日工の技術雑誌

プラスチックス 2018年7月号 PDF版
商品コード:
S1807

プラスチックス 2018年7月号 PDF版

販売価格/
1,598 円(税込)
通常価格/
1,598 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
S1807
■特集:複合材料の新展開
複合材料は、輸送機器をはじめとして近年適用分野の広がりは留まるところを知りません。それに伴い、素材のコンビネーションおよび、成形方法も多様化しています。本特集では進展する複合材料と製造技術について紹介して頂きました。

○次世代自動車における材料転換〜電気自動車へのCFRP採用
/山根健オフィス/山根 健
地球温暖化防止は自動車にとって最重要課題の一つである。CO2削減策として電気自動車の開発、電気自動車には大容積、重量大かつ高価な高性能蓄電池が大量に必要となるが、その電池搭載量を最小限とすべく、BMWはCFRPとアルミで車体を作るべくCFRP車体量産技術を開発し市販している。

○自動車軽量化のためのCFRTP加工技術
/(株)名機製作所/森 大輔・嘉藤 太造
世界的なCO2排出規制の影響などにより自動車軽量化が求められている。当社では量産性やコストを重視し、リサイクル炭素繊維を用いたCFRTP射出成形加工技術の開発に取り組んでいる。本稿にて装置の特徴や取り組み内容を紹介する。

○熱可塑性コンポジットのプレス成形の特徴と成形事例
/福井大学/山根正睦
近年、熱可塑性コンポジットが注目されるに従い、国内でも海外に追従して成形技術開発や成形装置の開発が活発に行われている。本稿では、最も基本的な成形方法である、プレス成形機によるスタンピング成形の解説を行い、その他の応用成形技術についても適用事例と共に概説する。

○通電抵抗加熱金型による熱可塑性CFRPの成形〜TAM成形技術
/(株)キャップ/吉田 透
熱可塑性CFRPをプレス成形するには、樹脂を融点以上に加熱する必要がある。TAM成形技術では、金型を通電抵抗で加熱して、金型の熱で成形材料を加熱することができる。高温の金型でプレス成形することによって高強度で外観にも優れた成形を実現する。

○超音波を用いた熱可塑性CFRPの製造
/(株)アドウェルズ/中居誠也
低炭素社会の実現のため、車体重量の低減に貢献する材料としてCFRTP(熱可塑性炭素繊維強化樹脂)の研究開発が活発化している。本稿では、リサイクル性、量産性に優れたCFRTPの普及に向けたUDテープの超音波開繊含浸技術と溶着技術の開発について紹介する。

○連続炭素繊維強化ポリアミド6の強度向上
/埼玉県産業技術総合センター/小熊広之
連続炭素繊維強化ポリアミド6の強度向上を目的として、炭素繊維(CF)とポリアミド6フィルムにオゾン酸化処理を行った結果、未処理の場合と比較して曲げ強さが2倍以上向上した。これは、オゾン酸化処理の効果によりCFと樹脂との界面接着性が向上したことが一因と考えられる。

○高性能・低コストリサイクル炭素繊維の開発
/アイカーボン(株)/葛西有希・伊集院乘明
航空機産業、スポーツ用品など炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の需要拡大に伴い炭素繊維リサイクル技術が検討されているが、性能やコスト面での課題がまだ大きい。本稿では、高い性能を維持し、かつ低コストであるCFRPリサイクル技術を紹介する。

○日本の伝統を継承し、発展していくブランド『炭織華』
/スターライト工業(株)/森下正士
日本の伝統技術の活性化を目指して立ち上げた「炭織華」に込める思いとその技術的な特徴について述べる。ソフト生地の開発や異材質との複合化など、従来のCFRPの概念を変える新たな技術創出への取り組みや具体的な商品への応用例を紹介する。

○CFRPの内部構造を可視化できる配向同定技術の特徴と適用事例
/(株)べテル/大槻哲也
CFRPの繊維配向状態を、従来の方法よりも短時間で簡便に測定できる装置「TEFOD」について紹介する。航空機・自動車メーカーのみならず、多くのシステム・部品メーカーなどにも開発工数短縮や品質保証の場面で活用頂ける装置である。

■連載
○プラスチック成形における不安定流動の制御 第60回
/藤山ポリマーリサーチ/藤山光美

○高分子成形材料の耐用年数 第1回
/(元)アモコ・パフォーマンス・プロダクツ/安永茂樹

○大自然を科楽する 第27回
/青野哲士

○これ、プラスチックで作りました 第22回
/レネウェーブ(株)/高島公洋

○助っ人工業デザイナーの独り言 第45回
/鈴木英夫

○ちょっと気になる企業・技術と耳より情報 第5回
/知財経営研究社/松平竹央

○世界のバイオプラスチックは今 第7回
/ITIコンサルト事務所/猪股 勲

○欧米モーターショー&プロダクトデザイン展示会 質感デザイン最前線 第6回
/(株)ピクセルエー/山本義政

※ご注意
・データ転送またはCD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP