日工の技術雑誌

油空圧技術 2017年2月号 PDF版
商品コード:
Y1702

油空圧技術 2017年2月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
Y1702
■特集:フルードパワーシステム・機器のIoT・ICT(センシング・モニタリング技術)への取り組み1
○〔巻頭言〕フルードパワーと情報センシング技術
/横浜国立大学/眞田一志
機械にセンサーを取り付け、インターネットに接続するメリットに、機械の運転状態を集中管理できることがあげられている。センサで検出したデータを、インターネット経由で収集し、処理能力の高いコンピュータで解析することで、機械の運転・操業状態を判断する情報を得ることができる。この記事では、意味のある「情報」を獲得するための手法として注目されている統計的手法について触れ、本特集の巻頭言としたい。

○IoT社会におけるものづくり
/経済産業省/徳増伸二
主要諸国で製造業の重要性が再認識され、大きく進展したデジタル技術を活用して、その強化を図る動きが活性化。我が国においても、こうしたデジタル技術の活用による大変革が見込まれる中、IoT社会にむけた我が国製造業の変革の方向性について考察する。

○トリリオン・センサ社会の到来
/SPPテクノロジーズ(株)/神永 晉
IoTが注目を浴びる中、トリリオン・センサ社会は、地球規模の課題を解決する理想の世界へ向けて、年間1兆個のセンサを使用する社会の実現を目指す。急速な発展を見せたMEMSによって可能となった無線センサ・ネットワークが、その実現に大きな役割を果たす。

○圧縮空気を用いた非接触非破壊硬さ測定器
/静岡大学/犬塚 博
著者らは圧縮空気を用いた非接触非破壊で硬さを測定する手法を研究してきた。近年、コガネイと共同研究を行い、ハンディ型の非接触非破壊硬さ測定器を開発した。本計測器は食品やゴム・プラスチック・人間の体の硬さを、傷をつけずに測定可能である。

○早期異常検知機能付円すいころ軸受
/NTN(株)/山本直太・内村宙史・東穂翔太
油潤滑で使用される軸受が損傷した際に生じるはく離片を検知することで、軸受の破損状態監視を可能とした、早期異常検知機能付円すいころ軸受を開発した。本稿ではその概要について紹介する。

○作動油清浄度管理の効率化と省エネ
/イートン(株)/池内猛志
通信機能を使った浄油機のモニタリングシステムを紹介する。遠隔から、複数台の浄油機の計測記録データ収集による一括管理を可能にし、作動油の清浄度管理の効率化と省エネを実現する。また、装置の状態監視による計画的な装置メンテナンスにも有効である。

○機械管理とコンディション・モニタリング
/キャタピラーイーストジャパン合同会社/鷲見 豊
テクノロジーの急速な進化により機械は高性能に、また便利で快適になった。だがその性能や機能を発揮するためには人間と同じく健康でなければならない。健康を維持するための予防整備や機械管理について、キャタピラーグループで展開している「コンディション・モニタリング」を紹介する。

■解説
○鉄鋼プロセスにおける混相流解析適用箇所とその事例
/愛知製鋼(株)/村瀬博典
鉄鋼プロセスにおける各工程は、目標成分への精錬・調整・鋳片・鋼塊の内質確保、所定形状への成形を目的としており、多くは流体の運動を含み混相流や化学反応を伴うものが多い。工程毎の解析例、および溶融金属と空気に着目した混相流解析事例を紹介する。

■連載
○実学的ポンプ講座18(最終回)
アキシアルピストンポンプ:応用事例と作動油の省エネルギー特性 他
/コソド油圧ポンプ設計事務所/小曽戸博
今回を最終回とすることにし、筆者の携わったウォータジェット切断機に関する超高圧要素技術と、長尺配管の圧力損失計算法と作動油の省エネルギー特性試験について述べる。更に中国における最新の見本市や油圧教本に触れる。

○フィルタの正しい知識と使い方10
フィルター設置位置と大きさ選定方法
/KEW Engineering(キューエンジニアリング)/伊澤一康
前号に続き、英国BFPA発行の清浄度管理ガイドラインP5を参考に、油圧システムの設置環境や侵入コンタミナントに対する油圧システムの保護能力を考慮したフィルターの大きさ設定方法及び目的によるフィルター設置位置について解説した。

○油圧装置に於ける二大故障の根本的解決方法7
電気工学で使われる過渡応答の考え方を使って油圧装置の故障を無くす
/山本和夫

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計

○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧バルブ

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP