日工の技術雑誌

画像ラボ 2019年4月号
商品コード:
Ga1904

画像ラボ 2019年4月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■解説
〔FA〕
○ホビー用RGB-Dカメラの産業用途適用のためのビジョン技術とその限界
/(国研)産業技術総合研究所/西 卓郎・増田 健・喜多 泰代・佐藤 雄隆
産業用システムの三次元点群入力装置としてホビー用RGB-Dカメラを使用するために必要となる校正技術、位置姿勢推定技術およびシステム構築技術について述べ、要求精度±1mm程度までの作業の自動化に適用可能であることを示すと共に、実運用システムに投入する際の問題点を明確化した。

〔外観検査〕
○高階調カメラを用いた粗面円筒内部の凹凸欠陥検出
/岐阜大学/加藤 邦人・長谷部 瑛久/長野オートメーション(株)/山浦 孝・山浦 研弥
本研究では、レーザー光計測では検出が困難である粗面円筒製品の内面に生じている軽微な凹凸欠陥を目的とする。目的を達成するために、高階調カメラを用いて観測された時系列画像から欠陥輝度成分のみを抽出し、さらに、凹凸欠陥形状特徴を抽出するリングフィルタを用いた欠陥検出手法を提案する。提案手法の有効性を示すために、粗面円筒内部に付加した擬似凸状欠陥に対して検証実験を行った。結果より、粗面円筒内部に生じた非常に軽微な凹凸欠陥の検出に有効であることを示す。

〔認識〕
○宅内行動認識AIによるパーソナルトレーニングシステム
/(株)KDDI総合研究所/田坂 和之・徐 建鋒
スマホなどのカメラ画像だけで人物の骨格や姿勢を高精度に推定することで、人物の細かな行動を認識可能とする宅内行動認識AI技術を紹介するとともに、本技術の活用事例として自宅トレーニングでのアドバイスを行うパーソナルトレーニングシステムを紹介する。

〔AR・VR〕
○モバイルARによる実物体の質感再現システム
/埼玉大学/恒崎 正滋・野村 涼太・小室 孝/都立産業技術高等専門学校/山本 昇志/千葉大学/津村 徳道
本稿ではモバイルARを用いて実物体の質感を再現することができるシステムを紹介する。このシステムでは、実物体の3次元形状と反射特性の計測によって生成された3Dモデルがモバイルディスプレイを通して実シーンに重畳表示され、ユーザ自身の手によって掴む、回転するといったインタラクションを可能にするARシステムである。

〔マルチモーダル〕
○画像キャプション生成とその派生タスク
/オムロンサイニックエックス(株)/牛久 祥孝
本稿では、画像の内容を自然言語で説明する文を生成するタスクである、画像キャプション生成について紹介する。深層学習以前からの歴史や最近の発展のほか、本研究課題を契機に広がるVision and Languageと呼ばれる学際領域について触れ、ビジュアル質問応答など種々のタスクを紹介する。

■特集:シート・フィルム・ウェブ外観検査とマシンビジョンテクノロジー
○AI検査の試行例と高速・高解像度シート表面検査装置の優位性
/池上通信機(株)/谷本 尚之・新倉 弘剛
AI検査の試行例として、ディープラーニングによる欠陥分類の実験を紹介する。そのほかに、当社が開発したシート表面検査装置PIE-650を紹介する。PIE-650の優位性に着目し、当社独自のFlexible Detector、業界最高水準の高速・高解像度検査能力を説明する。

○シート・フィルム・ウェブ外観検査に有効なラインセンサカメラ
/AIC-VISION(株)/吉川 茂男
ラインカメラは、画像の連続処理で高速検査や、高画素で長尺ものの検査が高解像で可能である。高速で高画素のCMOSセンサが開発され、リニアCCDセンサから、さらにラインカメラの有効性が高まっている。本稿では、当社が取り扱うBAP Image Systems社の技術や製品と、アプリケーション事例を紹介する。

○ラインセンサ外観検査システムの構築方法
/キヤノンITソリューションズ(株)/稲山 一幸
シート・フィルム・ウェブ・印刷検査など対象ワークが連続的に移動する検査システムにおいての最新撮像デバイス情報から撮像制御、システム構築に関連する技術ノウハウについて紹介する。

○製品品質ニーズの高まりに対応したウェブ外観検査装置
/東芝デジタルソリューションズ(株)/新井 規之・前之園 克美・松田 光司
精密機器の小型化に伴い、その素材となる材料に対する品質要求も飛躍的に高まっている。また、重大なクレームの原因となり得る虫・カビなどの欠陥は、消費者に生理的嫌悪を与え、企業イメージにも悪影響を及ぼす可能性がある。このような製造メーカの課題を解決する「ウェブ外観検査装置」を紹介する。

○検査システムの更なる進化 印刷現場の品質向上に貢献する検査技術
/ナビタスビジョン(株)/河村 拓海・宇野 慶太
シート、フィルム製品の印刷品質検査を、カメラによる自動検査で行う場合の難易度は高い。それを解決してきた、当社の独自技術である「印刷物の特徴を捉えた検査技術」を、ソフトウエア技術の視点から、また各印刷工程に沿ったソリューションとして紹介する。

○高速・高感度の新CMOSセンサを採用したラインスキャンカメラ
/日本エレクトロセンサリデバイス(株)/高田 謙二
ラインスキャンカメラメーカーである当社は新たなラインスキャンカメラシリーズを開発した。Ryuganシリーズは高速・高感度のCMOSラインセンサを使用しており、Camera Linkインターフェース3機種とCoaXPressインターフェース3機種を市場に投入する。

○偏光高速度カメラを用いた高機能フィルム検査技術
/(株)フォトロン/上野 裕平
当社は偏光状態を画像化する高速度カメラ「CRYSTA」をコア技術とした、フィルムやガラスの光学ムラを検査するシステム「KAMAKIRI」を展開している。本稿ではフィルム市場からのニーズや利用シーンについて紹介する。

○フィルム検査装置
/(株)メック/榎本 淳
業界を問わず、『生産ライン』としての恒久的な課題は、生産性の向上、品質の向上、歩留まりの向上だと考える。検査装置自体は何かを生み出す装置ではないが、本課題を解決する為の必須な装置として運用されている。検査装置としては、求められる品質に対する適正条件を容易に設定でき、長期間の安定稼働ができるように対応している。本稿では欠陥検査装置「LSC-6000シリーズ」としての基本技術に加え、日々移り変わる検査要求へ対応する為の応用技術例、安定した運用に必要な機能と対応について解説する。

○マシンビジョンにおけるFPGA画像処理開発の今
/(株)リンクス/齋藤 亮
シート・フィルム・ウェブ外観検査では、高速性、リアルタイム性が重要なキーワードとなっている。Visual Appletsの開発元であるSilicon Software社では、超高速画像処理を可能とするFPGAを専門知識なしに活用するための製品を市場に提供している。本稿では、その独自性と優位性をアプリケーション例とともに紹介する。

○超高輝度ラインセンサー照明
/レボックス(株)/西條 敦史
レボックス(株) 西條 敦史ラインセンサーにおける、透過・反射どちらにも対応しうる超高輝度タイプの製品。高速ストロボによるOn-Off高速応答性、均一性コントロールのための5点リニアリテイ補正機能、LAN接続など、小ロット多品種検査の為の機能を紹介する。

■コラム マルコーニの彼方へ 222
○大人の発達障害と、生きづらさの近代
/ヤマネコ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP