日工の技術雑誌

計測技術 2016年10月号 PDF版
商品コード:
A1610

計測技術 2016年10月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:機能安全の現状と動向
○機械設備における機能安全の役割と取扱規制に対する厚労省の取り組み
/明治大学/向殿政男
機能安全の基本的な考え方について詳しく解説をした後、機能安全の使い方を簡単に紹介をする。現在、厚生労働省では、労働安全衛生法令の中で機能安全に関する取扱規制の検討に入った。このことについての厚労省の取り組みの動向についても簡単に紹介をする。

○燃焼安全装置における機能安全
/アズビル(株)/山田哲也
工業炉などの燃焼安全装置の国際規格で要求されている機能安全、バーナコントローラの安全設計の概要に関して解説し、当社でのバーナコントローラの設計事例を紹介する。

○機能安全によるロボット等の機械における安全方策の実現
/IDEC(株)/前田育男
様々な産業分野における安全を構築する上で「機能安全」という考え方が注目を浴びている。本章では、機械の機能安全規格の概要に加え、ロボット等の機械における安全方策の実現に有効な機能安全システム・デバイスの紹介とそれらの活用事例について述べる。

○機能安全と機械の安全性評価
/オムロン(株)/築山和成
機械の安全化の手順の概要と傾向、安全関連部の概念と評価方法について事例を用いながら紹介する。

○産業・化学機械のための機能安全
/富士電機(株)/戸枝 毅
本稿は、(一社)日本機械学会 産業・化学機械と安全部門が取りまとめた安全技術のロードマップをベースに、国際安全規格の動向と、30年先を見据えた安全技術の進化の方向性を紹介することで、我が国製造業の付加価値を高める一助とすることを目的としている。

○Industrie 4.0へ向けた最新機能安全技術の導入とメリット
/シーメンス(株)/雨宮祐介
安全は止めるだけの機能だけではない。安全状態を監視し、積極的にマシンを稼働させることが可能だ。機能安全を導入することによるマシンの生産性の向上や使いやすさの向上、エンジニアリング時間の削減など最新の機能安全技術を活用したメリットを紹介する。

○機械のための機能安全
/三菱電機(株)/神余浩夫
機械の安全制御に安全シーケンサなど機能安全技術の導入が進んでいる。機能安全により、機械の安全性を向上させるだけでなく、小型化・低コスト化、稼働率や生産性の向上が可能となる。さらに、柵無しロボットに見られる最新の機能安全についても述べる。

○最新の安全計装システムの概要
/ABB日本ベーレー(株)/高橋万実子・市川雅敏
発電や水産業においてもっとも数多く使用されているABBの分散型制御システム(DCS)Symphonyファミリの新世代システムであるSymphony Plusのうち安全計装システムであるS+Safetyの最新技術について紹介する。

○安全計装ロジック自動検証システムについて
/シュナイダーエレクトリック・インベンシス プロセス システムス(株)/井上洋一郎
安全計装システムのグローバル・リーディングブランドであるTriconex製品ファミリーに、新たに加わったTUV認証の自動ロジック検証ソフトウェアSafety Validatorの概要について述べる。

○新しいバーナマネジメントシステム-収益からのアプローチ
/HIMA Americas Inc./Mike Madzy/〔訳〕ヒーマ日本支社/田代久登
新しいバーナマネジメントシステムと燃焼制御システムを導入することによって、燃料費の低減、稼働率上昇による生産性の向上、安全性と信頼性の向上、さらには二酸化炭素排出量の低減が可能であることを明らかにする。

○緊急遮断システムの見える化
/横河電機(株)/高橋利明
海外、日本国内における機能安全の動向(国際規格、日本工業規格の改訂や経済産業省主導の安全に対する取り組み)、安全計装システムProSafe-RSの実績と傾向、および緊急遮断システムの見える化のメリットについて紹介する。

■コラム
○技術者育成雑感〔108〕

○第4回 電子の流れでアンペアを再定義、アボガドロ定数でモルの再定義が実現
/東京大学名誉教授/山崎弘郎

■製品ガイド
○放射温度計

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP