日工の技術雑誌

油空圧技術 2016年12月号 PDF版
商品コード:
Y1612

油空圧技術 2016年12月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
Y1612
■特集:フルードパワーを支える熱処理・表面処理
○塩浴軟窒化処理
/日本パーカライジング(株)/池田芳宏
表面硬化熱処理である塩浴軟窒化処理について、処理した鋼材の摩擦摩耗特性を中心に解説する。また、過酷な摺動条件下での使用に対応する、塩浴軟窒化と高周波焼入れを組合せた複合熱処理(PALNIP®)について紹介する。

○硬質クロムめっき技術
/アトテックジャパン(株)/小野寺浩行
現在、油圧・空圧部品向けの表面処理方法として一般に用いられている硬質6価クロムめっきの代表的なめっき液の組成と特長及び被膜特性を概説する。また環境規制の動向と、それに対応した薬品開発状況も紹介する。

○DLC
/KYB(株)/田村徹弥
DLC(Diamond-Like Carbon)は、硬質アモルファス炭素の総称であり、優れた摺動特性を示す皮膜として知られている。なかでも自動車業界では、EUの厳しい CO2排出量規制をクリアするため、エンジンのフリクションを下げる方策としてコーティングはキーテクノロジとされており注目度が高まっているので、本稿で解説する。

○WPC処理ならびにその複合技術
/(株)不二WPC/熊谷正夫
油圧機器等を対象として、WPC処理(微粒子投射処理)の原理ならびに機械構造部品への適応として疲労強度や微細ディンプル(凹凸)形状の形成による摺動特性の向上の例を示す。また、WPC処理と硬質皮膜形成の複合処理の効果についても紹介する。

■飛躍する!フルードパワーKey Company
○HYDRAFORCE,INC

■製品と技術
○油圧圧砕機サイレントTSRCクラッシャー
/オカダアイヨン(株)/仙木健太
近年、解体現場においてSRC構造建築物の解体が増えてきているなか、安全・効率・コストの面から解体と切断を1台で処理できるSRCクラッシャーが求められている。今回、当社で主流となっている20tクラスと30〜40tクラスにSRCクラッシャーを追加することができたので紹介する。

○建機の環境・省エネ・電子制御に貢献する油圧機器
/川崎重工業(株)/加藤武久・堺 隆二・青木誠司
建設機械用油圧機器に求められる高効率、操作性、信頼性、低コストの要求はますます厳しくなってきており、その要求に対する当社での性能(低騒音、高効率な)と信頼性を両立する取り組みを、油圧システム技術、油圧ポンプ、マルチコントロールバルブを例に紹介する。

○油圧式杭圧入引抜機、ハット形鋼矢板900の仕様拡大
/(株)技研製作所/梶野浩司
ハット形鋼矢板900の複合式圧入機(サイレントパイラーF301)の概要や特徴を紹介し、多数の施工事例の中から代表的な実用例を紹介する。

○建機メーカーに提案する油圧機器
/KYB(株)/藤井 篤
各社より、高効率、低燃費をキーワードとした各種油圧システムやハイブリッドシステムを搭載されたショベルが発売されている。本稿では、油圧機器メーカーとして「従来のパワーショベルへの機能付加でハイブリッド機能の実現」をコンセプトに開発を進めてきた電動油圧省エネシステムを紹介する。

■連載
○実学的ポンプ講座16
アキシアルピストンポンプ:ステックスリップ現象と低速特性
/コソド油圧ポンプ設計事務所/小曽戸博
以前の本講座で、斜軸式と斜板式を比較した際に、低速で運転する場合はステックスリップを起し易いが、この現象に関しては斜軸式の方が優位であると述べた。本稿では、ステックスリップそのものに焦点を当てて、現象と周辺の事柄について解説する。

○フィルタの正しい知識と使い方9
目標清浄度の設定方法
/KEW Engineering(キューエンジニアリング)/伊澤一康
フィルター選定方法を解説したISO/TR 15640で推奨している英国BFPA発行の清浄度管理ガイドラインを参考に、油圧システムの目標清浄度設定方法及びその清浄度を達成するためのフィルターろ過精度の求め方を紹介する。

○油圧装置に於ける二大故障の根本的解決方法 5
電気工学で使われる過渡応答の考え方を使って油圧装置の故障を無くす
/山本和夫

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油空圧用シールとパッキン

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP