日工の技術雑誌

建築設備と配管工事 2016年9月号 PDF版
商品コード:
K1609

建築設備と配管工事 2016年9月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
■特集:建物・設備の免震・制震技術
○学校施設の非構造部材の耐震対策について
/文部科学省/福山啓三
学校設置者及び学校教職員がそれぞれの役割を理解し、関係部署や専門家と連携して非構造部材の点検に取り組めるよう、「学校施設の非構造部材の耐震化ガイドブック(改訂版)」を用い、非構造部材の耐震化の重要性とともに、点検の内容や手法などを解説する。

○既存天井の落下防止構法「フェイルセーフシーリング」
/(株)大林組/白鳥勝彦・奥田浩文・原 豊文・達冨 浩・藁科全興
地震時に落下しようとする建物の天井を一時的に保持し、建物利用者の避難時間と避難空間を確保し人命を守る既存天井の落下防止構法「フェイルセーフシーリング」の概要と特長を実施事例を交えて紹介する。

○エネルギー回生の導入により高効率化を達成
/鹿島建設(株)/栗野治彦
減衰係数を可変制御することで高いエネルギー吸収効率を発揮する制震オイルダンパを2000年に開発し、実建物への適用を進めてきた。本稿では、エネルギー回生の概念を導入することにより、エネルギー吸収効率を従来型よりも更に向上させた、高性能制震オイルダンパについて紹介する。

○安震モニタリングシステム
/清水建設(株)/岡田敬一
安震モニタリングシステムは、地震直後に建物の状態が安全か危険かを自動的に即時判定するシステムである。建物の揺れを計測する加速度センサーと自動計算するパソコンで構成されている。システム活用することで、建物の継続使用可否を即時に建物管理者が判断できる。

○水天宮新社殿における境内全体免震化
/(株)竹中工務店/田中荘太郎・友井 篤・横田隆志・飯田智裕
参拝者待合室の環境改善と社殿全体の震災対策(一時避難者受け入れ)を目的とした取り組みや、戌の日(12日に一度)と平日で大きく異なる参拝者数に対応すべく、デマンドに応じた空調制御方法を紹介する。

○既設の吊り天井の落下防止対策
/日栄インテック(株)/鈴木卓也
新築の特定天井の落下防止対策は、進んでいく中既設の特定天井、また特定天井に当たらない新築、既設の天井の対策が遅れている。今よりも安全な天井をすぐに建物ごとに検討する変化をし続ける天井落下防止システムを紹介する。

■最新技術情報
○半導体式センサーを組み込んだ臭気制御「スメルケア」
/清水建設(株)/山口 一

○加圧排煙用薄型圧力調整ダンパーの開発
/大成建設(株)/中濱慎司

○水を持ち込まないデータセンタ空調システム
/(株)竹中工務店/小林哲雄

○オフィスの省エネ性と快適性を両立する「CEILING FREE」
/ダイダン(株)/北野雅士・山田正也

○局所用ロスナイ
/三菱電機(株)/津田啓志
トイレなどの局所空間を非熱交換形のファンで排気する従来の換気設計では、給排気のバランスが取れず、居室空間に「ロスナイ」を設置できない場合があった。今回開発した「局所用ロスナイ」を使えば局所空間の給排気バランスが改善でき居室にロスナイを設置する換気設計が可能となる。

○超高効率無圧式温水機
/(株)巴商会/丸谷拓也

○汚れがつきにくい水処理膜
/東レ(株)/木村将弘・小川貴史・花川正行・北出 有

■解説
○鋼管技術フォーラム2016in新潟の開催結果について
/鋼管フォーラム実行委員会/井出浩司

○透析医療施設の省エネ手法
/三建設備工業(株)/成松 学
透析医療施設において快適性と省エネ性を両立したスマートクリニックが開院した。本施設ではエネルギー原単位1,229MJ/m2年を達成、一般的病院施設と比べ59%の省エネを実現し、平成27年度省エネ大賞資源エネルギー長官賞を受賞した。

○熱源設備における最適制御システム
/新日本空調(株)/高木大輔
熱源設備において省エネを行う手法として最適制御と呼ばれる制御がある。多様な省エネ手法に統括的な判断を加えることにより、熱源設備が本来有する省エネ面でのポテンシャルを引き出した運転を行う手法である。この最適制御の概要と適用事例について述べる。

■竣工事例
○変なホテル(ウエストアーム)
/鹿島建設(株)/山賀慎也
長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」の一画に建設されたホテルのII期棟。宿泊施設としては国内初のCLT構造を採用しており、省エネルギーに配慮したこれまでにない生産性と快適性を追求したホテルである。

■シリーズ
○外国の環境保全および建築設備事情72
変わりゆくマンハッタンのスカイライン
/元(株)森村設計/前島 健
ニューヨーク市のマンハッタンにおいては、1910年代初めから超高層ビルが建設されているが、本稿においては、再開発によって最近多く建設されているマンハッタンの超高層ビルを紹介する。

○設備工事で出会う建築用語18
/殿垣内建築・設備事務所/殿垣内恭平
/イラスト:(株)シミズ・ビルライフケア/高橋正一

■Le petit pouce ペットと暮らす100
○グランピング
/畑建築デザイン/畑 由起子

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

キーワード検索

カートの中

商品数:0点  合計:0円

カゴの中を見る

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP