住まいとでんき 2020年12月号

住まいとでんき 2020年12月号
商品コード:
D2012

住まいとでんき 2020年12月号

販売価格/
1,518 円(税込)
通常価格/
1,518 円(税込)
■特集:健康的な住まい
○これからの健康な住まい
/近畿大学/岩前 篤
新型コロナ感染症の流行による社会と暮らしの変化に対応する、これからの住まいの計画ポイントを解説。住宅を考える際には目に見える内装や設備機械を優先しがちであるが、そのことが、長い暮らしを不適切な環境にしている原因となる。住宅を建てられるとき、そのことに留意し、日々の暮らしの中で少しでも理想に近づくような努力を払われることを願っている。

○換気をしながら冷暖房できる唯一のエアコン「うるさらX」
/ダイキン工業/康田 成絵
ダイキン工業の換気ができるエアコン「うるさらX」を紹介する。うるさらXは、給気方式の「換気機能」を搭載している。うるるとさららは1999年に発売を開始してから20年にわたり、湿度コントロール技術をはじめとする空調の四要素「温度」「しつど」「気流」「清浄度」を磨き続けてきた。

○健康で快適な空気と暮らすパナソニックルームエアコン Eolia(エオリア)
/パナソニック/福西 孝浩
パナソニックエアコンは「健康で快適な空気と暮らそう」のコンセプトに基づき、部屋の快適性に加え、空気とエアコン内部の清潔性にこだわり開発に取り組んでいる。今秋発売のXシリーズについて、当社独自機能の進化を中心とした「快適」「健康・清潔」機能について紹介する。

○プラズマクラスターエアコン最新動向
24時間365日使用できるエアコンをめざして
/シャープ/水野 琢馬
シャープ独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」の概要とそのプラズマクラスターを搭載したエアコンのこれでの取り組みや、昨年12月に発売した空気清浄機搭載の最新エアコン「Airest(エアレスト)」の開発背景と具体的な機能や特長について紹介する。

○排水トレー自動お掃除「凍結洗浄」搭載
日立ルームエアコン「白くまくん」プレミアムXシリーズ
/日立ジョンソンコントロールズ空調
日立ルームエアコン、プレミアムXシリーズは、「凍結洗浄」によるクリーン機能をさらに進化させることで、これまでお手入れが難しかった排水トレーも自動掃除が可能になった。自動で「凍結洗浄」などクリーン運転を行い、故障の有無を自己診断する「プレシーズンお手入れ」機能も新たに搭載。快適な自宅時間をすごしていただくための様々な機能も搭載している。

○快適で健康なおうち時間を実現する三菱ルームエアコン霧ヶ峰
/三菱電機/杉山 大輔/森岡 怜司
室内で過ごす時間が増える中、ユーザーの意識が特に高まっている室内空気の清潔性や快適性について、2021年度三菱ルームエアコン霧ヶ峰FZシリーズ/Zシリーズの取り組みについて紹介する。高い省エネルギー性”と“いつでも・どこでも・だれでも快適”の両立を実現するため、独自の赤外線センサ技術“ムーブアイ”をコア技術として温度、湿度、気流の最適化を図ってきた。

○新型コロナ禍における健康住宅ノススメ
サンヨーホームズの健康住宅『元気いっぱいの暮らし』
/サンヨーホームズ/船曳 仁
現在、我々は新型コロナや様々なアレルギー、高齢者のヒートショックなど空気環境や温熱環境に起因する様々な問題に直面している。そのような中でも住まいと暮らしを安全・安心に、心豊かにのびのびと営んでいただきたい、そんな思いから開発されたサンヨーホームズの健康住宅『元気いっぱいの暮らし』を紹介する。

○子どもの成長に寄り添う“LONGLIFE”な住まい
/旭化成ホームズ
子どもの誕生から自立までの長い時間に対応できる住まいが求められている。そこで、“物”や“行為の集まる「居場所」が子どもの成長とともに変化することに注目し、住まいに「BLANK(余白)空間」を提案し、長く、のびのびと暮らせるLONGLIFEな住まいを目指した。

○人生100年時代・生涯現役時代を謳歌
「森が家」をコンセプトにした都市ストレスを軽減する家
―生涯現役を支える鍵は、「五感のゆらぎ」と「人とのつながり」―
/大和ハウス工業
生活者のセグメントの変化を見据え、新しい住まいを提案し続けている中、人生100年時代が訪れる今、長く生きるだけでは、本来の幸せな暮らしをすることは困難であり、それは、家作りの上でも、大きな課題である。大和ハウス工業の都市ストレスに対処する「森が家」をコンセプトにした“都市ストレスを軽減する家”を紹介する。

○快適な暮らしを支える「快適エアリー」
/積水化学工業 住宅カンパニー
「快適エアリー」は冷暖房・除湿ユニットと高性能換気システムを組み込んだ、セキスイハイムが独自に開発した全室空調システムである。温度差が少ない快適な温熱環境および全熱交換換気扇・高性能3層フィルターにて、安定した空気環境を実現する。

■連載
○暮らしに生きるこだわりの生活家電-昭和・技術ノート-第46回
食器乾燥機
/生活家電研究家/大西 正幸
家庭電化商品が次々と開発された1970(昭和45)年、家庭用「食器乾燥機」が発売された。プラスチックのカゴに、ヒーターを取り付け、全体に蓋をかぶせた構造である。食器を布巾で拭く手間が要らず、早く乾燥するので便利と好評であった。1985(昭和60)年には全国需要約70万台、1990(平成2)年には、100万台に近づいた。

○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
なんか変えようと思った時に重要なこと!(第1回)
/わらっく/室 龍二
まだまだ続くコロナ禍。大変な毎日が続きますが、在宅時間が増えたおかげで、家のことに改めて興味を持った方が多いはず。ちょっとした小物購入から模様替え、大規模リフォーム、新築まで、なんか変えたいなと思っている方にあらかじめぜひ知っておいてもらいたいポイントを紹介します。

○社会包摂とデザイン第1回
社会包摂とは
/九州大学/尾方 義人
新型コロナウイルによって、私達の生活は大きく変容しました。もとに戻ることのないまま進んでいくこともあるでしょう。お金を稼ぐためのデザインだけでなく幸せになるためのデザインの考え方の一つとして、社会包摂を考えていきたい思います。

○IHクッキングヒーターで毎日おいしくcooking!第12回
IHのきほん 忙しい年末もIHでらく楽!
/Office OKUAKI/奥秋 曜子
忙しい年末もIHでらく楽!クッキング。ホットケーキミックスとヨーグルトでおしゃれな一品に!「ケークサレ」。「ブロッコリーのポタージュ」おなじみの餃子の皮で簡単!かわいい!「ラビオリ風揚げ餃子」のレシピを紹介。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考168
夏の病い
/藤原 千秋
コロナ休校明け、追い立てられる学校生活に疲れ切った中学生の娘は体調を崩しがちとなり不登校気味となった。自身の中学時代、そのとき父にかけられた言葉を励みにしてきた過去を思い、娘に寄り添う、小文。

○にっこり・びっくり・たっぷりアジア 第91回
ベトナム麺の本流・ブン
/室蘭工業大学/内海 佐和子
フォーはベトナムの麺料理として日本でも知名度が上がりました。では、ブンは? ブンの知名度はまったくですが、ベトナムで食べる頻度が高いのは、フォーよりもブン。汎用性が高く、一般的。形状は麺だけど、ご飯のような扱い。そんなブンを使った代表的な料理を紹介します。

■表紙イラスト「Surprise!」:愛知県立芸術大学/高野 悠夏
2月といったら、やはりクリスマスが自分には最初に頭に浮かぶ。クリスマスは、プレゼントをもらったり、パーティーを行ったりするなど、驚きがいっぱいの行事だと私は考える。そこで、今回はプレゼントの箱をびっくり箱に見立ててサプライズ感を出そうと試みた。みなさんも楽しいクリスマスを過ごせるように願っている。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カテゴリー

Mountain Addicts

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP