日工の技術雑誌

油空圧技術 2019年6月号
商品コード:
Y1906

油空圧技術 2019年6月号

販売価格/
2,178 円(税込)
通常価格/
2,178 円(税込)
Y1906
■特集:大型機械・施設を支えるフルードパワー
○巻頭言:大型機械・施設を支えるフルードパワー
/協立機電工業(株)/落合正巳
電動化の進む今日ではあるが、建設機械、船舶、圧延機、建築物といった大型機械・施設には、高出力で大きな力を得られるフルードパワーの適用は必須である。フルードパワーの特長を活かした大型機械・施設への各種適用事例を紹介する。

○実大三次元震動破壊実験施設について
/(国研)防災科学技術研究所/中村いずみ
1995年の兵庫県南部地震の被害を受け、構造物の地震による破壊メカニズムの解明、地震防災関連技術の開発などのため、実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)が建設された。本稿ではE-ディフェンスの施設概要および活用事例について紹介する。

○シールド掘進機における油圧システム
/川崎重工業(株)/保圡田亮
当社は、地下鉄や道路、上下水道用トンネルの掘削に用いられるシールド掘進機を、半世紀にわたり1,400台以上製作してきた。本稿では当社で製作したシールド掘進機と油圧システムの適用事例について紹介すると共に、今後の課題について紹介する。

○マイニングショベルの油圧システム
/日立建機(株)/石井伸弘
マイニング油圧ショベルにとって燃費効率の向上は重要な課題の一つであり、これは様々な油圧技術の貢献によって達成されるところが大きい。その中でもフロントアタッチメントを上下動する油圧回路に採用した大流量再生弁の開発について紹介する。

○新型ラフテレーンクレーン
/タダノ(株)/福森康裕
2018年9月に発表した新型ラフテレーンクレーンCREVO 1000 G4はコンパクトな車体はそのままに、日本市場向けの公道走行可能なラフテレーンクレーンとして最大の吊上げ性能を有している。本機の性能・機能・技術について紹介する。

○船と電動油圧舵取機
/川崎重工業(株)/下舞高志
船舶の舵を駆動する装置を舵取機といい、動力発生、伝達手段として油圧が用いられている。舵取機のアクチュエータや制御方式はいくつかの方式があり、それぞれに特徴がある。また、船舶の航行に欠かせない重要な装置のため、万一の事態でも冗長性が考慮された設計となっている。

○超大型油圧システムと世界最大「200m重錘式グラブ浚渫船」
/(株)小島組/前田武俊
本稿で紹介する「200m3 重錘式グラブ浚渫船」は、一掴み10トン車40台分の世界最大の容積を持ち、省エネルギー率47%と言う圧倒的な数値を達成。また、その基盤として超大型油圧システムを採用し、超大型かつ超過酷仕様での使用を実現している。

■製品と技術
○回路設計者のための設計シミュレーションソフト
/(株)伊東商会/渡邉千尋
多種多様な業種、職種の方にご利用いただいている「回路設計・シミュレーションソフト Automation Studio プロフェッショナル版」について代表的な五つの特徴を紹介する。油圧、電気制御システムを構築する開発・設計者にとっては設計業務の改善、工数の削減ができる画期的なソフトウェアとなる。

■連載
○ゴルフパロディ百人一首(第11回)
/北川楊篤

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧ポンプ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP