日工の技術雑誌

プラスチックス 2019年2月号
商品コード:
S1902

プラスチックス 2019年2月号

販売価格/
1,628 円(税込)
通常価格/
1,628 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:成形技術を使いこなす 〜ブロー・発泡・回転・プレス・押出・ディッピング
近年、射出以外の成形技術の進展が著しく、注目を集めています。本特集では、ブロー・発泡・回転・プレス・押出・ディッピング成形の現況を紹介して頂きました。製品開発のヒントにして頂ければ幸いです。

○サクションブロー成形の特徴と応用展開
/東レ(株)/小林 誠
樹脂製中空部品は形状の複雑化に伴い、部品点数を増やすことのない量産成形技術が求められている。本稿では、複雑中空形状を一点ものとして工業的に量産成形する 3Dサクションブロー成形技術を紹介する。

○多層圧縮成形法による多層容器の成形
/東洋製罐グループホールディングス(株)/東 利房
多層圧縮成形法による多層 PPカップの成形法について紹介する。まず従来技術である多層シート押出後サーモーフォーミングする方法と多層射出成形法と比較しながら、当成形法の利点について述べる。次に各成形工程について説明し、最後に容器適用事例について触れる。

○1ステップ射出延伸ブロー成形サイクルタイム短縮への取り組み
/日精エー・エス・ビー機械(株)/土屋要一
当社が開発した新成形プロセス技術「ゼロ・クーリング法」は、4ステーションシステムの優位性をアピールし、大幅にサイクルタイム削減をしながら、生産性を飛躍的に向上させ、同時に容器物性や外観を向上させる画期的な成形方法である。

○耐熱難燃フォームの特徴と事例
/(株)イノアックコーポレーション/桐山卓也
イノアックコーポレーションでは、各種発泡体の取り扱いがあるが、今回その中から、高機能特殊発泡体の一例として、耐熱難燃フォーム「NanNex」を紹介する。本編では、本製品の概要、成形方法、特徴、さらに用途例と幅広く製品に関する情報を紹介する。

○押出高発泡技術の特徴と事例
/DMノバフォーム(株)/田口 進・三宅祐治・田中洋一郎・小池裕之
当社は設立以来、押出発泡成形によって得られた高発泡(発泡倍率 30〜40倍)樹脂製品で事業を展開している。本稿では高発泡成形技術の特徴と事例について紹介する。

○回転成形の特徴と製品事例
/ダイライト(株)/小原省一
本稿では回転成形の概略工程と代表的な成形機、成形時の金型内部の温度推移による成形状況について述べ、各種回転成形品(容器類と特注品)について紹介する。

○VPI成形による複合材製造
/(株)GRPジャパン/中村泰斉・南江章雄
VPI(真空プレスインフュージョン成形)は FRP型/金型などに強化材を配置した後特殊シリコンフィルムで覆い、真空圧で型締めも同時に行い漏斗を用いて樹脂を投入し含浸させていく方法である。本稿では VPIによる複合材製造を紹介する。

○不織布のプレスによる樹脂多孔体の成形
/(国研)産業技術総合研究所/相澤崇史
新しく開発した二酸化炭素で樹脂を可塑化して圧着する手法に関して、装置、処理手順、接着原理、接着強度、応用分野について解説する。本手法の利点は、室温処理で処理時間が短く、不純物の混入なしに、薬剤担持が簡単な樹脂多孔体を製造可能な点である。

○2.5D FEMに基づく押出成形解析技術と展開
/(株)HASL/谷藤眞一郎
本稿では、プラスチック押出成形工程の実用的な解析に適した各種シミュレーションソフトウェアで採用されている 2.5D FEM(Finite Element Method)の特長やその応用展開、及び周辺関連技術について平易に解説する。

○スラッシュ成形の特徴とソフビフィギュアの製作
/(株)シカルナ・工房/宮澤カオリ
ソフトビニール、通称ソフビと呼ばれる人形等を製造している当社が、ほぼ手作業であるその製法を紹介する。メイド・イン・ジャパンの品質が評価され、今や「子供の頃に遊んだ懐かしい玩具」ではなくなっているソフビの現状と今後の展望について触れる。

■一般記事
○〈解説〉同一素材による自己強化プラスチックの特徴と適用事例
/ダイヤテックス(株)/若林千里

○〈解説〉天然石英石/MMAのハイブリッド蓄光材料の特徴と事例
/(株)ドペル/井上之彦

■連載
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第65回
/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美

○高分子成形材料の耐用年数 第4回(最終回)
/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹

○これ、プラスチックで作りました 第26回
/(株)タグチ工業/岡田康弘

○ちょっと気になる企業・技術と耳より情報 第11回
/知財経営研究社/松平竹央

○のぞいてみよう、バイオミメティクス 第14回
/日本文理大学/原田敦史

○世界のバイオプラスチックは今 第14回
/ITIコンサルタント事務所/猪股 勲

○大自然を科楽する 第34回
/青野哲士

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP