日工の技術雑誌

建設機械 2019年8月号
商品コード:
C1908

建設機械 2019年8月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:最新の建設機械応用製品、少数生産機種
○産廃処理向け油圧ショベル応用製品
/日立建機(株)/三田恭弘
社会的な環境意識の高まりや各種リサイクル法の施行などにより、産廃処理現場での油圧ショベルの活躍の場はより一層拡大している。そのニーズに対応するべくZAXIS-3シリーズからは産廃処理向けの装備品を標準で搭載した「防塵仕様機」を開発し、その後ZAXIS-5シリーズにモデルチェンジした。

○ホイールローダの応用製品
/日立建機(株)/入山博行
ホイールローダは、それをベースとして大幅な改造を施したもの、もしくは、その構造や部品・コンポーネントを流用した製品など、土木建設機械の範疇を超えて広くさまざまな分野の現場で活躍している。本稿では、そのような製品をホイールローダの応用製品として紹介する。

○土工用振動ローラ
/酒井重工業(株)/森田勝夫
本稿では、中〜大規模土工の締固め作業に威力を発揮する土工用振動ローラSV514を紹介する。

○小型振動タンデムローラ
/酒井重工業(株)/佐々木雄高
本稿では、特定特殊自動車排出ガス2014年基準に適合した新型小型振動タンデムローラSW504について、環境性、安全性、利便性の面から紹介する。

○地下工事に特化した油圧ショベル応用製品
/(株)加藤製作所/可児聖児・木村一博
本稿では、地上では見る機会が少ない地下で稼働する油圧ショベル応用製品であるショートリーチ仕様3機種についてその特長を紹介する。

○オールテレーンクレーン応用製品
/(株)タダノエンジニアリング/山本孝雄
公道走行では分解搬送が必要なオールテレーンクレーン。本稿では、狭い現場においても安全確実にトレーラへの素早い積み込みや積み降ろしが可能となるオールテレーンクレーン(AC)着脱リフターについて紹介する。

■技術資料
○重機搭載レーザー計測システムで出来形計測を省略
/(株)フジタ/渋谷光男・上原広行/ジオサーフCS(株)/浮田真樹
土工事で重機に搭載したレーザースキャナーの計測により、移動しながら現場内の任意の位置での面的な出来形座標を取得するシステムを開発した。本稿では、システムの概要とPRISMを活用した現場試行プロジェクトにおける本技術の検証結果について紹介する。

○映像IoTによる現場臨場の効率化に関する実験報告
/可児建設(株)/可児純子/(株)環境風土テクノ/須田清隆/(株)堀口組/西川 充/(株)愛亀/黒河洋吾
建設現場のICT/IoT化推進による「働き方改革」として、生産性向上とともに「安全性の追求」「社員満足度向上」など、多様な課題が求められている。本稿では、ICT/IoT化推進への取組事例と中小建設業の立ち位置で挑戦した実験的な試行結果とともに、効果的な映像撮影のためのガイドライン活用などIoT化に向けて工夫した方策について紹介する。

○機械学習と画像処理を用いた重機自動カメラ追従システムの研究開発
/芝浦工業大学/吉見 卓
多くの災害が発生している日本では早急な復旧工事が求められる一方で、二次災害が発生する恐れがあり、安全に復旧作業を行うために、無人化施工と呼ばれる遠隔操作の重機を用いた工法が導入されている。我々は、重機の遠隔操作の現場に必ず設置されているカメラの映像を利用し、その画像処理の結果を用いて重機を自動追従する手法、システムの開発を目指した。

○コンクリート内部の水分組成を表現する
/千葉工業大学/内海秀幸
供用開始以降のコンクリートの水分状態を把握することを目的として、示方配合の結果を直接利用可能な形式で、水和反応の進行にともなって変化する水分組成を表現する数理モデルを提示する。

○軽量で高耐久な床版を実現するUFC道路橋床版
/東京工業大学/二羽淳一郎/阪神高速道路(株)/鈴木 英之/鹿島建設(株)/一宮 利通
UFC道路橋床版は、超高強度繊維補強コンクリート(UFC)を用いた軽量かつ耐久性の高い道路橋床版である。本稿では、UFC床版を阪神高速道路玉出入路橋の床版取替え工事に適用した事例を紹介する。

■製品紹介
○次世代油圧ショベルの革新性
/キャタピラージャパン(同)/三富亮治

○レーザースキャナー式土量計測システム
/(株)演算工房/伊藤昭博

■展示会レポート
○bauma 2019
/メッセ・ミュンヘン日本代表部

■業界情報
○2019年3月度/建設機械出荷金額統計
/(一社)日本建設機械工業会

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP