日工の技術雑誌

住まいとでんき 2020年1月号
商品コード:
D2001

住まいとでんき 2020年1月号

販売価格/
1,518 円(税込)
通常価格/
1,518 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:住まいと防犯
○住宅侵入窃盗の現状と防犯対策 〜侵入窃盗から家を守るために〜
/日本防犯設備協会 片岡 義篤
国民にとって最も身近で危険な犯罪である住宅侵入窃盗の発生状況とその具体的な防犯対策を、防犯環境設計に基づくハード、ソフト両面から説明し、特に近年その有用性が高く認知されてきた防犯カメラの活用や各府県で運用されている防犯優良住宅認定制度に言及する。

○インターネットを安全に利用するために フィッシングや不正プログラムを例とした基本的な対策
/警察庁/大川 伸也
本稿では、「インターネットバンキングに係る不正送金事犯」及び「IoT機器を標的とした攻撃」の手口や特徴とともに、ID・パスワード、IoT機器などの適切な管理といったインターネットを安全に利用するための基本的な対策について紹介する。

○住まいの防犯意識 〜アンケートから読み解く住まいの防犯〜
/長谷工コーポレーション 桜庭 寿江
長谷工グループ「ブランシエラクラブ」にて会員向けに実施した、『住まいの防犯意識』についてのアンケートに関し、その結果を紹介するとともに、居住タイプなどによる意識や対策の違いについて分析する。

○防犯設備士・総合防犯設備士の役割
/日本防犯設備協会/成田 純一
防犯設備士とは、公益社団法人日本防犯設備協会が認定を行う資格である。防犯設備士、総合防犯設備士は、地域の特性と犯罪の発生状況に対応すべく日々研鑽を積み、安全で安心な生活ができるよう活動を続けている。その概要を紹介する。

○UR賃貸住宅における共用部リノベーションについて 電気設備設計者から見た快適性・安全性の向上
/都市再生機構/村川 和隆
管理開始が昭和 50年代以降のUR賃貸住宅「品川八潮パークハイツ」の3団地を対象に、意匠性・防犯性の向上を目的としたエントランス改修、オートロック化、インターホン設備工事などの改修事例を紹介する。

○犯罪者に狙われないための家づくり 家づくりに重要な、事前に犯罪を予測し、実際に被害にあう前に取るべき防犯対策とは?
/桝田工務店/桝田 佳正
毎日暮らしていく中で、どんな犯罪に合う可能性が高いかを予測し、実際に被害にあう前に取る予知防犯対策。家づくりにおいて重要な予知防犯対策とはどういうものなのか、ハード面(防犯商品等)だけに頼らずソフト面(防犯意識)も含め両方から考えていく必要がある。

■トピックス
○戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト『神戸 六甲の家』 築37年の中古住宅を、新築超える「断熱」と「耐震」に再生! 〜YKKAPとKIMURA-GRIT(神戸市)コラボ、六甲窓工場製の樹脂窓活用〜
/YKK AP
YKK APが、神戸の地で創業70年の建築会社KIMURA-GRITグループと共働し、YKK AP商品を活用した中古戸建住宅の性能向上リノベーションを実証するプロジェクトの関西初物件として取り組んだ『神戸 六甲の家』について紹介する。

○家づくりの会とは
/家づくりの会
48名の建築家集団、「家づくりの会」をご存知ですか? どのような建築家が、どのような志を持ち、どのような活動をしているのか? 建築家との家づくりを考えている人はどうすればいいのだろう? 身近に感じていただけるよう、最近改修したギャラリーの様子などをご紹介。

■プロダクトナビ
○『新・スマートパワーステーション』シリーズ IoT機能の強化で、エネルギー自給自足型住宅の安心性・利便性が向上
/積水化学工業
積水化学工業 住宅カンパニーは、IoT機能を強化し、安心性強化・経済性強化・利便性強化を図る新・スマートパワーステーション』シリーズを発売した。その概要を紹介する。

○注文住宅の完成イメージを見える化サービス「ミエール」 3D図面を無料で作成、提案段階から誰でもどこでも理想の家を確認可能
/フリーダムアキテクツデザイン
フリーダムアーキテクツデザインは、平面図面から作成した3Dモデルの内部をVRで自由に歩くことができ、さらに動画化した3D図面を自宅でも見ることができるサービス「ミエール」を全国展開する。

○日立ルームエアコン「白くまくん」プレミアムXシリーズ 凍結洗浄で室外機の熱交換器を自動でお掃除
/日立ジョンソンコントロールズ空調
日立ジョンソンコントロールズ空調の、業界で初めてエアコンの室外熱交換器を自動で掃除する機能を搭載した「白くまくん」プレミアムXシリーズを紹介する。

○ヒートショックの予防に効果的新型の洗面ルームヒーター
/タカラスタンダード
システムキッチン・バスを中心とした住宅設備機器メーカー・タカラスタンダードは、新型の洗面ルームヒーター(吊戸棚別体型)を発売した。従来の吊戸棚と一体化しているタイプに加えて新たにラインアップし、設置性やデザイン性の向上を図った。

■連載
○暮らしに生きるこだわりの生活家電-昭和・技術ノート-第35回
IH鍛造厚釜
/生活家電研究家/大西 正幸
1994(平成6)年、IH溶湯鍛造厚釜を開発以来、内なべの厚さ競争が激しくなってきた。更なる進化を目指して、1996(平成8)年、内ぶたも厚くし、遠赤効果のあるディンプル加工を施した新製品を発売した。内ぶたに太陽が当たっても反射がなくなり、デザイン上も人気が出てきた。すると、各社もディンプル加工に追従してきた。

○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
最近、糖尿病が怖すぎる!
/暮らし安心研究所/室 龍二
前回は、減災について常識を検証しました。今回は、全く違う分野で常識を検証したいと思います。ズバリ糖尿病! いきなりなんでと言われそうですが、調べてみると、想像以上に怖い病気だと思い知らされることに。そこで、今回はその糖尿病について、検証したいと思います。

○未来構想デザイン-未来のつくりかた
アメリカの未来をつくる方法
/九州大学 尾方 義人
20世紀初めのアメリカは「時間の短縮化」「高速度化」「大量化」が至上命題で、それは国づくりのコンセプトそのものでした。多きことはいいことだ、早いことはいいことだ、それがあるアメリカはいい国だという考え方でした。そんなアメリカの未来をつくる方法について紹介します。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考157
三人寄れば文殊の知恵
/藤原 千秋
会社などの組織に属していれば、日常的であるはずの「自分以外の人との対話」。それが非常に難しいのがフリーランスの常態である。そんな個人事業主の「自分ミーティング」風景を切り取った小文。

○にっこり・びっくり・たっぷりアジア 第84回
ベトナムのキリスト教とハノイ大聖堂
/室蘭工業大学 内海 佐和子
ドイモイ政策による政府の方針転換をきっかけに、宗教活動が復興しているベトナム。仏教に次いで信者が多いのがキリスト教。前回、ベトナムで信仰されている仏教系の宗教を紹介しましたが、今回はその続き。ベトナムのキリスト教とハノイ大聖堂を紹介します。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP