日工の技術雑誌

自動認識 2017年1月号 PDF版
商品コード:
Ba1701

自動認識 2017年1月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■年頭所感
○2017年 年頭所感
/日本自動認識システム協会/伊沢太郎

■特集:2016年自動自動システム大賞 受賞システムプレゼンテーション
○スマイルタグで観光客を誘引し、商店街を活性化
/サトーマテリアル/新田真也
本稿では、「NFCリストバンド」を活用し、沖縄を世界標準の観光リゾート化する取組みについて述べる。

○Color Gate System 〜動作管理システム〜
/日精/藤田哲治
「Color Gate System 〜動作管理システム〜」は、五洋建設の協力を得て、2014年12月に国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録された。カラーバーコードを利用した入退場の管理を省力化・効率化できる本システムについて、鹿島建設の事例を参考に紹介する。

○加速度・赤外線センサー付RFID監視タグで害獣捕獲罠を監視するシステム
/アイニックス/本橋一輝
昨今、有害鳥獣による農作物被害、鳥獣被害が問題となっている。当社では、鳥獣害被害対策である罠猟に対して、センサ・RFID・IoT技術を複合した、獣害捕獲罠を監視するシステム「わなタグ」を開発した。鳥獣被害を説明すると共に、本システムの機能、特徴、及び実証実験内容を記載する。鳥獣害被害にお困りの方の参考になれば幸いである。

○RFID技術を利用した中軽量棚向け棚卸ロボッ卜の開発
/富士物流/佐藤一典
ICタグを貼り付け棚に保管しである商品に対してRFID機器を搭載したロボットがその棚聞を自動走行してICタグの位置を測定。測定結果から商品の保管位置を特定し、さらに在庫データとの照合で棚卸結果を出力するシステム、棚卸ロボット。棚卸ロボットの導入により棚卸時間が大幅に削滅された。

○RFIDと掌静脈による共用端末の離着席認証について
/住民情報システムセキュリティ研究会/前山紘昭・内藤潤三
操作者が離席すると即時に画面をブラックアウトして情報漏洩を防止し、席に戻るとハンズフリーで画面が復旧するが、別人が着席したときは掌をかざすだけでユーザ切換えが完了する。開発は奈良県の3つの自治体の電算担当者による共同開発。

■プロダクトA
○コミュニケーションロボッ卜とAmi Voice
/アドバンスト・メディア/新開伸弘

○位置精度+10cm:を実現する屋内測位システム
/日本ジー・アイ・ティー/吉田眞二

■連載
○“マイナンバー時代”のIT/ICT利活用社会 第8回
2020年・東京オリンピックとサイバーセキュリティ
/コミュニティアドバイザー/波形昭彦

○製造現場:情報の利活用 第8回
IT化へ応戦する製造現場1
/日立パワーソリューションズ/吉澤隆司

○安心と効率化を実現する医療用バーコード 第10回
鋼製小物管理の自動認識技術
/日本自動認識システム協会/白石裕雄

○バーコードのふしぎ 第23回
バーコードのからくり・疑問をひも解く23
/日本自動認識システム協会/佐藤光昭

○NFCで始める実践RFID 第51回
海外事例で読み解くRFID/NFCの日常化1
/ハヤト・インフォメーション/大坂泰弘

■製品ガイド
○ハンズフリーを実現する製品

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP