日工の技術雑誌

機械と工具 2018年11月号 PDF版
商品コード:
I1811

機械と工具 2018年11月号 PDF版

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
I1811
■特集: 第29回 日本国際工作機械見本市 JIMTOF2018 ガイド
○主催・協賛団体別みどころ
(一社)日本工作機械工業会/日本工作機械輸入協会/(一社)日本鍛圧機械工業会/日本精密機械工業会/日本機械工具工業会/(一社)日本工作機器工業会/日本精密測定機器工業会/研削砥石工業会/ダイヤモンド工業協会/日本光学測定機工業会/(一社)日本フルードパワー工業会/日本試験機工業会/(一社)日本歯車工業会

○開催概要

○出展状況

○出展製品ガイド
・マシニングセンタ、複合加工機、フライス盤、中ぐり盤、ボール盤
・旋盤・自動盤、ターニングセンタ、複合加工機
・研削盤、工具研削盤、仕上げ加工機械
・放電加工機、レーザ加工機、歯車加工機械、その他加工機械
・制御機器、CAD/CAM/CAE
・計測・試験機器
・工具、ツーリング
・工作用機器、その他関連機器

○出展者リスト

■特設記事: これから求められる生産加工技術
○変貌しつつある「加工の場」に対応できる「工程設計」の姿とは -JIMTOF2018を訪れる際にお勧めしたい情報収集-
/東京工業大学 名誉教授/伊東 誼
加工精度には「工程設計」が密接に関係する。ここではまず、「工程設計」について解説する。続いて、今回のJIMTOF2018で公開されると予想される具体的な製品・技術を取り上げ、会場で見ることのできる「工程設計を変革させる駆動因子」について解説する。

○特別レポート 中国工作機械技術の動向〈上〉
春燕奬にみる中国工作機械技術
/東京農工大学 名誉教授/堤 正臣
中国の工作機械技術の進展が著しい。著者は、工作機械技術の専門家として、中国各地で開催される工作機械見本市を訪れ、その変化を目の当たりにしている。ここでは、2018年4月に上海で開催されたCCMT2018を中心に、前年に北京で開催されたCIMT2017などの動向も交えながら、中国の工作機械メーカーの動向、中国製工作機械の技術について詳細に解説する。

○海外レポート IMTS2018にみる新技術 -最新切削工具と加工技術の動向-
/松岡技術研究所/松岡甫篁
IMTSは“シカゴショー”として日本人にもなじみの深い、JIMTOF、EMOと並ぶ世界三大工作機械見本市の一つ。毎回、日本、韓国、欧州などの主だった工作機械メーカー、工具メーカー、周辺機器メーカーが出展し、その技術を競う。世界各国で開催される生産加工技術の展示会を視察している著者が、工具および切削加工の専門家として、最新切削工具と加工技術の動向を解説する。

※ご注意
・データ転送またはCD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP