日工の技術雑誌

機械と工具 2019年8月号
商品コード:
I1908

機械と工具 2019年8月号

販売価格/
1,628 円(税込)
通常価格/
1,628 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
I1908
■特集:加工を支える自動化・省力化・ロボット、環境対応技術
○次世代ロボットシステム「ARMROID」
/オークマ/永瀬 隆
本稿では、加工現場の自動化改革と働き方改革を支援し、中小規模の事業所でも導入しやすい、工作機械とロボットが完全融合した次世代ロボットシステム「ARMROID」の開発の狙いと特徴について紹介する。

○ロボットによる着脱レス化の実際
/三和ロボティクス/沢 宏宣
スマート工場の構築には、「デジタル化(脳)」と「ロボット化(体)」の取り組みが必要になる。本稿では、ロボット導入を本格検討する企業営者に効率の良いロボット化の提案を行い、日進月歩のスマート化の波に乗り遅れることなく先を行く情報を紹介する。

○ロボット活用の可能性を広げるソフトウェア
/ジェービーエム/高野英之
本稿では、同社が取り扱っているロボティクスアプリケーション“OCTOPUZ”を利用することで、ファクトリーシミュレーションとオフラインティーチングの両方が行え、ロボット活用の必須の道具となることを紹介する。

○高性能研削油 ブラソグラインド GTC -次世代ベースオイル技術GTLのメリット-
/ブラザー・スイスルーブ・ジャパン/水上 修・井伊 済・望月淳美
加工現場では、生産効率向上と同時に、地球環境、作業環境、安全性が要求されている。本稿では、当社が安全で高性能を実現するべく新しいベースオイル技術を採用して開発したGTシリーズの研削油「プラソグラインド GTC7」について紹介する。

○切削油リサイクルの新技術
/TAMURA/佐藤拓尚
活水化装置ディレカが持つ特長を応用した「シャウバー」は、水溶性切削液や油性切削油を通過させると、切削液の悪臭を抑制させ、作業員の肌荒れが改善するなどの効果があった。また、潤滑作用や溶着防護作用、冷却作用が向上し、被削物の仕上がりや工具の劣化も改善できた。本稿では、シャウバーを使用した切削液の効果、仕組みについて紹介する。

○高硬度材の旋削加工におけるセミドライのcBN摩耗抑制と切りくず排出
/フジBC技研/伊藤 学
同社の提案するセミドライは、工具寿命の延長・面粗度の向上、生産効率の向上、洗浄工程の低減、切りくず処理の向上という一次性能だけでないシステム全体の改善が可能である。本稿では、高硬度材の旋削加工へのセミドライ化について詳細に報告する。

■注目製品
○次世代技術を支える“液晶潤滑剤”とその応用
/日本トムソン/北出憲充
液晶潤滑剤は、液晶化合物のみで構成され、その集合体どうしが潤滑状態を形成するという新たな潤滑剤である。本稿では、この液晶潤滑剤を同社の直動案内機器に封入し、既存の一般的なグリースや真空、低発塵など特殊環境用のグリースと比較した場合の性能について解説する。

■特別企画
○環境・省エネ・ロボット機器ガイド

■連載
○JIMTOF2018にみる工作機械の最新技術動向
-新時代「令和」における新大樹を探る-〈3〉
/日本工業大学/清水伸二
本稿では、旋盤、マシニングセンタ、研削盤を中心に、個別的にみられた技術動向について報告する。IoTプラットフォームとそれを活用したソリューションの提供が充実し始め、これらをいかに有効活用して、ものづくりにおける製造現場の見える化を実現するかが問われている。

○【海外技術動向】
「ニッチを越えて:宇宙・航空機部品の新たな製造スタイル ジェット旅客機から通信衛星まで、航空・宇宙産業では非従来型の生産プロセスの採用が続く」
/Manufacturing Engineering Contributing Editor/Kip Hanson/翻訳:GenerativeArrows/矢生晋介
ジェット旅客機には、数百万点ものさまざまな部品が必要となる。近年こうした部品の製造方法が大きく変化してきている。それは、政府が課す環境規制であったり、航空会社が要求する燃料コストの低減策である。そのため新しい材料や生産技術の採用が進んでいる。本稿では、その動向をレポートする。

○【加工の現場から】
「菊地歯車 株式会社」
/技術支援業/滝沢 満

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP