日工の技術雑誌

建設機械 2017年2月号 PDF版
商品コード:
C1702

建設機械 2017年2月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
C1702
■特集:建設業の生産性向上2
○「国土地理院ランドバード」の発足
/国土交通省国土地理院/安藤 暁史
当省が推進するi-Constructionの取り組みに寄与するため、国土地理院ではUAV測量の導入に向けた環境整備を行っている。また、職員がUAVに関する知識や技術等を習得することを目指し、国土地理院ランドバード(GSI-LB)を発足した。

○3次元データを活用した生産性向上
/清水建設(株)/鈴木 正憲
建設業においては、10年以内に少子高齢化による大量離職が想定されており、担い手の確保及び生産性向上が喫緊の課題となっている。本稿では、ICT技術及び3次元データを活用し、効率的な施工による生産性向上を実現した施工事例を紹介する。

○建築施工におけるBIM活用と生産性向上
/清水建設(株)/三戸 景資
BIMを用いた生産性向上の方策とその事例の紹介。構造解析から鉄骨工作図作成、施工管理に至る一貫した活用事例を通し、生産性向上につながるBIMの在り方を示す。

○無線発信機を活用した作業所内の高所作業車の位置把握システム
/(株)竹中工務店/染谷 俊介
建設工事では、建設機械の配置管理の効率化が望まれている。しかし、GPSを使用できない屋内では、既存の位置把握技術の実用化が難しかった。そこで筆者は、近距離無線通信規格iBeaconに着目し、建設機械の位置を把握するシステムを開発した。

○施工BIMによる生産性の向上
/前田建設工業(株)/曽根 巨充
建設業界では施工段階におけるBIM(施工BIM)による生産性向上に関する取り組みに注目が集まっている。そこで本稿では、施工BIMを実際に運用している実績から作業所と専門工事会社の生産性向上を考える。

○杭・地盤改良のリアルタイム3D可視化
/安藤ハザマ/木付 拓磨
杭・地盤改良工事の出来形および品質の確保、信頼性向上を目的とし、杭芯位置やスラリー量、電流値をリアルタイムに三次元可視化する技術である。データの関係者間での共有と、日報や帳票類を任意形式で簡単に出力することが可能である。

■技術資料
○小型メカナムホイール検査ロボットによる天井ふところ内の目視検査
/足利工業大学/仁田 佳宏・松村 仁夫/戸田建設(株)/稲井 慎介
本稿では、簡便かつ詳細に天井ふところ内の目視検査を行うことを目的とした、Wi-Fiカメラ搭載小型メカナムホイール検査ロボットによる目視検査について紹介する。また、紹介手法を実構造物へ適用した実証実験についても報告する。

○車両運行管理システムによる輸送・出来高管理
/鹿島建設(株)/中村 泰広・藤本健治郎・本田 豊・宮内 良和
「スマートG-SafeR」は、スマートフォンを車載端末とした車両運行管理システムであり、これまで多くの現場で工事用車両の安全運行に寄与してきた。今回、その機能を拡張し、「出来高管理の自動化」と「狭隘な道路でのすれ違い管理」を実現した大分川ダム建設工事、及び「輸送中の車両・輸送物管理」、「双方向通信」等の機能を強化した中間貯蔵パイロット輸送での導入実績を報告する。

○NEW TULIP工法の概要と施工事例
/NEW TULIP工法連絡会/千々岩三夫
施工済みの地下構造物から曲線鋼管を推進設置し、曲線鋼管単独あるいは凍結工法や薬液注入等の地盤改良を併用して非開削で地下空間を構築する技術である。

○放射能計測駆動装置付放射性汚染廃棄物土のう袋用小型移動式クレーン仕様機
/日立建機日本(株)/竹内 豊
中間貯蔵施設工事がようやく始まり仮置場から大量の放射性汚染廃棄物土のうが運搬される。そこで被ばくリスクや事故リスクの低減のため、放射能計測駆動装置付放射性汚染廃棄物土のう袋用小型移動式クレーン仕様機を開発した。

○トータルステーションと携帯情報端末による杭打設ナビゲーションシステム「くいナビ」
/西尾レントオール(株)/齋藤 章平
『杭打設ナビゲーションシステム「くいナビ」』は、独自の焦点鏡を搭載したトータルステーションと携帯情報端末による杭打ち機の施工ナビゲーションを組み合わせて使用することにより、従来の基礎杭工事の課題である施工効率や施工精度を飛躍的に向上させるシステムである。

○覆工セントルへの透水性シートの適用
/(株)不動テトラ/船田 哲人・小林 正和
覆工コンクリート下半部の鋼製型枠に透水性シートを適用し、コンクリート表層部の気泡や砂すじ等の初期欠陥の発生を防止し、覆工コンクリートの耐久性向上を図ることができた。本稿では、透水性シートを鋼製型枠に取り付ける技術とそれによる表層品質向上についての事例報告である。

○ETCを活用した廃棄物運搬管理システム
/阪神高速道路(株)/関 静夫/阪神高速技術(株)/山名 宗之
阪神高速大和川線の建設に伴って、シールドトンネル工事発生土を土地造成事業の埋立用資材として再生活用する「資源循環型共同プロジェクト」を実施した。発生土の運搬について、ETC電子マニフェストシステムを導入し、トレーサビリティを向上させるとともにリサイクルプロセスの透明性確保に努めた。

■製品紹介
○薄型シール付き自動調心ころ軸受
/NTN(株)/佐波 幹隆

■業界情報
○2016年9月度 建設機械出荷金額統計
/(一社)日本建設機械工業会

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP