日工の技術雑誌

自動認識 2019年9月号
商品コード:
Ba1909

自動認識 2019年9月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:資産管理の工夫
○UHF帯RFIDを使った資産管理・持ち出し管理
/マーストーケンソリューション/小方 成恭
UHF帯RFIDを活用して、紛失や現場に持ち出す機材の忘れ物を防止。

○RAIN RFIDを用いたアセットマネジメントと最適化
/Impinj(インピンジ)
近年、アセットマネジメントの自動化による様々な現場での効果が明確になってきている。ImpinjのRFIDプラットフォームを利用することによって実現されるアセットマネジメントの事例として、医療現場にてコストやワークフローに大きな改善をもたらしているRAIN RFIDの導入事例を紹介する。

■Auto-ID Solution
○AIによるナレッジ検索の高度化
/JIEC/久次 光輝・森澤 千尋・大橋 洋舟
近年のAI技術の発達は、旧来のキーワード検索とは異なり、自然文での問合せに対する回答(ナレッジ)の提示を可能とした。本稿では、JIECのmanaBrainシリーズがAI技術を活用する仕組みと、認識精度向上のための考慮点や工夫について解説する。

○RFIDによる業務効率化サービスの紹介
/RFルーカス/上島 哲
独自開発した高度ソフトウェア解析技術によるRFIDタグのついた資産の(1)位置を高精度に特定できるサービス、(2)マット型リーダーの上を通るだけで自動入出庫管理ができるサービス、(3)自動的に位置をマップ上にプロットできるロケーション管理が可能なシステム、を紹介する。

○店舗をECオーダーの出荷拠点にRFID活用で理想的オーダーフルフィルメントを実現
/マンハッタン・アソシエイツ/平野 祐司
ECが拡大の一途を辿る中、一部小売業では実店舗を見直す動きが出ている。店舗に出荷拠点の役割を持たせ、顧客満足度向上につなげようとする試みだ。しかしその実現には、店舗に倉庫としての機能を付加し、全社在庫をリアルタイムに把握するための仕組みが不可欠になる。

○企業の課題に向き合って生み出したIoTソリューション
/IoTmobile/原田 和政
自社内に技術者を揃えていることで、様々な企業が求めるIoTを提供できる当社。高い技術力と、豊富な導入実績を元に提供する彼らのIoTには共通点がある。それは、「現場主義」という点だ。そんな彼らが作り上げた「現場が喜ぶIoTソリューション」を紹介する。

○伝承から電承へ
/KMC/大坪一紀・佐藤 声喜
近年、IoTによるSmart Factory化が進み、自動化やデジタル化で製造Q、C、Dの効果が期待されている。そのIoTを開発領域まで適応し、設計から生産技術までの部門と人をネットワークでつなぎ、「同じ失敗を繰り返さない」画期的なデジタル開発システムとその導入事例を紹介する。

■話題の追跡
○偽造防止が可能な電子署名付きJANシンボル
/テララコード研究所/寺浦 信之
JANシンボルはPOSシステムで販売管理に用いられている。JANシンボルは事業者以外でも作成可能である。また、誤り検出のみで誤り訂正の機能を有しない。そこで、二重符号化手法を用いて電子署名を実装し、安全性と読み取り性を向上させ偽造防止に適用可能とした。

○米国医療機器・IVD工業会におけるRFIDの推奨方式について
/米国医療機器・IVD工業会/前原 貴之・三崎 琢也・宮﨑 尚人・河合 誠雄・大石 希・横山 昭・増川 重之
米国医療機器・IVD工業会(AMDD)は、2019年5月、医療機器の流通に使用するRFIDの推奨書込み方式をGS1推奨方式とする決定を行った。同時に周波数帯もUHFを推奨することとした。高度管理医療機器、なかでも整形外科、循環器向け製品の流通においては、随所での検品作業や在庫管理に人手を多く必要とすることから、それら作業の効率化のためにRFIDの活用が有効である。書込み方式と周波数帯を業界として標準化することで、医療機器流通に携わるプレーヤー全体でのRFID利活用が一気に進むことが期待されている。

■プロダクトA
○音声認識技術を活用原稿テキスト作成の迅速化・効率化
/パナソニック システムソリューションズ ジャパン

■連載
○「デジタルファースト」で世界最先端デジタル国家をめざす 第6回
GDPRと個人情報保護法は同等の水準にあるか?
/波形 昭彦

○自動車産業用金属輸送容器のRFID管理 第19回
現場導入3
/自動認識コンサルタント/柴田 彰/東洋製罐グループホールディングス/清水 博長

○薬剤師の視点から見た医療安全と自動認識 第27回
「オンライン診療の適切な実施に関する指針」 解説5
/日本調剤/鈴木 高弘

○NFCで始める実践RFID 第83回
旅とNFC、再び
/ハヤト・インフォメーション/大坂 泰弘

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP