日工の技術雑誌

計測技術 2020年6月号
商品コード:
A2006

計測技術 2020年6月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:持続可能なプラントを支える最新の制御システムと将来の展望
○革新的デジタルツインと制御システムの将来展望
/(国研)科学技術振興機構/大平竜也・中村亮二
デジタルツインは、デジタルデータを基に物理的な製品やサービスをサイバー空間上で仮想的に複製し、将来起こり得る様々な事象を予測することを可能にする革新的なシミュレーション技術である。本稿では、多様な制御システムに付加価値をもたらすデジタルツインへの期待の高まりや将来展望を述べる。

○産業におけるデジタル化:潜在性を伴うツイン
/シーメンス(株)/鴫原 琢
今日の産業界では仮想と現実の生産間をクローズドループ接続し、プラント・機器の全ライフサイクルを最適化するデジタルエンタープライズが命題となっている。新規/既存区別なくプラントのデジタル化を実現し、コスト削減・短納期に貢献するシーメンスのソリューションを事例と共に紹介する。

○デジタルツインの実現と活用のためのプロセス
/アズビル(株)/乙川俊也
本稿では、デジタルツインの定義に始まり、デジタルツインの実現と活用のための考え方やプロセス、その具体的な取り組みについて紹介することを通し、生産性が飛躍的に向上した未来の製造現場の姿と、その実現のために必要な道筋を提示する。

○運転支援向けデジタルツインとその活用方法
/横河電機(株)/柏 良輔
当社はシミュレータを実プラントと接続した「ミラープラント」を開発し、それをデジタルツインと定義している。ミラープラントは、実プラントを精度よく追従する仕組みを持ち、プラント内部の可視化や予測といった機能で、プラント運転を支援する効果がある。

■製品と技術
○故障データがなくてもできる異常検知
/MathWorks Japan/王 暁星
IoTの発展によりセンサーデータの活用が盛んになっているが、異常検知のアルゴリズム開発に不可欠な異常時のデータは不足しているケースがほとんどである。本稿では、そのような場合に有効となる物理モデルからデータを生成するアプローチと準正常データを活用したアプローチを紹介する。

○高速グラフィックパネルメータ
/渡辺電機工業(株)/櫻井桂太
本稿では、当社のグラフィックパネルメータ(ロードセルメータ)「WPMZ」を紹介。4,000回/秒の高速サンプリングや波形比較、マルチホールドなどの機能と液晶による表現力が特徴の次世代パネルメータを解説する。

○超音波と光を利用した表層欠陥を可視化する新しい非破壊検査装置
/(株)島津製作所/堀川浩司・畠堀貴秀
当社新製品「超音波光探傷装置(MAIVIS™);MIV-500」は、従来技術では検出困難であった対象物の表面付近の隠れた欠陥(亀裂、剥離など)を、超音波と光を用いて可視化する新しい非破壊検査装置である。本稿では、MIV-500の特長・原理と応用事例を紹介する。

■連載
○センサ基礎講座 第9回
/(一社)次世代センサ協議会/浅野安人
超音波技術の理論的背景について音響物理の基礎と超音波の特性について簡潔に記し、その応用技術に関連して、空気中、水中などの環境下での測定原理と関連する計測機器についての概要を述べた。

○マスフロー千夜一夜物語 第63回
/EZ-Japan/黒田 誠
「質量流量計」に分類される熱式流量計(マスフローコントローラー&マスフローメーター)であるが、その流量単位に関して、正しく理解しているユーザーは思いの他少ない。これは各業界で慣習上使用されている単位を用いてしまっている事が要因として挙げられる。今回の解説で、その現状を理解してもらいたい。

○食品のトレーサビリティ 第36回
/食品トレーサビリティシステム標準化推進協議会/大野耕太郎
新型コロナウィルスが世界中に蔓延し、かつてない混乱を生み出している。ことに経済的打撃は大きく、先進各国は中央銀行による大規模な財政出動を余儀なくされているが、リーマンと決定的に異なるのは終息の見通しが立たないことである。この事態の顛末を考察したレポートが出始めているが、サプライチェーンを可視化するトレーサビリティ機能の視点とリスク発生の大元から新型コロナウィルスを考察してみる。

○エイジレスワーク時代に向けての道しるべ 第2回
私の技術者人生を決定付けた寺田寅彦の随筆「科学者とあたま」
/計測技術編集委員会/広井和男

■コラム
○第48回 賞や研究支援の戦略
/山﨑弘郎

■製品ガイド
○超音波流量計

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP