日工の技術雑誌

住まいとでんき 2018年11月号
商品コード:
D1811

住まいとでんき 2018年11月号

販売価格/
1,490 円(税込)
通常価格/
1,490 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:電気のある暮らし
○給湯革命から建築物省エネ法に至るまでのエコキュートの取組み
/東京電力ホールディングス/小林 和幸
今から17年前、「給湯」の省エネルギーを目指し開発された家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機が「エコキュート」の愛称で発売された。環境問題等に対する関心の高まりを背景に、2018年6月末時点では累計600万台(約601万9千台)を突破し、年間平均約40万台と堅調に出荷されている。そんなエコキュートの給湯革命から建築物省エネ法に至るまでの取り組みの歴史を紹介する。

○太陽光発電システム搭載邸のエネルギーゼロ達成度及び蓄電池搭載邸の運転実績調査の最新動向
/積水化学工業/塩 将一
実邸のHEMSデータを使って、タイトル内容の調査を行った。対象邸の3分の2がエネルギーゼロを達成しており、実現に向けたハードルは下がった。自給率向上に向けた蓄電池に関しては、まだ課題が多くあり、製品、運用のレベルアップが必要である。

○小空間マルチカセット形『ココタス』エアコンがなかった非居室にも設置可能な業界最小サイズの室内機
/ダイキン工業/乗富 麻美
住宅内で暑さや寒さを我慢しており、ヒートショックの原因にもなりやすい、非居室向けに発売したエアコンを紹介する。新築・既築問わず提案できる仕様を備え、非居室ならではの使われ方に合わせた機能を搭載しており、非居室を暮らしを楽しむ空間に変える提案を進めていこうとしている。

○「AI」で室内空気環境を先読み 空気清浄を実現するパナソニックエアコン エオリア
/パナソニック/倉田 理
パナソニックエアコンのエオリアは「健康」「快適」「省エネ」「デザイン」「スマート」の5つのコンセプトを基軸に商品開発に取り組んでいる。今回は今秋発売のXシリーズについて『AI先読み空気清浄』機能を中心とした新搭載技術や進化ポイントについて紹介する。

○日立ルームエアコン「白くまくん」プレミアムXシリーズ 熱交換器&ファン自動掃除の新機能「凍結洗浄ファンロボ」搭載
/日立ジョンソンコントロールズ空調/神野 憲之
エアコンの内部クリーンに取り組む日立エアコンの新製品は、熱交換器を自動で洗浄する「凍結洗浄」を進化させた「凍結洗浄ファンロボ」を新たに搭載することで、ファンのホコリも自動で掃除できるようになり、一歩進んだエアコン内部の自動掃除を実現した。

○暮らしを支える太陽光発電の未来 日本の主力エネルギーとして
/太陽光発電協会/増川 武昭
太陽の光を電気エネルギーに変え、人々の暮らしに恩恵をもたらす太陽光発電。近年、導入量が加速度的に伸びてきた。FIT制度導入後から今日までは、メガソーラー等の発電事業用を中心に成長してきた。これからは、発電事業用以外に、自家消費をベースとした分散型電源として、地域に根差した人々の暮らしに近い場所での成長が期待される。太陽光発電の現状と未来について紹介する。

○家電および小型家電のリサイクル制度について
リサイクルの推進と循環型社会の構築に向けて
/環境省/中根 大輔・加地 淳志
家庭用の電気電子機器のリサイクル制度には2種類ある。一つは家電4品目を対象とした家電リサイクル法であり、もう一つは4品目以外の幅広い家電を対象とした小型家電リサイクル法である。これらの法律・制度について、概要やその意義などを紹介する。


■オール電化事例紹介
○サザンユニゾン北大(北海道札幌市)
学生さんと親御さん、そしてオーナーにも安心なネオキュートを採用したスタイリッシュなオール電化賃貸マンション
/木村工務店
北海道札幌市の学生向け賃貸マンションでは初となるネオキュートを採用した電化マンション「サザンユニゾン北大」が今年2月に完成。目指したのは入居者と管理者双方のメリット。管理会社の経営者・オーナーである代表取締役木村和仁氏に採用理由を聞いた。

○玉村物語 虹色のマチ TAMAMURA 次世代スマートタウンプロジェクト
「豊かな住空間」を創出する
/トヨタウッドユーホーム
栃木県を中心に「生活総合産業」を追求する企業として住まい手から大きな信頼を得ているトヨタウッドユーホーム。同社の住まいづくりへの思いと、東京電力エナジーパートナーと共同で取り組む「次世代スマートタウンプロジェクト」を導入している大型分譲事業「虹色のマチTAMAMURA 玉村物語」について代表取締役社長 中津正修氏に話を聞いた。

○つなぐモデルハウス「とこしえ」
古き良き伝統と新技術が織り成す未来の住まい
/デザオ建設
自然や街、人々とのつながりこそが、京都らしい豊かな住まいを支えてきた。小さなエネルギーで豊かに暮らす。デザオ建設の古き良き伝統と新技術が織り成す未来の住まい「つなぐモデルハウス「とこしえ」を紹介する。

○ザ・パークハウス塚口(兵庫県尼崎市)
エコキュートで環境にやさしく、家計にうれしいエコな暮らしを実現
/三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスによるマンションブランド「ザ・パークハウス」。ユーザーが末永く安心して快適に暮らし続けていくための「暮らしの品質」を高め、かつ、「一生もの」にふさわしい価値を提供し続けている。そんな同社が手掛けるオール電化マンション「ザ・パークハウス塚口」を紹介する。

○エネルギアの家 ちゅーピー住宅展示場 モデルハウス
最新オール電化住宅紹介
/中国電力
オール電化で、24時間全館換気冷暖房システム「エアリゾート」と高気密高断熱なツーバイフォー工法が特色の、空気・エネルギー・空間で自由設計をかなえる家が広島市に登場! 『便利・快適・お得な暮らし』を実現できる最新オール電化住宅を紹介する。

○ジュウデンスルイエ
暮らしをデザインする家 家づくりのその先にある暮らしを大切に
/ラ・カーサ
お客様からの希望を家という形に写し出す提案力の高さを強みとしているラ・カーサ。家づくりのその先にある暮らしを大切にしたいとの想いから、同社が手掛けたオール電化住宅「ジュウデンスルイエ」について、同社 安城店 店長 熊澤治樹氏に話を聞いた。

○家事動線や回遊性が快適なオール電化住宅 沖縄県中頭郡読谷村 C様邸
機能性とデザイン性を備えた先進の住まいが、心のゆとりも実現
/Style Create一級建築士事務所
沖縄本島中部の読谷村に位置するC様宅は、実家に隣接したオール電化住宅で、ゆったりと過ごせるホテルのような住まい。家事動線に配慮した回遊性の高い間取りやIHクッキングヒーター、エコキュートに加え、最新の自動水栓のセンサー機器も導入した。

■トピックス
○超高齢社会の安心・安全な住まい・キッチン・リフォーム
/Office OKUAKI/奥秋 曜子
日本は世界に類を見ない高齢社会である。長く健康に暮らせるように様々な家電や住設機器を活用し、自立した生活ができるようにしたい。中でもキッチンは非常に重要である。リフォームを例にその重要性について述べる。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP