日工の技術雑誌

クリーンテクノロジー 2018年9月号
商品コード:
L1809

クリーンテクノロジー 2018年9月号

販売価格/
2,057 円(税込)
通常価格/
2,057 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:歩み続ける人工知能・機能学習の現状
○DCIMを用いたデータセンタにおける最適マネジメントに関する研究
/(株)NTTファシリティーズ/笹倉康佑
現代ではデータを統合管理・見える化だけでなく、DCの運営を高信頼化・高効率化する分析技術が求められており、本稿では、効果の一例としてDCIMに蓄積したデータと機械 学習を活用することにより、DCの適正な温度管理を実現する予測技術を紹介する。

○ニューラルネットワークを用いた室内環境・エネルギー予測
/大成建設(株)/浦野 明
建物のZEB化を推進するためには竣工後の運用時の空調制御・運転を最適にするため、精度の高い制御手法の開発が求められている。その一つとして、制御に必要な環境・エネルギー要素の予測を運用時に逐次実施することが挙げられる。本稿では、予測手法として、ニューラルネットワークの適用可能性を紹介する。

○ニューラルネットワークによる直膨システムの干渉抑制
/(株)大気社/森重公康
当社は、複数の入出力データを用い学習を行うことでモデル化が可能な機械学習の技法の一つであるニューラルネットワークに着目し、ニューラルネットワークによる空調制御の開発を行っている。本稿で対象とする空調システムは、環境試験設備における空調方式の主流である直膨システムである。対象システムは、複数の制御機器が存在し個別に制御しているため、制御機器の動作が干渉するという問題がある。本稿では、初めにニューラルネットワークによる干渉抑制の簡単な解析例を説明し、直膨システムの制御におけるニューラルネットワークの適用事例を紹介する。

○熱源システムの不具合検知・診断とシミュレーション・深層学習の応用
/東京大学/宮田翔平・赤司泰義・林 鍾衍・本村 彬
熱源システムに潜む不具合は性能発揮を妨げるためその検知・診断は非常に重要である。本稿では、シミュレーションと深層学習を用いた不具合検知・診断手法について述べ、実際のシステムへの適用例を紹介する。

○IoT時代に対応したこれからのモノづくり
/ファナック(株)/榊原伸介
現在、製造業を取り巻く環境は、熟練労働者不足や生産システムの生産性に関する国際競争の厳しさが増すなかで、環境保全や省エネ対応も待ったなしの状況にある。本稿では、クリーンな製造を含む次世代生産システム-Smart Manu facturing System実現のための有用な手段であるロボットおよびIoTのためのオープンプラットフォームFIELD systemの概要を中心に紹介する。

■小特集:IoT時代のウェアラブル
○ARとウェアラブル
/東京大学/廣瀬通孝
本稿では、VRとARの技術がどういう関係にあるのかを記し、その重要な要素の一つであるウェアラブル技術(特に重要なのがウェアラブルコンピュータ)について紹介する。

○ウェアラブル端末の健康分野での活用
/青森公立大学/木暮祐一
さまざまな分野においてIoTの応用が進められていくなかで、我々に最も身近で、またその社会還元によって有益な成果に繋がるものがバイタルデータ収集による医療・健康分野への応用である。本稿では、特に健康分野におけるウェアラブル端末の利活用について集約的に纏めた。

■製品特集:微生物検査装置
○細菌検査における自動コロニーカウンターの進化
/入江(株)/尾形雅広

○より早く生菌数試験の結果を入手
/メルク(株)/小林央子

○HACCPの重要管理点で一般細菌数を5分で測定
/(株)NPC/森脇英樹

■解説
○医薬品原薬開発・製造へのフローケミストリー技術の活用
/Takeda Pharmaceuticals International Co./大内 卓

○次世代鉛フリーはんだの動向と高信頼性接合
/群馬大学/荘司郁夫
電子機器に使用される鉛フリーはんだの用途に応じた細分化が進んでいる。本稿では、現状の鉛フリーはんだの分類を概説し、低温鉛フリーはんだを用いた高融点接合部の生成を検討した研究成果を紹介する。

○多様化するパターン計測技術ニーズに応えて
/(株)日立ハイテクノロジーズ/加藤 毅
CD-SEMを用いた電子線計測は、ウエーハ上の回路素子形成のための必須技術として幅広い用途に用いられている。本稿では、寸法制御、オーバレイや形状歪み、さらにエッジラフネスと計測・プロセス制御用途の最新電子線計測ソリューションを紹介する。

○自動運転を支える車載半導体測定技術
/(株)アドバンテスト/長谷川宏太郎
自動車に使用される各種車載半導体の動作保障の観点から、自動運転及び自動車安全技術の動向と、関連する車載半導体デバイスの設計・生産 時における半導体デバイスの測定・検査技術(デバイス・テスト技術)について紹介する。

■連載
○わかりやすく学べるクリーンルームの基礎と汚染対策 第62回
/新日本空調(株)/水谷 旬

■製品紹介
○紙基板が新たなデバイス、NFCタグを創造する
/テクノアルファ(株)/若杉治仁

○H14HEPAフィルタ
/日本無機(株)/泉谷宏一

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP