日工の技術雑誌

油空圧技術 2018年11月号
商品コード:
Y1811

油空圧技術 2018年11月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:フルードパワーのエネルギー回生・貯蔵技術
○エネルギー回生型MRダンパ
/横浜国立大学/森下 信
機能性流体として実用化が進んでいるMR流体の解説を行った後に、主な応用機器としてのMRダンパの代表的特性を示す。さらに、エネルギー回生機能を付加するための機構と、その特性について紹介する。

○圧縮空気エネルギー貯蔵システム開発・実証
/(一財)エネルギー総合工学研究所/蓮池 宏/(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構/岡山 仁
NEDOでは、風力発電等の自然変動電源の出力変動対策の一つとして圧縮空気エネルギー貯蔵システムの実証試験を実施している。本稿では、当該事業における圧縮空気エネルギー貯蔵システムの開発状況・実証ついて紹介する。

○油圧アキュムレータの構造、用途と状態監視
/(株)ハイダック/秋本義和
アキュムレータの種類、その用途、構造を簡単に説明し、その選定条件、注意事項等を列記する。当社の選定ソフトプログラム、機械のダウンタイムを減らす為にアキュムレータ内部の状態監視用センサー類を紹介する。

○電油ハイブリッドシステムによるエネルギー回生
/川崎重工業(株)/近藤哲弘
産業界で油圧に携わる者にとって、省エネルギーを実現する油圧装置を製造・適用することは、環境保護の観点でプロが担うべき社会的責務でもあり、社会貢献でもある。本稿では、当社エコサーボによるエネルギー回生が機械に適用された例を紹介すると共に、油圧装置のエネルギー回生技術の基本的考え方からグローバルな最新トレンドまで紹介する。

○エアコンプレッサの廃熱利用
/三浦工業(株)/岡本裕介
熱回収式電動エアコンプレッサで従来棄てられていた圧縮熱を高温水に変換し、高温水の使用先としてボイラシステムと組み合わすことで未利用熱を有効活用することができる。新しい観点でのコンプレッサの省エネを提案する。

○フリーエネルギー駆動の自動栽培システム
/ネイチャーダイン(株)/中島啓一
現在のすべてのハイテク技術は「進化の限界」に直面している。その壁を打破する為には更なる微細化・精密化の探求ではなく、自然科学の有機的な構造技術の探求が必要である。

○売電を可能にするマイクロ水車
/NTN(株)/伊藤隆志
地球温暖化やエネルギーミックスへの関心の高まりから、水力発電等の自然エネルギーの需要が急速に高まっている。当社では、自然エネルギーを利用した商品の開発を進めている。本稿では、系統連系を可能にしたNTNマイクロ水車の開発状況および特長を紹介する。

○高寿命と安全性を兼ね備えた水素ステーション用7000系アルミ合金製複合蓄圧器の開発
/サムテック(株)/東條千太
水素ステーションの安全性・利便性・経済性に対し、極めて重要な役割を果たし、東京オリンピック以降の普及期に必要とされる高寿命と安全性を兼ね備えた水素ステーション用複合蓄圧器(7000系アルミ合金製複合蓄圧器)について紹介する。

○管水路用小型マイクロ水力発電システムの開発と実証
/ダイキン工業(株)/沢田祐造
発電電力量を最大化し、設置スペースと導入費用、維持管理費用を最小化する費用対効果の高い、高効率、低コストでパッケージ化された管水路用マイクロ水力発電システムの概要と特長、導入事例について紹介する。

■H&P情報
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○「第29回日本国際工作機械見本市JIMTOF2018」出展機種別製品ガイド
○油圧モータ

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP