日工の技術雑誌

計測技術 2018年11月号
商品コード:
A1811

計測技術 2018年11月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:機能安全システムの最新規格動向と国内の取り組み2
○エマソンが提供する包括的安全計装製品群
/エマソン・オートメーション・ソリューションズ/荒木高志・川邊之伸・斉藤秀一・廣瀬愛也
本稿では、包括的なポートフォリオを備えた当社の操作端、論理演算部に該当する機能安全製品とソリューションについて紹介する。

○安全計装ソリューションの特長と国内での取り組み
/ABB日本ベーレー(株)/福田宏明
当社のDCSおよびGlobalで展開している安全PLCの概要と実績を解説し、昨今の安全計装における国内のニーズ、および国内導入に向けた当社の取り組みについて紹介する。

○安全と生産性を両立するバーナマネジメントシステム
/日野システック(株)/田代久登
ドイツ・HIMA社は、新たにバーナマネジメントシステム、HIMatrixCSGシリーズを開発した。このシステムはあらかじめバーナマネジメントに必要なプログラムが組み込まれており、機能安全およびバーナに関する国際規格にも適合している。ここでは、このHIMatrix CSGの特長と用途について紹介する。

○機能安全を備えた絶縁形防爆バリア
/(株)大同工業所/堀 康裕
防爆上における安全保持器の役割と絶縁形バリアを使用する利点について述べるとともに、当社の機能安全に対する取り組み内容と当社製品である防爆バリアDB10シリーズの特長について紹介する。また新規防爆検定を取得する利点と当社の対応について紹介する。

○安全計装システム用SIL認証取得フィールド機器
/アズビル(株)/植岡昌治・鈴木啓生
新設プラントでの採用が増えている安全計装システムへの適用が可能な、SIL認証を取得したアズビルの差圧・圧力発信器、空気式調節弁、スマートESDデバイスについて、認証取得のための技術評価プロセスや、適用事例について紹介する。

○ロックウェル・オートメーションの安全計装PLC
/ロックウェル オートメーション ジャパン(株)/吉住英一
当社のSafety PLC、Trusted(トラステッド)・AADvance(アドバンス)ControlLogix(コントロールロジックス)についての性能とアプリケーション等を紹介する。

■製品と技術
○工場の「見える化」に最適な表示型伝送器
/グローバル電子(株)/大谷浩之
工場の「見える化」への取り組みが進められるなか、プロセス値を現場で表示しかつ伝送したいというニーズが高まっている。そこで表示型伝送器であるPRエレクトロニクス社製7501を紹介しながら、効果的な使い方を提案する。

■連載
○制御技術開発物語9(最終回)
第3話 完全2自由度PID制御方式(その3)
/ワイド制御技術研究所/広井和男
新技術の開発・実用化・体系化・企業への貢献を推進し高めるには「特許戦略と認知活動」が極めて重要であることを筆者の実体験やこぼれ話で紹介し第3話を終了する。連載した制御技術を「制御対象特性や制御上のニーズ」に合わせて、変形・加工・組合せて適用することが大切あることを連載最終の提言とする。

○マスフロー千夜一夜物語 第48回
/EZ-Japan/黒田 誠
「質量流量計」に分類される熱式流量計を応用した流量制御器=マスフローコントローラを使用するラインでのガスサージは、下流に位置するワークに深刻なダメージを与えることがある。今回はこのガスサージの原因と、その対処方法を紹介する。

○防爆と機能安全6
防爆機器の製造と保守
/(株)イーエス技研/土屋基是
防爆機器を製造する際の文書と記録の管理、教育訓練、部品の購入方法、製造時の注意点、測定器の校正方法などを紹介する。保守サービスでは、作業記録の管理、保守担当者の教育訓練、取説の重要性、防爆機器の保守項目、改造に該当する作業などを紹介する。

○ガス流量計測のはなし 第120回
流量計108 ガスメータの基礎(26)
/東京メータ(株)/小林 駿
今回の「ガスメータの基礎 」は、水素社会への対応の可能性についての調査結果の第9回。超音波式ガスメータとして電力メータを含め、双方向機能をアップしたメータをスマートメータと呼称しているので、今回は調査から離れて「スマートメータ」の現況について報告する。ガス燈は、ドイツのガス燈を紹介する。

■コラム
○第29回 メーカーのサービス部門の革新
/山﨑弘郎

■製品ガイド
○計測展 2018 OSAKAの見どころ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP