日工の技術雑誌

光アライアンス 2017年2月号 PDF版
商品コード:
Oa1702

光アライアンス 2017年2月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:デジタルホログラフィの“いま”をみつめる
○ディジタルホログラフィの最新技術
/和歌山大学/野村 孝徳
ディジタルホログライフィは光波の複素振幅分布が定量的に得られることから、定量位相計測といった計測分野への応用が盛んである。本稿では、その一例としてディジタルホログラフィを用いた偏光計測を紹介する。

○A4サイズ可搬型並列位相シフトディジタルホログラフィシステム
/京都工芸繊維大学/粟辻 安浩・藤井 基史/神戸大学/的場 修
A4紙の面積に収まる可搬型の並列位相ディジタルホログラフィシステムについて紹介する。本システムは三次元動画像計測を目的として作られ、サイズは幅30cm×奥行き21cm×高さ16cm、重量約6kgである。本システムにより、三次元動画像記録・再生に成功している。

○複数の撮像素子を用いた位相シフトデジタルホログラフィによるひずみ分布計測装置の小型化
/福井大学/藤垣 元治
デジタルホログラフィを用いてひずみ分布を計測するために、撮像素子を複数個にすることで光学系を単純化する手法を提案した。これにより片手サイズの計測装置が実現できた。本稿では、その手法を用いた小型計測装置の試作とひずみ分布計測の例を紹介する。

○レンズレスフーリエディジタルホログラフィック顕微鏡
/宇都宮大学/茨田 大輔
本稿では微細光波パターンを観察する手法であるレンズレスフーリエディジタルホログラフィック顕微鏡について解説する。一般的な原理について説明し、厳密な光伝播理論に基づいた解析手法を用いることによって物理的限界に近い解像度が得られることを示した例を紹介する。

○ディジタル分光ホログラフィー
/岩手大学/吉森 久
自然光で照明された多色物体からの光波を干渉計測し、信号処理を施すことにより、連続スペクトルの各スペクトル成分に関する立体画像を同時に得ることができる。測定用の特別な照明光を必要としないこのようなパッシブ分光立体映像法を実現するために、筆者らは2光波折り畳み干渉法を考案し、原理検証と分光立体画像の取得に成功した。本稿では、この手法の計測原理を述べ、実測例を示す。

○定量位相顕微鏡の小型化と各種応用計測
/浜松ホトニクス(株)/山内 豊彦・山田 秀直・上田 之雄
我々は光学定盤を用いない環境であってもナノメートルの高さ精度が得られる二光束干渉顕微鏡「定量位相顕微鏡」を開発し、卓上サイズの試作機を構築した。本稿では工業サンプルと生物サンブルへの応用例を紹介する。

○デジタルホログラフィを用いたリアルタイム三次元計測器の開発とその応用
/ウシオ電機(株)/松尾 司
/東京大学/木下 晴之・大島 まり・藤井 輝夫
微小スケールの流体現象を、三次元的かつリアルタイムで観察・測定することができるデジタルホログラフィの原理を用いたリアルタイム三次元計測器を開発した。本稿では、その構成、特長と計測事例を紹介する。

○電子ホログラフィを用いたディスプレイの展望
/北海道大学/坂本 雄児
本稿では、電子ホログラフィを用いたディスプレイと構成法および、現状と課題、本研究室で試作したヘッドマウントディスプレイ(HMD)型の電子ホログラフィ装置について紹介し、その実用可能性を示す。

○実物体を用いた計算機合成ホログラム
/日本大学/吉川 浩
最近、被写体の二次元画像と奥行き画像を同時に取得可能な三次元入力デバイスが安価で利用できるようになった。本稿では、このデバイスで得たデータからホログラムを生成する方法の原理と最近の研究について解説する。

■製品特集:光学系設計ソフト活用術
○光学シミュレーションソフトウェアASAP® NextGenの概要
/コーンズテクノロジー(株)/中西 啓朗

○自動車の光学系に役立つソフトウェア活用術
/サイバネットシステム(株)/秋山 健志・笹川 平久・坂本 智徳
車載カメラや監視カメラなど被写体が単純な平面ではない状況を想定してのCODE Vによる画像シミュレーションの例や、LightTools8.4.0における新機能であるハイブリッドシミュレーションとライトガイドデザイナーや、ヘッドランプ等の設計を効率的に行えるLucid Shapeの活用法を紹介する。

○CAD上で光線追跡を可能にするアド-イン
/(有)ノーツアンドクロス/山本 努
SOLIDWORKS®上での光線追跡を可能にするアド-インRayVizのグラフィックインタフェースを解説。あらゆる種類の照明システムのモデル・解析・最適化ツールTraceProの光線追跡エンジンを使用。

○汎用電磁光学設計・評価ソフトウェアWyrowski VirtualLab Fusionの特徴、アプリケーション例の紹介
/(株)プロリンクス/菊地はるか

■研究室紹介
○立命館大学 理工学部 電気電子工学科 光情報工学研究室
/立命館大学/渡邉 歴

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP