日工の技術雑誌

油空圧技術 2019年11月号
商品コード:
Y1911

油空圧技術 2019年11月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:次世代モータ・ドライブ技術開発の最前線
○巻線技術の変遷と次世代技術
/東海大学/森本雅之
本稿では、モータの巻線技術について述べる。特に、現在、中小型モータによく使われている永久磁石同期モータを中心に、巻線技術の変遷と今後の展望を述べる。

○汎用誘導機の損失と高効率化
/中部大学/廣塚 功
誘導電動機は、堅牢、安価であるため、多数用いられており、さらなる高効率化が強く求められている。本稿では、汎用誘導電動機における損失(鉄損、銅損、機械損および漂遊負荷損)およびその低減方法について、当研究室での検討結果も含めて解説する。

○アモルファスモータ一体型オイルフリースクロール圧縮機の開発と製品化
/(株)日立産機システム/兼本喜之
国際電気標準会議(IEC)のIEC60034-30-2で現在策定議論中の、モータのエネルギー効率ガイドラインで最高効率であるIE5を達成したアモルファスモータを、オイルフリースクロール圧縮機と一体化し、製品化した事例について紹介する。

○最新インバータドライブ技術
/(株)安川電機/佐藤貞之・古賀光浩・井浦英昭
本稿では、当社製汎用インバータの技術背景および最新製品に搭載されているPMモータの制御に関する技術内容やIoTに関する差別化機能の詳細を紹介する。さらに当社製PMモータの製品とその技術特長に関しても合わせて紹介する。

○静音化を極めた高効率脱レアアースモータ
/草津電機(株)/國松英明
モータに求められるのは「高効率」「静音」「低コスト」である。今回開発したモータは磁界解析を駆使し超静音化を実現したことに加えて、リラクタンストルクに磁石トルクを補助することで高効率を実現、また使用する磁石を脱レアアース材料にすることで低コスト化を実現した。

○インバータ・モータ一体型EV向け駆動システムの開発
/(株)明電舎/青木淳一
EV・HEV用コンポーネントは、更なる小型・軽量化、及び高効率化と低価格化が要求されている。本稿ではこれらの要求を満足するための、一方案としてインバータ・モータ一体型システムの開発内容について紹介をする。

○IE5効率レベル同期リラクタンスモータ
/東芝インフラシステムズ(株)/松下真琴・竹内活徳
環境問題やエネルギー問題への関心の高まりから、高効率モータによる省エネ化が進められている。本稿では、高効率化と永久磁石を用いないことによる省資源化を両立できる同期リラクタンスモータの原理や特徴および開発動向などについて紹介する。

■製品と技術
○油圧式オートテンショナ及び新開発「低燃費対応小型チェーンテンショナ」
/NTN(株)/佐藤誠二
エンジンのタイミングベルトやチェーン、補機駆動ベルトの長寿命化、低騒音化、エンジンの低燃費化に貢献するオートテンショナ。更なる燃費向上を目的に新たに開発した低燃費対応小型チェーンテンショナを紹介する。

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧モータ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP