日工の技術雑誌

建設機械 2017年11月号 PDF版
商品コード:
C1711

建設機械 2017年11月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
C1711
■特集:除雪機械・技術の最新情報
○歩道除雪車の作業ガイダンス装置の開発
/国土交通省北陸地方整備局/長谷川 崇
障害物が多く存在する歩道において、除雪機械の運転操作経験の浅いオペレータでも安全に歩道除雪作業が行えるよう衛星測位技術を利用した作業ガイダンス装置の開発を行ったので紹介する。

○除雪専用機械として活躍するロータリ除雪車
/(株)日本除雪機製作所/太田 正樹
ロータリ除雪車は、積雪寒冷地域に住む人々の冬季における社会経済活動及び暮らしを守る除雪専用機械として開発され、進化してきた。本稿では、その構造、除雪工法及び近年における動向を紹介する。

○粗面型ゴム粒子入り凍結抑制舗装
/大林道路(株)/鈴木 徹
粗面型ゴム粒子入り凍結抑制舗装は、冬期の路面管理を舗装面から補うもので、凍結抑制機能および水膜発生防止機能など、年間を通して走行安全性に配慮した工法である。本稿では、当該工法の各機能について紹介する。

○除雪に貢献する除雪ドーザ
/(株)KCM/島津 淳志
日立建機は、最新の排出ガス規制に対応したホイールローダZW-6シリーズを発売した。本稿では、ZW-6に各種プラウを装着し、国土交通省建設機械購入仕様基準に合致した除雪ドーザー3機種について紹介する。

○除雪作業で活躍する一人乗り除雪グレーダ
/キャタピラージャパン(同)/冨永 安生
若手オペレータの育成、オペレータの疲労軽減、作業効率および安全性の向上を目的とした一人乗り除雪グレーダを開発した。本稿では、最新技術を搭載した除雪グレーダの特長を紹介する。

■技術資料
○耐震性評価に効力を発揮する3次元大型水中振動台
/五洋建設(株)/三好 俊康
地震国である日本では被災を低減するために、各種構造物の地震時応答の把握と確認が重要で、新構造開発や耐震補強効果の確認とこれらの設計手法を構築するために、振動実験は重要である。耐震性評価技術や防災技術の発展に寄与することを目的に、当社では水中振動台を導入した。本稿では、水中振動台の概要ならびに水中振動台を用いた耐震性評価に関する実験事例の要諦を示す。

○トンネル工事の発破向け低周波音の低減装置
/(株)錢高組/角田 晋相/(株)アイ・エヌ・シー・エンジニアリング/石橋 知大
共鳴を利用した消音装置で、トンネル工事に用いることで課題となっていた発破時の低周波音を低減することができる。本稿では、現場での適用性および低周波音の低減効果を確認した現場実証実験について紹介する。

○建築・環境情報の同時可視化システム
/大成建設(株)/佐藤 大樹
著者らが開発した、BIMに入力されている建築設計情報と建築環境シミュレーションで可視化される環境の状態を、VR(バーチャルリアリティ)技術により一体で可視化・仮想体感することのできるシステムを紹介する。

■話題の工法
○地盤改良工の新しい品質管理システム「ブレンドチェッカー」
/(株)大林組/望月 勝紀/(株)加藤建設/伊藤 浩邦
地盤の導電率を計測することで、地盤改良工の品質を定量的に評価するシステムを新たに開発した。本稿では、システムの確立に向けた各種検討結果を紹介する。

○ICT施工技術を活用したオープンケーソンの水中掘削技術
/(株)鴻池組/秋田 満留
オープンケーソン工法に遠隔操作ロボットや管理システムなどのICT施工技術の導入により、深度50mを超える大深度施工でも確実な水中掘削が行える自動化オープンケーソン工法(SOCS)の掘削揚土システムについて紹介する。

○縮径・復元トンネル掘削機(縮径TBM)
/戸田建設(株)/市川 政美
トンネル掘削機(TBM)の径を機械的に小さくする機能を付加することで地山拘束状態から脱出することが可能となる掘削機(縮径TBM)を開発し、部分実機試験機の製作を行い、各部の可動状況を確認した。

○自然由来ヒ素汚染土壌の分離浄化工法
/前田建設工業(株)/山本 達生・野田 兼司・河野 浩之
自然由来重金属を含む泥水に、粒径・表面積が共に大きな特殊鉄粉を添加し、重金属類を吸着させた後、二段階回収(遠心・磁性分離)する浄化工法を開発した。本稿では、開発技術の概要、浄化結果について紹介する。

○おもりを用いた地盤環境振動低減工法
/戸田建設(株)/成田 修英
従来の地盤環境振動対策工法は多大な費用と工期を要するため、工事期間のみの仮設利用は難しい場合が多かった。本稿では、低費用・短工期で工事仮設としての利用に好適な、新しい地盤環境振動低減工法について紹介する。

■製品紹介
○大雨・大雪・濃霧や直射日光も影響を受けない距離画像センサ
/日本信号(株)/田村 法人

■業界情報
○2017年6月度/建設機械出荷金額統計
/(一社)日本建設機械工業会

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP