用いる必要があるが、製造工程上の衛生管理では、任意の試験法を用いる。本稿では、国際的及び国内の標準試験法の作成方法、代替法の認証制度等を紹介する。

○SDGsに対応したクリーンルーム向けプレ(粗塵)フィルタの検討
/(株)ユニパック/松江昭彦
従来のプレ(粗塵)フィルターの基本機能を見直し、低圧力損失・長寿命・高効率なフィルターを開発。それにより、SDGsに対応する消費電力の削減や3R(Reduce・Reuse・Recycle)を実現。特に年間空調設備での高いポテンシャルが見込める。

○金属加工装置から発生するオイルミストの特性
/三機工業(株)/岩崎守顕
金属加工工場の加工装置から排出されているオイルミストの個数濃度、排出タイミング等の特性について超微粒子と微粒子に分けて測定、解析を行った。粒子の大部分は超微粒子が占め、前面扉からの漏洩も確認された。

○国際的にみたノロウイルスの概況と今後への期待
/(地独)大阪健康安全基盤研究所/左近直美・白井達哉/国立医薬食品衛生研究所/上間 匡
ノロウイルスは胃腸炎の主要な原因ウイルスであり、社会経済的損失は大きく、速やかな対策が講じられるべき疾患として認識されている。本稿では、ノロウイルスの分類法や感染動態、培養法など最近の話題について紹介する。

■研究所紹介
○九州工業大学高電圧電気絶縁・電磁環境研究室(大塚研究室)
/九州工業大学/大塚信也

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP