日工の技術雑誌

自動認識 2018年8月号
商品コード:
Ba1808

自動認識 2018年8月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:物流における省力化・効率化
○物流計測器を活用したICTによる物流効率化
/オンザリンクス/東 聖也
物流現場の労働力の不足が社会的な課題となる中で、今企業に求められているのは、物流オペレーションの完全自動化に向けたICT活用だ。その為には商品の容積と重量をマスタ化し、物量の変化に応じてオペレーション設計を変更させる必要がある。それを可能にする物流計測器やソリューションを紹介する。

○ハンディターミナルのスマートデバイス化
The handyterminal becomes a smartdevice
/アイメックス/小平 岳
物流業界を取り巻く環境は依然として厳しい状況が続き、生産性向上の実現が急務となっている。その様な中で、ハンディターミナルは更なる進化を求められている。それに答えるべく、Android7.0搭載グリップ型ハンディターミナル「RK25J」のメリットを紹介する。

○IoT技術活用による工場内でのトラック動態把握
/凸版印刷/成田 康雄
当社はBluetooth技術による位置情報と、監視カメラ映像を連動する新たな可視化サービス「ID-Watchy」を開発した。大和ハウス工業(株)奈良工場で行ったトラックの動態状況の定量的把握・可視化による荷待ち時間の削減、積載状況の映像活用による物流品質の向上の検討事例を紹介する。

○2018春 米国物流・流通視察レポート
/ロジザード/遠藤 八郎
ワシントンとシアトルで先進の物流事情を視察してきた。コンビニの買物で客がレジに並ぶ必要のない革新的なAmazonGOやAmazonロボットが7,000台という巨大物流センター等を見て、あらためてAmazonの凄さを体感した。

○AI物流ロボットによるピッキング支援
/ギークプラス/荒木 隆信
人がものを取りに行くのではなく、ロボットが棚を持ってくる、AIピッキングロボットと、パレット交換を自動で行う、新しいスタイルのロボットの紹介。

○「業務の逆転」 による物流効率化
/ネットロック/若狭 信治
「働き方改革」が重要課題とされる中、「業務の逆転」という視点で作業時間短縮・コスト低減を実現する方法を紹介する。積付自動計算システム「バンニングマスター」は、空間の利用状況をシミュレーションすることができるシステムであり、サイズ情報(縦・横・高さ)をもとに、トラックや海上コンテナ等への貨物の詰め合せ(積付け)を最適化する。サイズ情報の整備が進めば、「業務の逆転」による空き空間の活用、作業シミュレーションによる作業時間短縮が可能となる。

○物流現場など雑音環境下での良好な音声認識を実現
/グレープシステム/工藤 清隆
各社の音声認識エンジンの前段処理で、音声高音質化ミドルウェアを用いる事で、物流現場などの過酷なノイズ条件下で音声操作する機器の安定性向上と開発への適用を提案する。これにより、物流における、より確実な省力化・効率化への寄与が可能である。

○IoTと生産工程可視化によるプロセス改善
Process improvement by IoT and production process visualization
/トーテックアメニティ/岩田 竜也
プロセス改善のための生産工程の可視化には、人と製造設備の情報をデータ化し、それを活用する仕組みづくりが必須である。本稿では、システムインテグレータであるトーテックアメニティが提供するIoTソリューションを通し、それらを実現した好例を紹介する。

○RFIDを使ったドラム缶物流の改善提案
/YAMATO-NB/峰尾 欽士
ドラム缶の仕入れから内容物(商品)の充填(生産)・運搬・保管・販売又は消費までの流れをRFIDタグの商品情報を読み取ることによって管理する物流ソリューションを検討している。高性能・高機能なドラム缶用ポリエチレン製キャップシール「Pシール」の内側に金属対応タグまたはQRコードを装着することによって、ドラム缶内容物(商品)の物流ソリューションを成立させた。またトレーサビリティを向上させることにより、物流全般の作業改善と作業効率を高めることが確認できた。尚、「Pシール」は当社の特許取得商品である。

■Auto ID Solution
○ユニークID認証を利用したスマートフォンで行う模倣品対策
Anti-counterfeit solution using smartphones based on unique ID authorization
/キヤノンITソリューションズ/湯浅 英之
日本メーカーブランドの商品が多数海外に向けて販売されている昨今、模倣品流通も増加傾向にあり、ブランド保護の必要性が高まっている。マーケティングにも応用可能な、海外消費者向けに正規品判定の手段を提供するクラウドサービスを導入事例も交えて紹介する。

■プロダクトA
○立体物にすばやく直接プリントできるインクジェットプリンタ
/新盛インダストリーズ

○物流現場のスペース革命
/住友重機械搬送システム

○利便性と頑丈性を両立した5型頑丈ハンドヘルド
/パナソニック

■連載
○自動車産業用金属輸送容器のRFID管理 第6回
どんなRFIDが適しているか
/東洋製罐グループホールディングス/清水 博長/自動認識コンサルタント/柴田 彰

○薬剤師の視点から見た医療安全と自動認識 第14回
遠隔医療とは
/日本調剤/鈴木 高弘

○NFCで始める実践RFID 第70回
転ばぬ先のICタグ
/ハヤト・インフォメーション/大坂 泰弘

■製品ガイド
○有線インターフェース付きRFIDタグと活用提案

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP