日工の技術雑誌

クリーンテクノロジー 2018年7月号
商品コード:
L1807

クリーンテクノロジー 2018年7月号

販売価格/
2,057 円(税込)
通常価格/
2,057 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:医薬品製造に関連するさまざまな技術
○間葉系幹細胞によるscale-out型再生医療製造システムの開発
/(国研)国立成育医療研究センター/阿久津英憲
再生医療等安全性確保法下での再生医療発展には、個別、少量プロセス処理が主体となるscale-out型の再生医療製造システムの開発進展が望まれる。再生医療等安全性確保法下の再生医療に特化した関連産業の発展が期待される。

○医薬品製造工程における最新の無菌クリーン化技術
/(株)エアレックス/永井 兼・川崎康司・神農満雄・小川智丈・西功一郎
本稿では、ここ数年間におよぶ欧米を中心とする海外活動の実績と経験から、世界の無菌製剤におけるトレンドの理解と、これへの追従、さらには先回りを目指した当社の技術を紹介する。

○医薬品研究施設における空調設備の省エネルギー
/高砂熱学工業(株)/青山剛士
医薬品研究施設は、一般的な施設と比較して空調設備の使用エネルギー量が非常に大きい。本稿では、安全と省エネルギーを両立させたヒュームフードを扱う医薬品研究施設の空調設備およびその省エネルギー効果について紹介する。

○医薬品製造設備における異物混入対策
/日本エアーテック(株)/岡本 守
医薬品製造工程における異物混入は重要な課題となっている。異物には生体由来物(毛髪、虫等)や埃、塵等の目視できる異物から、目視できないほどの浮遊粒子、または細菌、ウイルス等も含まれる。それらの異物は、その特徴に合わせた防止、除去対策が必要とされる。本稿では、その対策装置の説明と特長を交え紹介する。

○医薬品試験用水の製造・管理方法
/メルク(株)/石井直恵
医薬品の品質管理における試験は、医薬品の品質を担保する重要な工程であり、用いる水の水質および管理は非常に重要である。本稿では、日本薬局方に則った医薬品試験用水の製造と管理方法について紹介する。

○医薬品製造施設の粒子封じ込め性能評価
/東芝ナノアナリシス(株)/藤野晴互・西沢正人・熊澤俊介
本稿では、まず粒子の評価について述べ、近年、具体化されてきた、高活性医薬品の代替試料による封じ込め性能評価方法について、SMEPAC準拠した方法を解説するとともに、実施の試験におけるポイントを紹介する。

○小型パーソナルインキュベーター
/東京理化器械(株)/尾坂隆之
当社は、大学のラボや医薬品、食品、材料系メーカーや研究室で使われるインキュベーターシリーズに関して使用用途や目的に合せて豊富なバリエーションを品揃えしている。その中でもとりわけ小型で、実験台の上に設置でき最大3台まで積重ねが可能な小型パーソナルインキュベーターを紹介する。

○注射剤管理に使用する液中パーティクルカウンタ
/リオン(株)/長部 航
当社はパーティクルカウンタの国内メーカーとして初の光遮蔽粒子計数法による液中パーティクルカウンタKL-01を1984年に発売して以来、医薬業界に製品を提供し続けてきた。今回、当社が2018年4月に新発売した、光遮蔽粒子計数法にて使用する光遮蔽式自動粒子計数器「液中パーティクルカウンタKL-05」(以降、KL-05)について紹介する。

■解説
○高齢者福祉施設における温湿度環境の管理基準と実態
/国立保健医療科学院/金 勲
本稿では、全国の特別養護得老人ホームを対象に行ったアンケート調査の結果をまとめ、関東・宮城・北海道地域の特養で行った温熱環境に関する現場調査結果を紹介する。

○加古川中央市民病院におけるライフサイクルコスト低減手法
/(株)大林組/木村 剛
当病院は、加古川西市民病院と加古川東市民病院が統合され、相互の病院の特徴を引継ぎながら、七つの整備方針の基に患者さんや職員にとって満足度の高い急性期総合病院を目指して建設された。ライフサイクルコスト低減に向けた五つの視点と無駄を省いた削減計画とその効果について纏めた。

○超低露点ドライルーム用省エネ除湿システム
/新菱冷熱工業(株)/長澤雅俊・三上秀人・佐原 亮・尾形 甫/早稲田大学/逢坂哲彌・横島時彦
本稿では、当社が開発した省エネ除湿システム「アリフィカス R」を、超低露点向けに拡張したシステムの概要について紹介する。また、そのシステムを研究用ドライルームに導入し、潜熱負荷変動に対する露点温度安定性の評価および除湿機の運用データから求めた省エネ効果について評価した結果について述べる。

○機能性バインダーが実現するリチウムイオン電池の高機能化
/日本ゼオン(株)/園部健矢・脇坂康尋
近年、機能性バインダーがリチウムイオン2次電池の性能を大きく左右することが広く認知され始め、固液界面の反応を制御するための機能性材料として大いに注目を集めている。本稿では、リチウムイオン2次電池の高性能化に寄与するバインダー技術の進化を含む技術動向を紹介する。

■連載
○わかりやすく学べるクリーンルームの基礎と汚染対策 第60回
/新日本空調(株)/水谷 旬

■製品紹介
○0から107個/cm3のナノ粒子が計測可能な凝縮粒子計数器
/東京ダイレック(株)/中村 馨

■研究室紹介
○宇都宮大学工学部応用化学科伊藤・佐藤研究室
/宇都宮大学/伊藤直次

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP