日工の技術雑誌

プラスチックス 2019年12月号
商品コード:
S1912

プラスチックス 2019年12月号

販売価格/
1,628 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:プラスチック金型徹底ガイド
プラスチック成形技術の要である金型。最近は要求される項目も多岐にわたっています。本特集では、プラスチック金型の最新技術および関連部品・システムの最新動向についてご紹介頂きました。

○金型設計者が考える「プラスチック金型のこれから」
/(株)モールドテック/落合孝明
プラスチック製品を安定的かつ大量に製造するためなくてはならない金型。昨今の市場の変化とともにニーズも多岐にわたっている。「壊れない金型を納期通りに設計・製作すれば良い」という時代が終焉した今、金型設計者の目線からプラスチック金型のこれからについて考察する。

○学生金型グランプリへの挑戦〜ペンホルダー付き音符型ブックマーク
/岩手大学/西村文仁
本学金型・鋳造プログラムの金型系の学生は、毎年4月に開催される学生金型グランプリに参加している。本稿では、第11回学生金型グランプリのプラスチック金型部門への挑戦とその教育上の効果について紹介する。

○高硬度金型による長寿命化への挑戦
/(株)稲垣金型製作所/鈴木雅之・稲垣武洋
電気自動車(EV)や自動運転など次世代自動車開発が進み、従来の金属から樹脂へと材料置換する動きが広がっている。それに伴う強化プラスチックやガラス繊維の含有量の多い樹脂を使う場合でも、量産に耐えられることを目標に「HRC55-60」の高硬度の鋼材を、切削加工で精度が高く長寿妙な金型を製作するための取り組みを紹介する。

○スマート金型の特徴と事例
/岐阜県産業技術総合センター/山田俊郎
射出成形の生産立ち上げの効率化や成形不良の発見、予防保全を目的に、成形中の金型内の圧力や温度の監視ができる金型をスマート金型と名付けて、試験型とシステムを開発した。その特徴と、試験成形から得られた不良発見の例など、スマート金型の効果を紹介する。

○光学研磨技術を転用した金型の鏡面加工
/イクタム(同)/田村匡史
当社ではレンズ研磨技術を金属研磨に転用し、一般的な金属研磨とは異なる手法で鏡面研磨を行っている。まず、その研磨技術の概要を解説し、次に、金型素材を鏡面加工した事例および精密金型レベルの鏡面加工を一般金属部品に展開した事例について紹介する。

○アンダーカット処理を支援するルーズコア用機構部品の特徴・機能
/(株)タカオ設計事務所/永久保吉一・茂木真希夫
ルズコン-30は、安心・安全・安価をコンセプトに開発されたプラスチック金型用アンダーカット処理の支援部品である。製品設計から金型設計・製造、成形に至るすべてのステージで傾斜コア工法のトータルコストダウンを支援する。また独自開発のCAE技術計算や技術検討により安全を保証している。

○成形品へ二次元コードのマーキング
/浦谷商事(株)/浦谷直斗
当社は射出成形時にQRコードを製品へマーキングできる金型部品を開発した。金型の入れ子として導入することで、安価で手間をかけずにQRコードをマーキングできる。メーカーへの問い合わせ件数削減、リピート購入の向上、トレーサビリティ管理などに利用できる。

○高機能性金型コーティングの特徴と事例
/TOWA(株)/岸本智子
近年、より複雑で高精度な金型が求められており、樹脂残渣の堆積による成形不良や金型汚れが深刻となっている。そこで我々は、優れた離型性・防汚性を有したコーティング「BANCERA」を開発した。本稿ではその特徴と適応事例について紹介する。

○低圧複合水流による金型冷却水管の洗浄
/ブルーエンジニアリング(株)/北川 将
「水と空気で洗う」NRシリーズは、人と環境への高い適応力とキャビテーションによる高い洗浄能力で、プラスチックやダイカストの射出成形金型の冷却水管洗浄における「予防保全」を実現する。導入事例では、三つの問題を解決して生産性の向上を達成した企業を紹介する。

○金型管理システムにおける金型カルテの有効性
/(株)平山/中村信朗
金型の管理は成形工程の基本中の基本。ただ、個別金型の状態を的確に捉え、生産の実態に反映できている企業は少ない。今回、金型管理を従来の手書き管理から電子日報化することで、収集データの紐づけと、熟練作業者の長年の知識・技能を伝承するために、「金型カルテ」という考え方を記述する。

■一般記事
○[展示会レポート]SAMPE Japan 先端材料技術展2019
/安田ポリマーリサーチ研究所/安田武夫

○[解説]超臨界流体染色の特徴とポリプロピレン染色への適用
/福井大学/堀 照夫

■連載
○しなやかタフポリマーへの取り組み 第5回
/(株)ブリヂストン/角田克彦・清水 隆

○プラスチック成形における不安定流動の制御 第74回
/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美

○大自然を科楽する 第44回
/青野哲士

○助っ人工業デザイナーの独り言 第58回
/(株)H&Adesigners/鈴木英夫

○世界のバイオプラスチックは今 第24回
/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲

○のぞいてみよう、バイオミメティクス 第18回
/(国研)産業技術総合研究所/二橋 亮

◆第8回 高機能プラスチック展/第10回 高機能フィルム展 出展製品紹介

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP