日工の技術雑誌

建築設備と配管工事 2018年7月号
商品コード:
K1807

建築設備と配管工事 2018年7月号

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:配管断熱補強による省エネ対策
○エアロジェル保温材「パイロジェル」の省エネ対策“増し保温工法”
/ニチアス(株)/黒坂和弥
プラントの老朽化保温の強化による熱ロス削減の工法と、屋外プラント保温性能維持の保温構造を紹介する。使用する新材料エアロジェル保温材は、ガラスマットにエアロジェルを含浸させた、はっ水性、水蒸気透過性、超低熱伝導率を有するフレキシブルな保温材である。

○脱着式保温カバー普及の現状と今後の展望
/(株)ミヤデラ断熱/小屋原勉
少子高齢化、この業界における熱絶縁技能職への入職者の減少、それに伴う人件費の上昇という点から見ても脱着式保温カバーの普及は喫急の課題といえる。本稿では、同社の「ヒートキャップ」を例に、いかにして保温カバーを普及させていくべきか、メンテナンス性の高さという側面から探ってゆく。

○省人化・保温フレキシブルダクトについて
/(株)フカガワ/森 伸吾
空調ダクトは、空気を供給する設備の一つである。約60年前にアメリカで生まれた保温フレキシブルダクトは、昭和、平成の建設ラッシュの時代に多くの大型現場で採用された。2020年東京オリンピックや都市開発など、建築ラッシュを迎える首都圏では工期短縮・省人化に活躍を期待される。

○省エネ対策に最適なポケットインサーモグラフィカメラC3
/フリアーシステムズジャパン(株)/石川友亮
コンシューマー向けから業務用まで、この数年で身近になったサーモグラフィについて概要と使用事例、注意点や選び方など紹介する。

■最新技術情報
○業務用マルチエアコン「VRV X」「VRV A」
/ダイキン工業(株)/塚田直人

○既設配管の再利用が可能なビル用マルチエアコン
/日立ジョンソンコントロールズ空調(株)/西村恭昇

○ストレートシロッコファン消音形/標準形の開発
/三菱電機(株)/田中弘明・大野俊也/三菱電機エンジニアリング(株)/恒川 望・西郷瑞輝

○除菌消臭用スプレーユニット「Dry-Fog HIGHNOW(ドライフォグハイノウ)」
/(株)いけうち/川吉 明

○摩擦帯電を用いた新しい空気清浄技術
/三菱電機(株)/和田 昇

○通気弁として必要な性能とは
/森永エンジニアリング(株)/小原義文

○照明付き全方位撮影カメラ架台「PanoShot R」パノショットアール
/清水建設(株)/大垣 博

○データセンター向け省エネ間接外気空調機
/富士電機(株)/山川道広

○設備分野におけるタブレットPCの活用
/和田特機(株)/和田芳道

■解説
○商業施設における省エネルギー改修
/日本ファシリティ・ソリューション(株)/中山寛章
大型商業施設における、熱源システム改修事業を中心とした建物全体に対する省エネルギー改修事例について紹介する。熱源システムの高効率化や照明設備のLED化など総合的な省エネルギー対策を採用し、更なる省エネルギーの実現のため運用開始後の効果検証・チューニング作業を実施している。

○商業建築における空調衛生設備配管の管種選定動向2
/IDE研究所/井出浩司
給排水衛生設備配管の用途と使用している配管材料の関係比率を前回紹介した空調設備と同様にまとめた。その概要を紹介する。

○「EC HONET Lite」を活用し、スマートマンションから IoTマンションへ
/(一社)エコーネットコンソーシアム/駒木雅志
これからのスマートマンションは、エネルギーの効率的な使用や無理のない節電だけではなく、ZEH的な考え方(換気口率及び断熱効率を上げた)をとりいれることが重要である。様々な機器やセンサーがECHONET Liteで接続されたIoTマンションとして安心安全で快適な暮らしを実現する。

○集合住宅における共用部のリニューアルについて
/(独)都市再生機構/山田高臣
当機構は、約74万戸の賃貸住宅からなる住宅ストックを管理している。管理開始から年数が経過するとともに魅力が薄れてきている賃貸住宅を魅力的に生まれ変わらせるための、総合改修の事例を紹介する。

■竣工事例
○長崎県警察本部庁舎
/(株)山下設計/市川卓也
本施設は、既存警察本部庁舎の老朽化・狭隘化・分散化に加え、耐震性の不足という課題の解決が求められ、計画された。「県民生活の安全・安心を支える庁舎」として、各種災害に対する安全性を確保し、県の防災・治安拠点施設としての司令塔機能を十分発揮できるものとしている。

■シリーズ:外国の環境保全および建築設備事情
○LEED都市認証とLEED地域認証および世界で最初のLEED都市認証のワシントンDC
/元(株)森村設計/前島 健
本稿においては、USGBC(U.S. Green Building Council、米国グリーンビルディング協議会)の LEED認証の対象として、2016年12月1日に発表された試験的LEED都市認証と LEED地域認証の概要と LEED都市認証第1号のワシントン DCの認証内容を紹介する。

■Le petit pouce ペットと暮らす170
○虫があそび 葉っぱがおいかける
/畑建築デザイン/畑 由起子

■製品ガイド
○建築設備 BIM対応 CAD

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP