日工の技術雑誌

建設機械 2017年7月号 PDF版
商品コード:
C1707

建設機械 2017年7月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
C1707
■特集:クレーン・高所作業車の安全対応
○クレーンの事故と安全対応
/(一社)日本クレーン協会/坪田 章
建設業のクレーン等による労働災害は、長期的には減少傾向にあるが、短期的には横ばい、あるいは微増傾向にあると危機感を抱く。そこで平成21〜27年の建設業のクレーン等の災害事例を分析した。安全対応とクレーン等の技術革新に役立てていただきたい。

○大型クローラクレーンの安全対策
/コベルコ建機(株)/岡 高廣
大型クローラクレーンには汎用クローラクレーンに無い特徴がある。本稿では2016年5月に販売開始した最大つり上げ能力1,250tのSL16000J-Hを例に大型クローラクレーンの特徴と安全対策を紹介する。

○ラフテレーンクレーンの安全対策
/(株)加藤製作所/近藤 康博
各種工事で必要不可欠になっている移動式クレーンの一つであるラフテレーンクレーンついて、クレーン装置部と走行装置部の安全対策の現状と将来的展望について解説する。

○クライミングクレーンの安全性向上
/(株)北川鉄工所/野島 昌芳
直接的な、安全性向上では無く、操作性向上による物、現地融和性等による、間接的に安全性に寄与する物を含めた。また、安全性の今後についても記載した。

○高所作業車における安全対策
/(株)アイチコーポレーション/早川 達也
ユーザーに安心して安全な製品を提供するために、法令や業界の要望に加え、当社独自の安全基準を制定し、継続的に見直し・改善を実施することで安全性の向上に努めている。本稿では高所作業車に採用している事故防止装置や、安全な作業をサポートする当社の取り組みについて紹介する。

○新型高所作業車の安全対策
/(株)タダノ/金川 裕之
本稿では、汎用性の高い一般工事用トラック式高所作業車に採用している安全機能・技術を紹介する。

■技術資料
○路面滞水処理作業における新規機械の開発
/鹿島道路(株)/伊藤 圭祐
道路橋床版の耐久性向上のために、床版防水層と呼ばれる耐久性の高い床版防水工法が適用されている。この施工の際、適切な前処理が必要であり、水分量が多いと施工した防水層にピンホールやブリスタリング等が発生する。これらを防ぐため、路面の水分状態に応じた適切な乾燥方法が求められている。そこで、熱風発生装置を搭載し広範囲の路面乾燥に特化した「自走式路面乾燥機」を開発したので報告する。

○地下鉄トンネルのはく落事故防止対策
/東京地下鉄(株)/今泉 直也・宮本 光基
当社は、トンネルの浮き・はく離の複数の新しい検知システムや、検査結果のバラツキをなくす新しい統計分析手法を開発し、これらを実務に取り込む作業を行っている。本稿では、これらの内容を紹介する。

○今、求められている3Dスキャナーによるデジタル化
/ファロージャパン(株)/飯田 剛弘
インフラの経年変化や震災リスクへの対応による改修工事、設備の老朽化に伴う修繕工事、近代的な建設プロジェクトなど、土木・建築分野などの調査や計測で3Dデータがよく使われている。従来の計測手法では数値データや写真・動画でしか取得できなかった現場の情報を、3Dスキャナーを使用することで解析やシミュレーションで活用する例も増えている。本稿では、3Dスキャナーがどのように活用されているかを事例を交えて紹介する。

○CIMを活用した斜面計測監視3D-ICTシステムの開発および施工現場への適用
/安藤ハザマ/宇津木慎司
地すべり地帯や軟弱な地盤地帯などにおける工事において、多種の地表および地中計測結果をWeb上で一元管理するとともに、変位ベクトルなどをリアルタイムに3次元モデル上で表示する、斜面計測監視3D-ICTシステムについて報告する。

■話題の工法
○ボックスカルバートを特殊台車で搬送・敷設
/旭コンクリート工業(株)/岸 秀樹/大阪府富田林土木事務所/陣野 員久/久本組・大起工業特定共同企業体/天野 宏
時用避難通路の建設に採用されたプレキャストボックスカルバートの据付けに、特殊台車で搬送、敷設できる工法「ECO-C・L工法」を適用した施工事例について記述する。

○震災復旧に不可欠な道路段差軽減工法
/前田建設工業(株)/山内 崇寛
大規模地震後の道路段差を防止し緊急車両輸送路を確保することを目的として道路段差軽減工法を開発した。ジオテキスタイルで中詰砕石を包み込んだ補強土を道路段差の発生が予想される箇所に埋設することで道路段差を防止する工法である。

■製品紹介
○人と環境に優しい新型振動ローラ
/酒井重工業(株)/笹森 良
新機種開発においては排ガス規制などの法規制対応だけではなく、更なる安全性、周囲環境への配慮、利便性などの付加的価値が多く求められる。本稿では多様な要求に応えるべく開発された新型振動ローラを紹介する。

○重量構造物の持ち上げ、降ろし、保持する新しい装置
/エナパック(株)/遠藤 賢一

■業界情報
○2017年2月度建設機械出荷金額統計
/(一社)日本建設機械工業会

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP