日工の技術雑誌

自動認識 2016年9月号 PDF版
商品コード:
Ba1609

自動認識 2016年9月号 PDF版

販売価格/
2,138 円(税込)
通常価格/
2,138 円(税込)
ポイント/ 0 Pt
BA1609
■特集:医療現場での安全・安心
○医療現場における自動認識技術の利用
/奈良県立医科大学附属病院/池田 和之
日本病院薬剤師会では医薬品バーコードの利用状況に関する調査を行っている。この調査は、全国の病院薬剤部門に対し行っており約半数の施設から回答を得ている。平成27年度には、これらバーコードを使用しているとした施設は回答施設の65%に達している。

○医療現場で必要な情報漏えい対策
/ヘルスケアクラウド研究会/笹原 英司
海外では、医療機関を標的としたサイバー攻撃による情報漏えい事案が急増する反面、ハードウェアの紛失・盗難、サポート切れOSの利用に起因する事案も続発している。今後は、自動認識技術が医療システムとつながることによるリスクも認識する必要がある。

○内用薬PTPシート包装等のバーコード表示率およびその読み取りに関する現況
/帯広厚生病院/佐藤 弘康
現在、多くの医療用医薬品の調剤包装単位に新バーコードが表示されるようになった。調剤包装単位バーコードの中でも、内用薬PTPシートは対象品目数が多くアルミ面に表示されることから、バーコードが十分に読み取れない可能性も考えられた。本稿では、帯広厚生病院で実施したPTPシート包装等の新バーコードの表示率および読み取りに関する実態調査について紹介する。

○機器管理業務からの解放を目指して
/帝人/阿磨 由美子/聖路加国際病院
現在日本医療は転換期を迎えており、変化する環境を的確に捉えて適切に順応・変化する「工夫と努力」が求められていると言える。本稿では現状における病院での物流課題に焦点を当て、その課題を当社の持つ最新且つ、ユニークな自動認識技術による変革の取り組みを始めた聖路加国際病院の事例について紹介する。

○医療現場で考えるRFIDの可能性
/日本インフォメーションシステム/外門 功
医療事故に関しては厚生労働省による原因究明と再発防止策を強化するため、医療法の関係省令を改正し、院内調査等を全医療機関に義務付けした事はそれなりに大きな前進であるが、医療現場で安全・安心を確保するための根本的な医療事故を防ぐための対応策についてRFID技術を提案したい。

○医療器具の使用履歴管理が必要な理由
/三井情報/宇田川 克浩
昨今、医療機関に置いて関心の高まっている医療器具の使用履歴管理について、その必要性及び履歴管理を行う為に活用するクラウド型サービスの特徴、導入のメリット等を実際に導入している病院の事例も交えて紹介する。

■特集:画像認識・画像処理を活用する
○OCR印刷品質規格の国際標準化
/流通システム開発センター/高井 弘光
JTC1 SC31(自動認識技術の国際標準化を担当)で標準化を行った、“ISO/IEC 30116 OCR(光学的文字認識)の品質評価”について、標準化の背景、規格の概要、活用が期待される分野等について解説する。

○用途に合わせた最適なARを実現するソリューション
/エム・ソフト/代永 英明
「ポケモンGO」の世界的ブームもあり、ARが改めて注目されている。当社では、これまで開発してきたARのソフトウェア資産を「Biz-AR」ソリューションとして提供している。ARの基本的な仕組みと「Biz-AR」の特長や事例などを紹介する。

○「ウォークスルー顔認証システム」の大規模実証実験
/NEC
2020年とその先の安全・安心な社会づくりのため、NECでは、カメラの前で立ち止まることなく歩いたままで顔認証を可能とする「ウォークスルー顔認証システム」の大規模実証実験を実施している。本稿ではシステム構成と評価ポイント、今後の活用シーンについて紹介する。

○柔軟性を実現した画像認識システム
/ジック/Andreas Esslinger
現代の物流プロセスでは極めて要求も厳しく、仕分けの安全性の向上、識別の安全性の向上、製品の分類の安全性の向上が必要とされる。対象の識別、体積の測定、アイテム重量の測定のためのセンサが、物流業界における柔軟性に関する新基準となる。

■連載
○“マイナンバー時代”のIT/ICT利活用社会 第4回
2種類の電子証明書を活用したオンライン個人認証
/コミュニティアドバイザー/波形 昭彦

○製造現場:情報の利活用 第4回
ビッグデータ化する現場情報
/日立パワーソリューションズ/吉澤 隆司

○安心と効率化を実現する医療用バーコード 第6回
医療品表示バーコードのグローバル動向
/日本自動認識システム協会/白石 裕雄

○バーコードのふしぎ 第19回
バーコードのからくり・疑問をひも解く19
/日本自動認識システム協会/佐藤 光昭

○NFCで始める実践RFID 第47回
UHF帯ICタグとNFC 2
/ハヤト・インフォメーション/大坂 泰弘

■製品ガイド
○有線インターフェース付きRFIDタグと活用提案

※ご注意
・CD-Rでの販売となります。
・紙媒体からスキャンした画像データをpdf化しております、元の誌面に起因する汚れ、歪み、またスキャナの不調によるかたむき等はご容赦ください。

商品のご購入はこちらから

個数:

日本工業出版は技術誌・技術セミナーで日本のものづくりを応援しています

〒113-8610 東京都文京区本駒込6丁目3番26号 日本工業出版ビル TEL03-3944-1181(代) FAX03-3944-6826

PAGE TOP