日工の技術雑誌

住まいとでんき 2020年2月号
商品コード:
D2002

住まいとでんき 2020年2月号

販売価格/
1,518 円(税込)
通常価格/
1,518 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:ZEHと集合住宅
○ZEHの動向と集合住宅における推進に向けて
/芝浦工業大学/秋元 孝之
経済産業省WG、集合住宅におけるZEHロードマップ検討委員会では、分譲・賃貸の集合住宅においてもZEHの事例が出始めたこと等を踏まえ、集合住宅の住棟及び住戸についてのZEHの定義の検討を行い、2030年の施策目標の実現に向けた集合住宅におけるZEHの自立普及につなげるための課題と対策を整理し、ロードマップを公表した。集合住宅におけるZEH推進に向けた取り組みの状況を紹介する。

○ZEHマンションと電化
/イエタス/西山 博
株式会社イエタスはこれまで低層・中層・高層ZEHマンションを数多く手掛けてきた。その経験を踏まえ、本稿ではZEHの普及状況、集合住宅のZEH、ZEHマンションのメリット・デメリット、ZEHマンション取組みステップ、ZEHマンションの設備機器選び、電化の優位性等について紹介する。

○ZEH-Mの補助金採択状況およびZEH-M取組み状況について
/月刊スマートハウス/荒川 源
集合住宅におけるZEHの普及に向け、ZEH-Mへの補助事業がスタートしている。普及拡大にあたりZEHビルダーと同じく『ZEHデベロッパー』登録制度が設けられ、ハウスメーカーや賃貸事業者など57社が名乗りをあげている。その補助金採択状況とZEH-M取組みについて紹介する。

○大京グループにおけるZEH-Mの取り組み
/大京/中山 雄生
地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」に基づき、政府がZEH普及を進める中、戸建住宅のZEH化は浸透しつつあるが、集合住宅では普及が進んでいない。今回は集合住宅では困難とされていたZEH-M化に取り組み、ZEH-M Orientedを取得した「ライオンズ呉グランフォート」のZEH-M Oriented実現のポイントや販売ツール、お客様の声等を紹介する。

○エアコン付きヒートポンプ床暖房「コロナエコ暖クールエアコン」
/コロナ/佐々木 勝
「コロナエコ暖クールエアコン」は、室外ユニット1台で夏はエアコン冷房、冬はエアコン暖房と温水床暖房の併用と連動運転が可能なエアコン付ヒートポンプ温水床暖房システムである。本稿では2019年度省エネ大賞も受賞した同製品の開発の背景や製品の特長、省エネ技術について紹介する。

○おうちモニタリングプラン
/東京電力エナジーパートナー
東京電力エナジーパートナーの「おうちモニタリングプラン」を紹介する。「家が、家族になる」をコンセプトに、「人と人」、「人とモノ」を繋ぐ技術で、家族の絆と安心を深め、快適な居住空間を提供する「TEPCOスマートホーム」のサービスの一つとして、電気・家電の利用状況をスマートフォンアプリで見える化するハウスメーカー等のサブユーザー向けサービスである。

○人気設備を初期費用0円で導入!新太陽光パッケージ ソラトモZeROパック
/関西電力
関西電力と長州産業が手掛ける「新太陽光パッケージソラトモZeROパック」を紹介する。長期にわたって安定した賃貸経営を続けるために必要なもの。それは入居者にとって付加価値となりながら、オーナーにもメリットのある設備である。それらを初期費用0円で導入できるサービスが「ソラトモZeROパック」だ。

○「はぴeみる電」「はぴリモ+」ZEH-M住宅での、「はぴeライフ」を実現する
/関西電力
関西電力は、お客さまへ「安心、快適、便利、経済的」で「楽しさ」が広がる「はぴeライフ」を提案している。エネルギー消費量を減らすことで光熱費削減を後押しするZEH-M住宅なら、「はぴeライフ」を実現することができる。そんなZEH-M住宅での、「はぴeライフ」をよりよいものとするための二つのサービス、「はぴeみる電」と「はぴリモ+」を紹介する。

■トピックス
○わが家の地盤は大丈夫?
知っていましたか、宅地の安全を診断し対策する地盤品質判定士
/地盤品質判定士/尾上 篤生
2019年11月地盤品質セミナーが開催された。地盤品質判定士の研修のためのセミナーで、2013年度から毎年開催され、今年で7回目となる。本稿では、このセミナーの紹介を兼ねて、これまであまり馴染みのない地盤品質判定士とはどういうものか、暮らしの安全との関りについて紹介する。

○マンションインターホンシステムIシリーズ Clouge(クラウジュ)
/パナソニック
マンションインターホンシステム「IシリーズClouge(クラウジュ)」は、ロビーインターホンが入居者に代わって対応するマンションインターホンシステムである。オートコンシェルジュ機能により、従来のインターホンにはなかった、入居者のプライバシーを守りながら来客側の利便性にも配慮したインターホンシステムを紹介する。

■連載
○暮らしに生きるこだわりの生活家電-昭和・技術ノート-第36回
ズボンプレッサー
/生活家電研究家/大西 正幸
ズボンプレッサーは、1930年、英国のコルビー(Corby)社がズボンプレス機の研究をはじめ、1950年にはトップメーカーに成長した。1960年代に入り、世界初の電気ヒーター採用のズボンプレッサーを開発したとされる。わが国では1962(昭和37)年頃、電気式(300W)ズボンプレッサーが発売され、順に改良型が開発されてきた。

○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
断熱改修すると、夜間頻尿が改善する!
/わらっく/室 龍二
前回は、糖尿病の怖さについて検証しました。今回も健康住宅について検証を進めたいと思います。今回は特に断熱改修に関する新しい知見をご紹介したいと思います。当たり前と考えていることでも、調べてみるといろいろ奥が深いですね。今日の新常識、ぜひ意識して行動してみてください。

○未来構想デザイン-未来のつくりかた
イタリアの未来の表現 未来派
/九州大学/尾方 義人
20世紀はじめにイタリアで未来派と呼ばれる作家たちが誕生し、勃興しました。未来派は新しい表現方法から始まり、時代とあいまってその先鋭性・前衛性から多くの賛同を得ました。それが美しい表現や新しい表現につながっていき、新しい社会像を見ることができました。

○IHクッキングヒーターで毎日おいしくcooking! 第7回
IHのきほん あったか鍋料理!
/Office OKUAKI/奥秋 曜子
IHのきほん。あったか鍋料理!を紹介します。骨付き肉でだしを出し、レモンを加えてポン酢代わりに! IH一つでおいしい鍋料理が完成します! IHポイントも忘れずに!

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考158
枇杷の木、柿の木、すももの木
/藤原 千秋
身体を悪くし入院しながらどんどん廃用萎縮していく老父、誰も住まず空き家となった実家、その広い庭の雑草と容赦ない草刈り、失われる思い出。「家」をめぐる、筆者の深い諦めを綴った小文。

○にっこり・びっくり・たっぷりアジア 第85回
めっけもんに出会う-シンガポール セント・アンドリュース教会
/室蘭工業大学/内海 佐和子
あるシンガポール滞在中のこと。時間はあるのに、行きたい場所がない。考えた結果、「いかにもシンガポールらしい所」に行くことに。でも、暑さを避け日陰を歩くうちに、目的地とは異なる、ある教会へ。それは、シンガポール最古のキリスト教会だったのです。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP