日工の技術雑誌

配管技術 2020年10月号
商品コード:
H2010

配管技術 2020年10月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
〔展望・解説〕
○BP統計2020年版で見る世界のエネルギー動向
/LNG経済研究会/奥田 誠
「BP Statistical Review of World Energy June 2020」(BP統計2020年版)に示されている世界の一次エネルギー消費量及びCO2排出量の動向、電源別発電量の動向などを紹介する。

〔設計〕
○BIMプラントエンジニアリングへの取り組み
/(株)高田工業所/花田貴子
BIMを活用したプラントエンジニアリングの効率化への取り組みについて紹介する。

〔施工〕
○電磁成形による異素材の接合技術
/太陽工業(株)/小平 裕也/信州大学/中山 昇
アルミニウムパイプの内側にCFRPパイプを挿入し、電磁成形によりアルミニウムを縮管して接合させた事例を紹介する。アルミニウムパイプへCFRPパイプを挿入する量を変化させ、接合力との相関を確認した。

○国内初のドライチャンバー工法による海底配管補修工事
/日鉄エンジニアリング(株)/髙澤大志・道端 剛
ドライチャンバー工法とは海底に設置したチャンバー(潜函)内の圧力を調整し溶接等の作業を行う工法である。国内で初めて本工法での溶接作業を適用した京浜川崎シーバースの補修工事について、品質や工期に対する課題解決を含めて工事概要を紹介する。

〔運転・管理〕
○360度画像データ管理サービス「StructionSite」を用いた現場のデジタル化
/(株)大林組/大杉達也・土屋貴史・加賀谷真綾・城越陽平
建設プロセスのデジタル化への足掛かりとなる建設現場向け360度画像データ管理サービス「StructionSite」とその技術的特徴を示し、具体的な活用事例について紹介する。

○電力レジリエンス蓄熱システム
/三菱日立パワーシステムズ(株)/篠崎康平・山本健次郎・堂本和宏・森 康・當房 誠/三菱重工業(株)/川水 努・山名崇裕・太田裕二
再生可能エネルギーの増加にともなう電力レジリエンス機能の向上策として、既設ボイラ排熱を蓄熱し、発電へ利用する技術の実用化を目指している。本稿では、電力レジリエンスについて解説し、蓄熱システムの概要と今後の展望を紹介する。

○既設設備点群データの効率的な更新と運用について
/(株)富士テクニカルリサーチ/高橋久範
昨今、設備管理に点群データが盛んに利用されているが、データの更新が行われずに点群と現物が異なってくるという問題が生じている。このような問題を解決するためのテクニックやクラウドを活用したソリューションを紹介する。

■連載
○プラント安全の新しい考え方 第3回
安全の新しい考え方
/東京大学/佐藤拓哉
我が国の「プラント安全」の考え方に大きな影響を与えたのが、福島第一原発事故である。この連載講座では「プラント安全」に関する最近の取り組みを紹介する。第3回は、安全の新しい考え方であるSafety-IとSAFETY-IIの概念及びSafety-IIを実現するためのレジリエンス工学について解説する。

○発電事業・激動の10年を振り返って 第2回
固定価格買取制度(FIT)の導入と再生可能エネルギーの普及拡大
/東北テクノアカデミア産学連携事務所/大地昭生
東日本大震災を契機に、災害時の電源確保の重要性が認識され、再生可能エネルギーの導入機運が高まった。このため、再生可能エネルギーの普及拡大を意図して2012年7月固定価格買取制度(FIT)が導入された。そこで、本稿ではFITの概要、再生可能エネルギーの定義、種類、発電原理、再生可能エネルギーの普及拡大の状況、太陽光、風力発電等の変動性再生可能エネルギーの増加による出力変動対策について解説する。

■製品技術情報
○FRPM管専用FRP製異形管(離脱防止付き)
/積水化学工業(株)/藤本雅一
FRPM管専用のFRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」を新たに開発した。本開発品はその適用範囲内においてスラストブロックレス配管を実現することができる。本稿では、開発品を用いた管路システムについて紹介する。

○ホースの安全性確保とプラント・コスト低減のための三つのステップ
/スウェージロック社/Doug Nordstrom
多くの製造設備において、一般産業用ホースが軽視されるケースは少なくない。本稿では、用途に適したホースの選定や適切なレイアウトと保管、メンテナンスなど、一般産業用ホースの安全性に関する推奨事項を紹介する。

○鋳鋼製作に関する相談受付の紹介
/東亜バルブエンジニアリング(株)/塚本修司
これまで当社が培ってきた鋳鋼技術、開発パートナーとしての「鋳造製品開発センター」、昨年4月に開設したWebサービス「鋳鋼技術ラボ」について紹介する。

○タンク定置洗浄ノズルの開発
/(株)バルカー/本吉真由美
近年、産業用タンク・配管などを対象に、組み付けや取り外しにできるだけ手間をかけない定置洗浄が主流となっている。様々な業界のタンク内の洗浄について、洗浄ノズルに着目。当社製品の固定式・回転式スプレーボール Rを紹介する。

○配管探査ロボット
/(株)弘栄ドリームワークス/稲垣和美
当社が開発している配管探査ロボット「配管くん」の特徴とラインアップ、を開設し、ターゲットとなる顧客と今後の開発予定、事業展開を紹介する。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP