日工の技術雑誌

油空圧技術 2018年12月号
商品コード:
Y1812

油空圧技術 2018年12月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:フルードパワーにおける品質工学の活用と展開
○品質工学の基礎とパラメータ設計
/日本大学/矢野耕也
品質工学のパラメータ設計は、複数の条件から最適解を選択し、品質改善を図る方法として知られている。安定性を重視するためにロバスト設計ともいわれるが、誤差条件の取り扱いが独特である。本稿では、パラメータ設計の基礎的な考え方と手順について概略を紹介する。

○品質工学のすすめ
/(株)小松製作所/細井光夫
品質工学は理解すれば非常に合理的である。2006年品質工学導入、2011年必須研修化、2016年に研修の比重を実務に移し、創立100周年に当たる2021年での業務改革に品質工学を適用しとうとしている当社の取り組みを参考に、品質工学の良さを紹介する。

○航空機用エンジンの設計・製造における品質工学の活用と技術戦略への展開
/(株)IHI/高松喜久雄
当社は技術と人材を重視したものづくり企業である。航空・宇宙・防衛事業領域では当社独自技術を活かした高い開発・設計技術力を身に付けるために1994年に品質工学を導入し、現在まで途切れることなく品質工学の活用を続けてきた。その取り組み内容について紹介する。

○ギヤポンプの効率改善
/(株)小松製作所/小寺健幸・金丸健二・飯谷英史
今回、ギヤポンプのシミュレーションを行い、目的として(1)シミュレーションという製品の良否、(2)シミュレーションにより作成される製品の良否について行った結果を紹介する。

○QFD-TRIZ-タグチメソッドの連携
/(株)コガネイ/保坂周一
商品企画・設計プロセスとして、QFD・TRIZ・タグチメソッドの連携で発売まで行った高速2ポート弁K2シリーズの事例を紹介する。

○ロケット用ターボポンプのロバスト最適設計
/(株)IHI/久保世志・都丸裕司/(国研)宇宙航空研究開発機構/川崎 聡・矢田和之
ロケット用ターボポンプのタービン、インペラ、軸受などの構成要素の配置配列と寸法に対して標準偏差と応答曲面を援用し新たに構築したロバスト最適化の枠組みとその適用事例を紹介する。

○多板クラッチの油圧作動システムにおける油圧応答性の最適化研究
/(株)ユニバンス/鈴木達哉
多板クラッチの油圧作動システムにおける油圧応答性を向上させる最適な仕様を効率的且つ効果的に見つける為に、品質工学と解析モデルでの油圧応答シミュレーションを用いて解析を行った。今回の解析で油圧を発生させる駆動源の性能UPに頼らず、他のスペックで応答性を向上させることができたので、その手法と結果について紹介する。

○統計解析業務パッケージ
/(株)日本科学技術研修所/片山清志・冨田真理子
多板クラッチの油圧作動システムにおける油圧応答開発や設計、製造、品質管理等の現場で広く使われている統計解析のスタンダードソフトウェア「JUSE-StatWorks/V5」を紹介し、パラメータ設計の事例を紹介する。

○1DCAE×品質工学連携ツール
/ニュートンワークス(株)/山梨敏数
開発初期段階におけるロバスト検討は、個別設計の仕様を決める上で重要な設計プロセスの一つである。本稿では、開発初期段階に有効な1DCAEと、ロバスト最適化の手法の一つである品質工学を連携させたツールを紹介する。

■製品と技術
○油圧ブレーカの構造・原理、キー技術について
/東空販売(株)/島田大新
建設・土木工事に不可欠な油圧ショベルは、先端に各種アタッチメントを装着する事で様々な作業が可能になるが、その中でも今回はコンクリートや岩盤破砕等に使用される油圧ブレーカについて、その歴史・生い立ち〜構造・原理〜キー技術を紹介する。

■連載
○ゴルフパロディ百人一首(第8回)
/北川楊篤

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油空圧用シールとパッキン

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP