日工の技術雑誌

光アライアンス 2020年2月号
商品コード:
Oa2002

光アライアンス 2020年2月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:レーザー加工の革新性を考察する2
○低屈折率ポリマーの超短パルスレーザー三次元加工とバイオチップ応用
/弘前大学/花田 修賢
固体境界面における鮮明な細胞の顕微観察を目的として、筆者の研究室では難加工材料である低屈折率フッ素ポリマーのフェムト秒レーザー加工技術開発を行ってきた。本稿では、その加工技術と本法を用いたバイオチップ応用について紹介する。

○高強度・高フルエンスパルスEUV光による材料プロセシング
/大阪大学/田中のぞみ
極端紫外(EUV)光は、物質との相互作用の特徴の多くが材料加工にとって魅力的である。本稿では、EUV-物質相互作用の基本と共に、EUV光を用いたアブレーションおよび表面改質に関する研究成果を紹介する。

○加工用レーザーのパワー制御システム
/(国研)産業技術総合研究所/沼田 孝之
本研究では、近接場光の結合効果を利用し、ファイバレーザー等の加工用高出力レーザーに適用可能な光パワー変調素子を構築すると共に、これを用いたレーザーパワー制御システムを開発した。

○同軸型観察光学系付き10 W紫外線レーザー加工機の高精度化の開発
/OPI(株)/長田 英洋・長田 英紀
色消し(355nmと635nm)fθレンズ、デジタルガルバノ、100nmオーダーの電動XYステージおよび同軸型のCCDとの組み合わせにて、±5μm以内の位置決めを可能とする高精度UVレーザー加工機を開発した。

■製品特集:光学系設計ソフト活用術1
○照明設計・解析における波動光学や熱・流体解析との連携
/サイバネットシステム(株)/雪田 修平
本稿では、幾何光学ベースの照明設計・解析ソフトLightToolsを中心に、波動光学や熱・流体解析との連携解析例を紹介する。また、光線追跡法に機械学習を取り入れた研究事例も紹介する。

○高歩留まり最適化
/Zemax, LLC/Thomas Pickering/Zemax Japan(株)/蕭 逸華
光学設計が製造誤差に対して極めて敏感になってしまう課題に対して、当社が提供するソリューション「高歩留まり最適化」を使用することで、厳しい性能仕様を満たす設計を実現するとともに、製造歩留まりを高め、製造コストを低減できる。

○オプトメカニカルソフトウエアTracePro
/(株)ノーツアンドクロス/山本 努
光学パーツのみならず、系に存在する構成パーツ形状を光線追跡に基づいて最適化。公差解析まで標準装備のオプトメカニカルソフトウエアTracePro。新製品の市場投入までの期間を大幅短縮、コスト削減。

■解説
○電子ディスプレイの開発動向と今後の展望
/東北大学/藤掛 英夫
ディスプレイは、今後の情報化社会を支えるヒューマンインタフェースとして欠かせない。そこで、高画質化・高臨場感化、表示形態の革新、サイバー対応など、表示技術の最新動向を見据えて、将来の発展性を展望する。

○高周波ソフトスイッチングの設計指針
/千葉大学/関屋 大雄
パワーコンバータの高周波化において、スイッチング損失と呼ばれる電力損失が問題となり、その対応が求められる。本稿では、スイッチング損失の発生メカニズムについて解説し、スイッチング損失低減技術としてのソフトスイッチング技術を紹介する。

○モード同期レーザーを用いた共焦点プローブ
/東北大学/佐藤 遼・清水 裕樹・仲村 拓・松隈 啓・高 偉
本稿では、従来の共焦点プローブによる三次元形状計測の原理を紹介した後、光源にモード同期フェムト秒レーザーを用いることで光軸非走査測定・高分解能の両立を追求する新たな共焦点プローブについて紹介する。

○光技術を利用した建設分野への応用
/日本大学/永井 香織
2016年国土交通省が「i-Construction」新基準を導入したことにより、国内におけるロボット化開発が加速する一方で、光技術は開発後60年以上経過したが、建設分野における適用はまだ始まって間もない。本稿では、そのような背景を踏まえ、ロボット開発や光技術の応用例と適用事例などについて紹介する。

○光学式非接触座標測定機の性能評価法の国際標準化
/(国研)産業技術総合研究所/阿部 誠
光学式非接触座標測定機の性能評価法に関するISO国際標準化が日本主導により進んでいる。本稿では、グローバル座標系をもたない測定機における複数視野測定に関する課題を紹介する。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP