日工の技術雑誌

住まいとでんき 2019年9月号
商品コード:
D1909

住まいとでんき 2019年9月号

販売価格/
1,518 円(税込)
通常価格/
1,518 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集 スマートハウス
○人を幸せにするIoTスマートハウス
省エネと豊かな生活が融合したIoTスマートハウスを目指して
/神奈川工科大学/一色 正男/笹川 雄司
スマートハウスには省エネや節電といったエネルギーを賢く利用する住宅、人の生活を豊かにする住宅という2つ側面がある。このどちらの側面にもIoT技術が活用されている。本稿ではこの2つの側面に関する最新動向や企業の具体事例などを紹介していく。

○AiSEG2 最新動向
HEMSで実現する新しい住まい
/パナソニック/阿山 奈央
当社は、IoTを活用した住宅向けのシステムとして「HOME IoT」という総称で、中核機器である「AiSEG2」と、それにつながる関連機器を市場に展開している。発売後も進化を続ける AiSEG2の現在の主な機能や特長について紹介する。

○コミュニケーションロボットと一緒に、エネルギーと楽しく暮らす生活へ
/シャープ
シャープのコミュニケーションロボット「ロボホン」とクラウド HEMSを連携し、「ロボホン」がエネルギーの情報を楽しくお伝えしたり、家電などを操作したりしてくれます。また、クラウド蓄電池をAI制御することで、より効率良く自家消費いただけます。

○戸締り安心システム「ミモット」
〜窓とドアのセンサーをスマートフォンにつなぎ、うっかりカギの締め忘れ解消〜
/YKK AP/山下 聖史
窓メーカーであるYKK APが取り組んだ IoT商品、戸締り安心システム「ミモット」。窓とドアのセンサーをスマートフォンにつなぎ、うっかりカギの締め忘れ解消する新しいシステム。開発着手から発売に至るまでの経緯や商品特徴を紹介。

○<業界初>損保ジャパン日本興亜スマートハウス向け火災保険
〜次世代型省エネルギー住宅のリスクに備える保険の開発〜
/損害保険ジャパン日本興亜/豊永 章夫
近年普及が進む省エネ住宅。人々の生活を快適で便利なものにする一方で、様々なリスクもつきまとう。安心・安全・健康な暮らしを実現するため、スマートハウス向けの火災保険を開発した。

○2019年モデル コロナエコキュート
太陽光で発電した電力を簡易的に自家消費する機能を搭載
/コロナ
コロナの省エネ給湯機エコキュート2019年モデルは、全機種に「スマートナビリモコンプラス」を採用し、太陽光で発電した電力を簡易的に自家消費する機能を搭載している。太陽光発電の余剰電力の自家消費及び省エネルギー化に取り組んでいる。

○家庭用エコキュート ESTIA「6シリーズ」
太陽光発電の余剰電力を湯沸しに活用できる新機能を搭載
/東芝キヤリア
太陽光発電の余剰電力を湯沸しに活用できる新機能を搭載した東芝キヤリアの家庭用エコキュートESTIA「6 シリーズ」を紹介する。

○ソーラーチャージ機能搭載 パナソニックエコキュート
太陽光発電の余剰電力を有効活用
/パナソニック
快適な入浴と省エネを実現する独自の機能を数多く搭載するパナソニックエコキュート。なかでも太陽光発電の余剰電力を有効活用するソーラーチャージ機能に大きな注目が集まっている。

○「スマート給湯の暮らし」三菱エコキュート
三菱太陽光発電システムとの連携with三菱HEMS
/三菱電機
ひとつ上の「スマート給湯の暮らし」を提案している三菱 エコキュート。こだわりの快適機能、省エネ性能はもちろんのこと、電力自由化に対応し、さらに三菱太陽光発電システムとの連携で、よりお得な発電&給湯スタイルを実現する。

■トピックス
○屋外用エアコン「アウタータワー」
<真夏の屋外に涼しい風を届け、快適な空間を創造する>
/ダイキン工業/小玉 あい
近年、夏の暑さ対策や、屋外の快適性向上に対するニーズが高まっている。屋外暑熱対策設備として一般的な、ミスト発生装置・冷風扇・スポットエアコンの課題を克服し、真夏の屋外に『クールスポット』を創り出す、屋外用エアコン『アウタータワー』について紹介する。

○最適な睡眠環境を生み出すテクノロジー
<医師が良質な睡眠の為に開発した世界初「ふとんコンディショナー」>
/レイコップ・ジャパン/高吉史彬
世界初のふとんコンディショナーは、本体とエアマットにより快適な睡眠を実現しており、「最適な温度」「最上の寝心地」「最高の快適さ」をコンセプトに、入眠時はすぐに寝付け、就寝中にぐっすり眠り、起床時はすっきりとした目覚めの為の睡眠環境が可能である。

○誰でも使いやすいキッチンを目指して
/クリナップ/高橋 学
視覚障がい者の方々にキッチン体験会を開催しているクリナップ。IHクッキングヒーターをはじめ、同社の最新のシンク、レンジフードなどのシステムキッチンやシステムバスルームを紹介し好評を得ている。商品紹介とあわせその概要を紹介する。

■連載
○暮らしに生きるこだわりの生活家電-昭和・技術ノート-第32回
二槽式洗濯機
/生活家電研究家/大西 正幸
二槽式洗濯機の運転音で、とくに耳障りな不快音の発生原因として振動音がある。技術者を研究所に派遣し、計器を使って徹底的に調べると、洗濯モータと、脱水モータの振動音が洗濯槽に伝わっていることが判明した。洗濯槽に伝わった振動音は、スピーカーのように拡大し、より不快な音に変化していたのである。

○常識?非常識?暮らしのなんでも研究室
居住者の住み心地って何ですか?
/暮らし安心研究所/室 龍二
今回は基本に立ち返って、そもそも住み心地のいい家ってどんな家か検討していきたいと思います。今回も楽しみながらお付き合いください。住み心地のいい家にするために家族や住宅メーカー・リフォーム店の方と楽しみながら、進めていけると最高ですね。

○未来構想デザイン-未来のつくりかた
未来を構想しデザインする
/九州大学/尾方 義人
「未来を構想する」や「未来をデザインする」と言っても多くの人が「抽象的には共感するが、具体的にはよくわからない」という反応になりがちです。そこで本連載では、過去に私達がどんな表現や設計、アートやデザインで未来を考えてきたのか、そして今どんなプロジェクトで未来を作ろうとしているのかを考えていきたいと思います。

○IHクッキングヒーターで毎日おいしくcooking!第5回
IHのきほん 本格和食に挑戦
/Office OKUAKI/奥秋 曜子
本格和食に挑戦!かやくご飯、柚庵焼き、沢煮椀のレシピを紹介します。かやくご飯のIHポイントは、歯応えを残す程度の加熱が理想。立ち上がりが速いIHならではの加熱で美味しくできあがります。

○子育て真っ最中!団塊Jr.の住まい考154
美しい人
/藤原 千秋
四十肩でのリハビリ通いを余儀なくされている筆者。しかし医療機関で施術者と行うコミュニケーションが楽しみなのであまり苦にならない。人を癒す手は物理的なそれのみならず、心に触れる「手」もあることを綴った小文。

○にっこり・びっくり・たっぷりアジア 第81回
ベトナムで歯医者さんにかかる
/室蘭工業大学/内海 佐和子
ベトナムのホイアンでの調査に出発する少し前、歯が痛くなりました。でも、忙しさにかまけ治療をせずに出発。そして、悪化。結局、ホイアンで歯医者さんにかかる羽目に。歯医者さんは知らない。英語は片言。ベトナム語はダメ。そんな時、意外な救世主が現れたのです。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP