日工の技術雑誌

油空圧技術 2020年10月号
商品コード:
Y2010

油空圧技術 2020年10月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:コンプレッサ
○最高効率の新開発スクリュブロワ技術
/アトラスコプコ(株)/佐藤吉洋
100%オイルフリーエアを供給する2019年国内新発売のスクリュブロワ、ZS4シリーズ。ルーツブロワと比べ圧縮工程を根本的に改良、30%の省エネルギーを実現。さらにZS4 VSDプラスは自社従来製インバータZS製品に比べて更に30%流量改善、50%省スペースとなっている。自社製永久磁石モータはIE5の最高効率、運転圧力は1.5barまで対応。

○タンクマント式スクリューコンプレッサ
/アネスト岩田(株)/高野博也
IE4クラスの高効率な油冷式永久磁石モータで駆動し、タンクマウント方式採用により省スペース設置が実現できる「タンクマウントスクリューコンプレッサ7.5〜15kW」について紹介する。

○ダイレクトドライブ・オイル循環式スクリューコンプレッサ
/ケーザーコンプレッサー(株)/河合 仁
ロングセラー製品であるモータ直結型オイル循環式スクリューコンプレッサが、どのような改善を積み重ねていくことで、省エネ性を追求してきたかを紹介する。

○保冷剤を活用した省エネタイプの冷凍式ドライヤー
/日機装(株)/飯塚友紀
冷凍式ドライヤー PCMシリーズ。保冷剤を熱交換器に内蔵。2℃を検知した時点で冷媒用内蔵コンプレッサーを停止し、6℃を検知した時点で再起動。保冷剤で蓄冷することにより、必要最小限の冷媒用内蔵コンプレッサーの稼働、つまり最小限の電気消費量へ自動的にコントロールする。

○新型パッケージベビコン
/(株)日立産機システム/鈴木達也
本製品は、生産設備の個別ユーティリティーである小型空気圧縮機の保守省力化を生産職場にも普及し始めたスマートデバイスと専用アプリによるIoT化で実現したものである。設備管理をアプリでサポートする保守省力化ニーズを捉えた製品の開発事例を紹介する。

○新型Gシリーズの開発
/(株)日立産機システム/高野正彦・頼金茂幸
本製品は、生産設備のユーティリティーであるスクリュー式空気圧縮機の省エネ・省力化を最新のドライブ&制御技術と、標準搭載の拡張されたクラウド監視により実現したものである。従来機に対して省エネ化、機能向上、監視対応強化を図った製品開発事例を紹介する。

○わが社が誇るコンプレッサー周辺機器
/(株)フクハラ/清野祐一
当社は1971年の創立以来、コンプレッサードレン排出に特化した製品、特許取得のエアーフィルター、業界に旋風を起こした除菌フィルターを販売しており、その中の代表製品を紹介する。

○エアコンプレッサの廃熱利用
/三浦工業(株)/岡本裕介
熱回収式電動エアコンプレッサで従来棄てられていた圧縮熱を高温水に変換し、高温水の使用先としてボイラシステムと組み合わすことで未利用熱を有効活用することができる。新しくバイパス弁制御を採用し、従来よりも熱回収性能を向上した新製品を紹介する。

○コンプレッサのIoT関連機器
/三井精機工業(株)
当社のコンプレッサ遠隔監視システム「Z-Mate II・Z-Cloud」、新型屋外設置型コンプレッサ「ZgaiardSKYシリーズ」を紹介する。

=各社のコンプレッサ=
○アトラスコプコ(株)
○ネスト岩田(株)
○CKD(株)
○東亜潜水機(株)
○東芝産業機器システム(株)
○日機装(株)
○日本エアードライヤー販売(株)
○(株)フクハラ
○ベコテクノロジーズ(株)
○北越工業(株)
○三浦工業(株)
○三井精機工業(株)
○(株)明治機械製作所

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第10回)
/長谷川和三

■H&P情報
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧モータ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP